最も怖い熱射病!暑い時期の気をつけかた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

最も怖い熱射病!暑い時期の気をつけかた!

nessyabyou

暑い時期になると発生する 熱射病

例年、熱射病で命を失う人は後を絶ちません。

暑い中、元気に遊びまわる子供たちも、スポーツに励んでいる子供たちも、危険は変わりません。車に置き去りにされて、命を落とす小さなお子さんのニュースも、例年、耳にします。

真夏の暑さの中、どんなことに気をつければ熱射病にならないのか、熱射病の疑いがある時に、どう対処したら良いのでしょうか。

そもそも熱射病、日射病って言っていたけれど、熱中症と同じもの?


熱中症と、熱射病と日射病

暑い時期のトラブル、かつては、熱射病、日射病と言われていましたが、最近は熱中症という言葉で表現されています。

いずれも暑い時期に、屋内、屋外問わず、遊んでいたり運動をしているときに起る体の障害と考えられがちですが、医療の立場ではそれぞれ意味が異なります。

<熱中症とは>

暑さによって、体にさまざまな障害がおこります。

それらの障害が起きた状態を熱中症と呼びます。

熱中症と言われるものには

  • 熱失神(血管が広がり
  • 血圧が下がる。
  • めまい(立ちくらみや失神などをおこす)
  • 熱けいれん(血液中の塩分が低下。痛みを伴ったけいれんを発症)
  • 熱疲労(脱水により頭痛、吐き気などを伴う)
  • 熱射病(脳の機能に異常、頭痛、意識障害など)

の症状があります。

<熱射病とは>

熱中症の中で最も重症なのが熱射病です。

体温調節機能が失われ、体温が異常に上昇することにより、意識が薄れる、意識がなくなるなどの意識障害を起こすこともあり、極めて重篤、死に至ることもあります。

<日射病とは>

お日さまの下で活動中に発生したものをさします。

屋内にいても熱中症にはかかります。熱射病の内、屋外、直射日光の下で起こるものが日射病というわけです。


熱中症、深刻な事態・熱射病を避けるために

暑い時期に屋内外を問わず、運動や作業をしているとき、どんな症状があらわれたら、熱中症を疑えば良いのでしょうか。

<乳幼児の場合>

乳幼児は大人と違って、体温の調節がうまくできません。

大人以上に熱中症にかかりやすいと言われています。

また、自分の症状をうまく訴えることも難しいので、周りの大人が十分気をつけてあげる必要があります。

顔がほてっていたり、何となくぐったりしている、抱くと体が熱い、おしっこの量が少ないなどの症状がある場合は、熱中症の初期症状かもしれません。

症状が進み、熱射病を起こさないよう、涼しい所へ移動する、水分をとるなど、対策を立てて下さい。

<児童・中高生の場合>

体育の授業、部活動、その他遠足などの野外活動でも熱中症にかかる場合があります。

特にスポーツ少年団や部活動の場合、根性論でトレーニングを続けるのではなく、水分をとる、休憩をとるなどが必要です。

高温多湿の室内での練習や作業でも熱中症にかかる危険はあります。

休憩、水分補給をこまめに行うようにします。

はっきりした自覚症状を感じることは少なく、放置しているうちに深刻な事態になることも少なくありません。

発熱、頭痛やめまい、けいれんなどの異変がある場合は、熱中症を疑ってみてください。

<熱射病対策>

熱中症の中でも最も重症な状態である熱射病。

熱中症の初期症状の段階で適切に対応できれば、熱射病に至ることはありませんが、熱中症ははっきりとした自覚症状が必ずしもあるわけではありません。

熱射病の状態になった場合には迷わず救急車を呼ぶなど、迅速な対応が必要です。

汗が出ない、めまい、吐き気、頭痛、意識障害や昏睡状態に陥ったり、全身けいれんが起きたりしたら、非常に危険な状態と考えて、緊急に対処してください。


熱中症を予防しよう

暑い時期でも子供は外で遊んだりと活動的です。熱中症にならないよう、予防のポイントは?

<水分・塩分をとる>

水分だけでなく、塩分もとりましょう。

喉の渇きを感じる時には既に水分不足。

喉の渇きを感じていなくても、こまめに水分をとることが必要です。

大量の汗をかく時は塩分補給も忘れずに。

スポーツドリンクは塩分・糖分も含まれていますので、有効です。

<エアコン、扇風機などを使う>

あまり我慢せずにエアコン、扇風機などを使い、快適な睡眠環境を作り、よく眠ることもも予防につながります。

<帽子やタオルで日差しをよける>

帽子をかぶったり、首にタオルを巻くなどして強い日差しをよけるようにします。


小さいお子さんの場合、こんなことにも気をつけて

ほんの少しだけだから、眠っているからといって、小さいお子さんを車中に残していくことは危険です。

狭く、閉めきられた車中は、あっという間に気温が上昇します。

小さいお子さんは体温の調節機能が未熟なため、大人以上に熱中症になりやすいことを忘れてはいけません。

車中に残された乳幼児が命を落としたという痛ましい事故が、あなたの周りで起こらないよう、十分気をつけてほしいと思います。


まとめ

最も怖い熱射病!暑い時期の気をつけかた!
熱中症と、熱射病と日射病
熱中症、深刻な事態・熱射病を避けるために
熱中症を予防しよう
小さいお子さんの場合、こんなことにも気をつけて

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存