熱中症が心配! 熱中症対策グッズで夏を乗り切れ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

熱中症が心配! 熱中症対策グッズで夏を乗り切れ!

nettyuusyou

夏に向けて気温がだんだん上がってくると、心配なのは熱中症です。特に子供は大人に比べ、体温の調節機能が未熟で熱中症になりやすいだけでなく、小さいお子さんは自分の意思をうまく伝えられません。

周りの大人が気をつけてあげる必要があります。

熱中症は、ならないように予防することが大事です。

近頃は 熱中症の対策グッズ もたくさんありますので、上手に使って熱中症にならないようにして、暑い夏を乗りきりましょう。


熱中症の症状

熱中症は高い温度や湿度の下で起こりやすい、体に起こる様々な障害の総称です。

高温の状況の下に長くいると体温調節の機能が乱れ、体内に熱がこもってしまいます。

さらに大量の汗をかくことで体内の水分や塩分が奪われ、そのことが体のあちらこちらに影響を及ぼし、いろいろな障害があらわれるのです。

気分が悪くなる程度の軽いものから、命の危険に及ぶものまで含まれます。症状としては熱失神(血管が広がって血圧が下がり、めまいや立ちくらみ、失神などをおこす)、熱けいれん(血液中の塩分が低下し、痛みを伴ったけいれんを発症)、熱疲労(脱水症状を起こし、頭痛や吐き気を伴う)、熱射病(脳の機能に異常をきたし、頭痛、意識障害を起こし、極めて重篤で死にいたることも)などがあります。


熱中症の原因

熱中症は環境と体の状態が原因となっておこります。

環境による要因は、気温や湿度が高いだけでなく、通気性が良くない、風があまり吹いていない、日差しが強いなどがあります。

体の状態が要因となる点は、寝不足や疲れ、病気などで体調が悪い、暑さになれていない、炎天下でのスポーツや作業などで大量に汗をかくなどがあげられます。


子供の熱中症対策

熱中症は予防が大切です。

ちょっとしたことで熱中症の原因となるものを取り除くことができます。

ポイントは、適度な休憩と水分補給、熱を逃がすということです。

予防対策のためのグッズも多数出ていますので、そういったものも利用しながら熱中症予防をしていくとよいでしょう。

また、子供は大人に比べ、体温の調節機能が未熟です。

遊びに夢中になって、喉が渇いても水分を補給しないままで遊び続けることもありますし、自分の状態を上手に伝えられません。

小さい子供については周りの大人が注意してあげる必要があります。

熱中症対策グッズを上手に利用して、子供を熱中症から守りましょう。

<冷却タオル>

体から熱を逃がすのに便利なものが冷却タオルです。

首の周りには太い動脈が通っていますから、首周りを冷やすことで、体全体を効率良く冷やすことができ、熱中症予防に効果的です。

わきの下や足の付け根も同様に冷やすとよいのですが、動きながらでも冷やすことができる冷却タオルは便利です。

水でぬらすタイプや保冷剤を入れるタイプなどがあります。

<ベビーカー用熱中症対策グッズ>

ベビーカーは地面からの高さがあまりないため、照り返しの影響を強く受けます。大人が感じる以上に暑い場所にいるため、注意が必要です。

ベビーカーやだっこ紐に使える保冷シートやベビーカー用の熱中症対策グッズもあるので、活用してみては?

対策グッズを利用するだけでなく、お子さん連れのお出かけには、時刻にも注意し、暑さの厳しい時間帯に、ベビーカーに乗せて外に長時間いるようなことは避けるようにしましょう。

<帽子>

熱中症対策の定番です。日差しを避けることが出来るという点ではよいのですが、かぶったままだと熱がこもるので、時々脱いで通気を良くしたり、熱がこもりにくい生地の帽子を選んだりしましょう。

<経口保水液>

大量に汗をかくと体から水分とともに塩分も奪われます。

水だけではなく塩分補給も必要になりますので、経口保水液は水分、塩分ともに効果的にとることができます。


車内に放置はしないで!

毎年夏に痛ましいニュースを耳にします。

車に放置した子供が熱中症で亡くなるというニュースは後を絶ちません。

車の中の温度はあっという間に50℃以上になることもありますし、エアコンが何かの拍子で切れてしまうかもしれません。

少しだけだから、眠っているからと言って、子供を車に放置するようことはしないでください。


まとめ

熱中症が心配! 熱中症対策グッズで夏を乗り切れ!
熱中症の症状
熱中症の原因
子供の熱中症対策
車内に放置はしないで!

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存