風邪は冬だけではない!子どもの夏風邪の症状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

昼間までは元気だった子どもが夜に急に熱が出てきた。といったことが良くあります。風邪と言えば冬場のもと思っていまいますが、意外と夏場でも多くあります。

それでは 夏風邪 の 症状 と対処法、夏風邪の代表とされる病気などをご紹介していきましょう。


風邪は冬だけではない!子どもの夏風邪の症状

急な高熱に注意!夏風邪の可能性が!

昼間は元気に遊んでいたのに、夜になって急に熱が出て上がってきた、ということがあります。こういった場合、夏風邪の可能性が高く考えられます。

夏風邪と言えば、病気の名前ではなく、あくまでも夏場によくあるウイルス性の病気の総称と考えてもらえれば良いと思います。

夏場で流行りやすい夏風邪の種類としては

  • 咽頭結膜熱(プール熱)
  • ヘルパンギーナ
  • 手足口病

などがあるでしょう。

ウイルス性の感染病の場合、特に薬によって治すものではなく、対処療法といったものになります。

‘一般的に夏風邪の症状としては、高熱が出る、喉の痛み、お腹の痛みや下痢、発疹や水疱が出るといったものになるでしょう。’

予防接種といったものが基本的にはないのです


夏風邪の種類と症状と特徴について

夏風邪として子どもの間で流行りやすい病気についていくつかご紹介していきましょう。

咽頭結膜炎(プール熱)

夏場のプールの時期に流行りやすい夏風邪の代表的な病気です。

アデノウイルスによる感染症です。飛沫感染によってかかり、特に夏場のプールの時期に汚染された水によってタオルなどによって目の結膜から移っていくことが多いものです。

‘症状としては目の結膜の充血、めやに、発熱、喉の痛みがあります。治療については、一般的に対処療法によるもので、目の症状が強い場合は眼科にて治療を行います。幼稚園や小学校などは症状が出て症状が消えて2日経過するまでは出席停止の扱いになっています。’

ヘルパンギーナ

‘エンテロウイルスに属するコクサッキーウイルスによって発症する感染症です。

症状としては、突然の高熱、喉(咽頭)の腫れと痛み、食欲不振、嘔吐などがあります。治療については対処法となります。喉の腫れと口の中の皮膚が赤くなり水疱状にできることがある為、食べ物や飲み物などが摂り難くなることがあります。‘

幼稚園や小学校での出席の対応については学校ごとによる対応となっています。

手足口病

夏によく発生する感染症で、コクサッキーウイルスなどによって発症します。

症状としては、‘手の平や足、口の中に小さな2、3㎜の水疱性の発疹ができます。熱については出ない時もあり、症状的には比較的軽いものが多いのが特徴です。’特に保育所や幼稚園などの集団生活をしている時期の乳児や幼児に多く、飛沫、接触感染などからなるケースが多くなります。時には、かかっても発病しないといった事もあります。

治療については対処療法となります。出席の対応は保育所や幼稚園ごとでの対応となってきます。

https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/323-pcf-intro.html

国立感染症研究所

※咽頭結膜熱

https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/515-herpangina.html

国立感染症研究所

※ヘルパンギーナ

http://www.med.or.jp/kansen/teashi_qa.html

日本医師会

※手足口病


夏風邪の症状と対処法の共通点とは?

夏風邪と言われる、咽頭結膜熱(プール熱)、ヘルパンギーナ、手足口病について夏場によく流行る感染症については、集団生活を送っているとうつりやすく、飛沫感染、接触感染、汚物などの処理などもからの感染といったものになります。

基本的にウイルスによるものですので、薬によっての治療と言ったものはなく、対処療法が基本となります。2次感染予防の為や症状によって服薬がある場合などがあります。

症状的には高熱、倦怠感、下痢、腹痛、喉の痛み、食欲不振といったものです。(手足口病は熱が出ないことも多いです)

予防方法としては、手洗いうがいを行うことでウイルス感染を防ぐことが基本となります。(予防接種といったものはありません)また、タオルなどの共有なども避けるといた事の大切です。

自然に経過を見ながら治っていくものがほとんどですが、重症化するケースもありますので、症状などについては、2、3日経過して落ち着かない(良い方向に向かわない)時や意識障害や呼吸困難など様子がおかしいと感じた時は早急に医師に再受診することをお勧めします。

一度病気にかかっても、またかかることはあります。ウイルスに抵抗がすくない乳児や小さい子どもがかかりやすく、特に集団生活を送っている場合は感染しやすいとされています。

我が家の夏風邪について

保育所の時1歳過ぎの時、保育所の先生が手の発疹をみつけられて病院に行くと

手足口病でした。あまり発疹もでず、熱はなく軽症でした。

子ども、特に乳児の病気については小さい発疹などは区別がつきにくく、また分かりにくい為、保育所などの先生がほんのわずかな発疹でしたが、お知らせしてもらえた事はよかったです。発疹でいえば、はしかや風疹といったものもあります。

夏場の時期には少ないと言われている溶連菌感染症に2歳ごろにかかり、この時は私もかかってしまい、高熱で親の私の方がしんどい思いをしました。

子どもの病気で看病をしている大人が感染してしまうこともありますので、注意して対応が必要だとこの時に強く思い、その後病気については、感染しないように注意をする事ができたと思います。(手洗いうがい、状況によってはマスク、食べ物を与える時など)


おわりに

風邪については冬だけではなく、夏場に流行する感染症の夏風邪もあるので充分に注意が必要となります。ウイルス性のものですので特効薬はありませんので、高熱などの場合は充分に水分をとって、体力を消耗しないように心がけて下さい。

食べ物についても喉の痛みが強い場合摂れないことも多く、飲み物も飲みにくい時がありますが、お茶などや飲みやすい飲み物をとってまず、夜などを寝やすい状態にしてあげて下さいね。冷房なども冷えすぎずに適温でお部屋の中も過ごしやすい気温で布団もあまり暑くならないようにしてあげて下さい。

熱を下げる時は首の後ろや脇の下を冷やすと下がりやすいです。また、小さい乳児の場合背中などを全体に濡れたタオルで拭くことでも良いと思います。看病の時はママの体調も崩れやすくなるのでママやパパの体調管理も大切にして下さいね。

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存