子供が突然の熱性痙攣!正しい対処法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

高い熱にともなって、突然子供が手足を震わせ硬直、意識がなくなり白目をむいてしまったら、どうしたら良いのかわからず、あわててしまいます。

熱にともなう痙攣は、熱性痙攣 と呼ばれ、落ち着いて正しく対処すれば、何ら怖い病気ではありません。

しかし、突然の急変で、親がおろおろしてしまうのも無理はありません。

熱性痙攣の原因や症状に対する知識を得ておくことで、突然の発症時に少しでも落ち着いて対応できるようにしておきたいものです。


子供が突然の熱性痙攣!正しい対処法は?

熱性痙攣はどんな病気?

熱性痙攣は、38度以上の発熱にともなっておこる痙攣や一時的な意識障害のことを言います。

脳に出血があったり、脳炎や髄膜炎など、他に原因となる異常が起きている場合は熱性痙攣とは呼びません。

生後6か月から5歳ぐらいまでにおこるもので、日本では7~10%の子供が経験するという報告もあります。

特に3歳以下の乳幼児に起こることが多いようです。

また、繰り返す子供もいますが、1度だけの痙攣でおさまってしまう子供も多くいます。

熱性痙攣の原因ははっきりとはわかっていませんが、子供の脳の発達が未熟なため、急な発熱によって脳から正しく指令が出せないためとか、遺伝的な要因が推察されています。


熱性痙攣の症状は

熱性痙攣は、熱が出始めてから24時間以内に起こる場合がほとんどで、症状は数分間で治まることが多いです。

突然手足を硬直させ、がたがたと震えます。

目は白目をむき、呼びかけに反応しないなどの意識障害をおこしたりします。

これらの症状は、通常、2~3分ほどで止まり、後遺症が残ったり、死亡してしまうようなことはほとんどなく、危険な病気ではありません。


熱性痙攣が起こったときの正しい対処法

突然、子供が手足を硬直させ、がたがたと震えだしたりしたら、親はびっくりしてしまい、どうしていいかわからず、おろおろするのは無理からぬことです。

子供が熱性痙攣をおこしたとき、まずは落ち着いて状況をよく見てほしいのです。

熱性痙攣は数分で止まります。

何か働きかけることで、痙攣が早く治まるようなことはありませんので、落ち着いて対処しましょう。

具体的な対処法

熱性痙攣を発症した時は、まずはあわてず、以下の応急処置を取って、痙攣の様子を見て下さい。

1.衣服を緩めるなど、首の回りを締め付けないようにする

2.呼吸が楽になるように頭を少し反り気味にし、気道を確保

3.吐いたりすることもあるので、吐いた物が気道に入らないように顔を横に向ける

4.吐いた場合は、口や鼻の周りを拭く

5.診察にそなえ、痙攣の持続時間、痙攣の様子、体温などを確認

6.痙攣がおさるまでそばを離れない

してはいけないこと

痙攣をおこしたとき、口に割りばしなどの物を入れて舌をかまないようにするといったことを耳にしたことがあるかと思いますが、それは絶対にしてはいけません。

かえって口の中を傷つけたり、嘔吐を引き起こしたりすることがありますので、しないでください。

また、意識がないと大声で名前を呼んだり、からだをゆすったりしてしまいがちですが、外からの刺激で痙攣が早く治まることはありません。

むしろ刺激となり、痙攣が長引くこともあるので、しないようにしましょう。


熱性痙攣で注意すること

熱性痙攣の多くは数分で治まります。

急に起きる症状に救急車を呼んでしまうこともあるでしょう。

しかし、救急車が到着するころには痙攣が治まってケロっとしているということもありますので、しばらく様子を見ましょう。

しかし、救急車を呼んだり、すぐに病院で受診する必要がある場合もあります。

痙攣が10分以上続いたり、繰り返し何回も起きる、体の一部だけに痙攣をおこしたり、左右差があるような時、痙攣が治まっても意識が回復しないような時はすぐに受診するようにしましょう。

1歳前で、初めて熱性痙攣をおこしたときも病院を受診するようにします。

また、熱性痙攣は遺伝的な要因も推測されています。

親や兄弟など身近な人が熱性痙攣をおこしたことがある場合は、発症することが多いようですので、高い熱が出た時には心がけておくとよいと思います。

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存