これって夏風邪?長引く咳の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

natukaze-seki

夏風邪 は長引くといいますが、高熱や湿疹や 咳 などの症状が出た子供を見るのは、親として辛いですよね。どうしたら早めに治してあげられるでしょうか?また、咳が長引く場合は風邪ではないこともあるので注意が必要です。


夏風邪の原因を知って、早めに治すコツをつかもう

まず、冬に流行する風邪と、夏に流行する風邪の違いは何でしょうか。

風邪のほとんどはウィルスの感染によって起こりますが、冬に流行する風邪の原因となるウィルスは寒くて乾燥した空気を好むので、湿度の高い夏には流行できません。なので冬の風邪の予防には室内の加湿が有効と言えます。

一方、夏に流行する風邪の原因となるウィルスは暑く湿度が高い環境を好み、腸内で増殖してしまうという特徴があります。そのため夏の風邪は、発熱やのどの痛みのほかに、急な下痢や腹痛などのおなかの不調が起こることが多くみられます。

また、冬の風邪と違い特効薬やワクチンがない場合が多く、対症療法により症状を緩和しウィルスが外へ出ることを待つことになります。

夏は暑さにより体力の低下や食欲が落ちやすく、免疫力が下がってしまうとウィルスが排出されにくくなるため、夏風邪は長引いてしまうことが多いようです。

夏の風邪を予防するには、うがい手洗いをしっかり行うことと、日ごろから免疫をあげることが大切です。

そしてかかってしまった場合には、十分な睡眠をとって必要な栄養をとること、発熱や下痢などで脱水症状が起こることもあるので、水分補給をこまめにすることなどが、夏風邪を長引かせないコツと言えるでしょう。

高熱や腹痛、下痢などの症状が続く場合には、早めに医師の診察を受けましょう。


子どもに流行しやすい夏風邪

では、子どもがかかりやすい三大夏風邪と呼ばれるヘルパンギーナ、手足口病、プール熱について、それぞれの症状や違いを解説します。

ヘルパンギーナ

原因となるウィルス:コクサッキーウィルス、エコーウィルスなど

感染経路:咳やくしゃみの他、便に触った手を介して感染する。

主な症状:40℃近い高熱、のどに水泡ができる。

治療と経過:熱は4日程度で下がるが、潰瘍が治るのに1週間程度かかる。

手足口病

原因となるウィルス:コクサッキーウィルス、エンテロウィルスなど

感染経路:咳やくしゃみの他、便に触った手を介して感染する。

主な症状:手のひらや足の裏、口の中に水泡ができる。37℃から38℃の発熱がある場合がある。

治療と経過:一週間程度で自然に発疹が消えることが多い。

プール熱(咽頭結膜熱)

原因となるウィルス:アデノウィルス

感染経路:名前の通り、プールの水を介して感染することがあるが、咳やくしゃみ、目やにからも感染することがある。

主な症状:38℃から40℃近い高熱、のどの腫れ、下痢、白目やまぶたの裏が赤くなったり、目やにが出る。

治療と経過:熱が7日前後出ることもある。症状が長引きがち。感染力が強い。


咳が長引く場合は

咳というのはウィルスなどから体を守るための防御反応ですが、風邪の症状がおさまっても咳が長引く場合は、他の病気に感染している場合もあります。

家に帰ってくると咳こむなどの症状の方は、かびが原因である夏型過敏性肺炎である可能性があり、放置しているとどんどん症状が進行してしまうこともあります。

早朝や夜間に咳が強くなるという症状の方は、マイコプラズマ肺炎の可能性があり、他の肺炎などを合併すると入院の可能性もあるので、咳が長引いている場合には早めの受診をおすすめします。

また、咳が出るときはその原因である病気にあった薬を処方してもらうことも大切ですが、おうちでできるケアとして蜂蜜を使った飲み物や(1才以下の子供には与えないでください)、生のたまねぎ、新鮮なパイナップルなども咳止めの効果があるとされています。

咳が長引いて辛い時には、一度お試しください。


今回のまとめ

これって夏風邪?長引く咳の対処法
夏風邪の原因を知って、早めに治すコツをつかもう
子どもに流行しやすい夏風邪
咳が長引く場合は

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存