ママ、パパ先ずは落ち着いて!熱性けいれん対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

nesseikeirenn-taisyohou

突然、元気だった子供が急に意識が無くなってけいれんになったらだれでも慌ててしまいます。

小さい子供のけいれんで、熱を伴う、「熱性けいれん」というものがあります。

それでは、熱性けいれんについて、症状や 対処法 についてご説明しましょう。


まずは焦らず、症状を良く見て!横向きで寝かして対応

急に意識が無くなって、けいれんが出て、場合によっては嘔吐まであると、本当に焦ると思います。

まず、意識がなくなって、けいれんを起こした子供については、余り大声を出して起こさず、また揺さぶりなどはせずに、ゆっくりと、横向きの姿勢で少し、頭の位置が体より高くして安静にします。

そして、嘔吐している場合は拭きとって、呼吸がしやすいように首周りがくるしくないように服を緩めます。熱がこもらないように涼しくします。

 ポイントとしては、

  1. けいれんがいつからなったか時間の経過をみます。(何分位で意識が戻っているか)

  2. 熱が出ているか調べます。

  3. けいれんの状態を見ます。(熱性けいれんの場合は左右対称です。)

熱性けいれんの場合は熱が出た時に1度のけいれんの回数です。

次の症状の場合は心配なけいれんの症状ですので早めの対応が大切です。

  • 10分以上続く

  • 何回もけいれんが起きる

  • 高熱がない

  • けいれんが治まった後も意識がぼんやりしている、頭が痛い

  • 子供の年齢が6カ月未満※5歳以上で初めてけいれんになった時も症状が治まってから早めに医療機関に受診をします。

  • けいれんになってから5分以上たっても強いけいれんの状態が続く

  • けいれんが片方だけ

  • 顔色が悪い(青い、紫色)状態が続く

などといった場合は救急車などの緊急対応で早く医療機関で対応します。


もう熱性けいれんで慌てない・基本対応の全て!

救急車の要請は落ち着いて、しっかりと

子供の様子を見て、改善されない、良くないと判断できたら、救急車などで対応することになると思います。

119番に電話をする時は落ち着いて、救急で伝え、名前、住所、連絡先、子供の症状を簡単に伝えるようにします。

救急車を待つ時も落ちついて子供の表情を見て痙攣の時間や間隔を記録しておきましょう救急隊や医師の対応を迅速に行い早めの治療の助けになります。

意識が回復した場合などにについてゆっくりと無理せず、横向きの楽な姿勢で待ちます。

何もない時にこそ緊急対応のことを考えてみる

実際に事が起きた時は気持があせり、本などがあったとしても焦っているので頭に入らないものですし、親自身が少しパニックになってしまうかもしれません。

ポイントとしては、緊急の対応などのケースや子供の多い病気などについては余裕がある時にさっと目を通すだけでも違ってくると思います。

個人的にお勧めとしては、育児書などやネットなどで、子供に多い症状などは事前に知っておくと実際に病気になった時や、熱や嘔吐などの対処方法など、具体的に落ち着いて対応できるでしょう。

また、落ち着いてかかり付け医の受診へとつながります。

日頃から子供の様子をよく見てみる

持病がある子供や、風邪をひきやすい、咳が出やすいなど普段の子供の様子を見ておくことで、急な変化があるものか、普段の持病などが関係しているものかを医師に伝えることによって、病気の原因の判断などにもつながるかもしれません。

特に急な変化の時は、どんな経緯でどんな状態になったのかといったことを医師に正確に伝えることで対処が早くできることによって早期治療、回復に繋がるからです。


☆熱性けいれん経験者より☆

同じ保育所に通う子供さんが熱性けいれんで一時入院したという話を聞いたことがあります。意識がしばらくもどらなかった為、救急で対応されたようです。

一気に症状が悪くなり、凄く心配になって、将来のことなど、その時は本当にいろいろ考えたとのことです。

でも入院後の経過は良好で後遺症などまったくなく、現在は元気に暮らしています。

熱性けいれんのことは知っていた人でしたが、状況が悪いと本当に心配だったようです。


おわりに

急な子供の変化の「けいれん」ですが、こういった症状が小さい子供ではあるもので、事前にしっておくことで少しは落ち着いて対応ができるかもしれません。

また、赤ちゃんの時期や乳児の泣き始めで興奮した時のけいれんなども心配のないけいれんとされています。

今回、子供の出産の前にかかり付けの医師のお勧めの本を改めて見て、小さい子供の病気は本当に色々あり、言葉が言えない時期は子供の様子は親がしっかり見て伝えることが大切だと思いました。


今回のまとめ

ママ、パパ先ずは落ち着いて!熱性けいれん対処方
まずは焦らず、症状を良く見て!横向きで寝かして対応
もう熱性けいれんで慌てない・基本対応の全て!
☆熱性けいれん経験者より☆
おわりに

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存