つらい夏バテ!元気に夏を過ごすための夏バテ対策は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

夏が近づいてくると気温の高さも気になるところですが、対策 をとらないと心配なのは 夏バテ

例年、夏は食欲が落ちて、だるくてつらく、夏は苦手とおっしゃる方も多いのではないでしょうか。

ご自身の夏バテも心配ですが、お子さんの夏バテはさらに気になるところです。

食欲がない日が続いたら、なんとか食べれる物はないかと頭を悩ませてしまいます。

子供は暑くても元気に遊ぶもの、夏バテなんて大人にみられるものと思いがちですが、子供の夏バテは増加傾向とか。

夏バテの原因は暑さだけ?

それとも他に原因はあるのでしょうか。

子供も大人も、夏バテせずに元気に夏を乗り切れる 対策 は?


つらい夏バテ!元気に夏を過ごすための夏バテ対策は?

夏バテ、原因と症状は

暑い日が続くと食欲がなくなったり、体がだるい、眠れない、疲れが取れない、胃腸の消化機能が低下し便秘や下痢をおこすなど、体調を崩しがちになります。

これらの夏に見られる体の不調、精神面の不調をまとめて夏バテと呼んでいます。

夏バテに見られる体や精神面の不調は、汗をたくさんかくことでおきる体の水分やミネラルの不足、食欲のなさからくる栄養不足、室内の温度と外の温度の差が激しいことでおきる自律神経の乱れなどが原因と考えられています。


夏バテ、元気に夏を乗り切る対策―食事編

暑く、湿度の高い日本の夏。

近年は最高気温が39度を超えたり、真夏日や熱帯夜の連続記録が更新されたりと、ますます暑さの厳しさが増す感があります。

連日の暑さに食欲もなくなり気味。

ついつい冷たいものに手が出てしまうことも胃腸の調子を崩すことの原因の一つになります。

大人ならば栄養の事を考えて、食べるものを選び、考えて食事をすることもできますが、子供の場合はそうはいきませんので、大人が手をかけてあげる必要があると言えるでしょう。

夏バテ対策におすすめの栄養素はタンパク質、ビタミン類、そしてミネラルです。

さらにたんぱく質やビタミン類の吸収を良くするものとして、香味野菜、オクラやモロヘイヤのようなネバネバ系の食材などもお勧めです。

他に食欲増進や疲労回復につながる酸味の食材を取り入れることも良いでしょう。

夏バテ対策に有効な食材を使うことはもちろんですが、一日3回、規則正しい食生活を心がけることも大切です。

また、夏は冷たいものをとる機会が多いので、胃腸の消化機能が低下しがちです。

消化の良いもの、そしてバランスの良い食事をとることが何よりです。


夏バテ、元気に夏を乗り切る対策―環境編

現代の室内環境は昔に比べ快適です。家庭でのエアコンの普及率は高く、多くの公共の施設では外の暑さとは別世界のように涼しい環境が提供されています。

室内と外との大きな温度差は、自律神経を乱しがちです。

自律神経が乱れて正しく機能しないと、体温の調節がうまくいかず、汗をかきにくくなります。

汗をかくことは体の熱を外に出し、クールダウンさせる働きがあります。

小さいころからの快適な室内環境によって、汗を出す汗腺の発達が悪く、近頃の子供は発汗作用が不十分です。

すると、体に溜まった熱をうまく放出できず、夏バテしやすいからだになってしまうのです。

暑いからと言ってエアコンの効いている部屋にずっといるのでは、かえって夏バテになりかねません。

軽い運動をしたり、少しぬるめのお風呂にゆっくりと入ると汗をかくので、夏バテ対策には効果的です。

エアコンをかけっぱなしの部屋にずっといることは、夏バテを引き起こす一つの要因にはなりますが、寝るときには上手にエアコンや扇風機を使って、質の良い睡眠をとるようにし、疲れがたまらないようにしましょう。

直接体に冷気がかかると、冷房病や夏風邪をひいたり、逆に夏バテになってしまうので、風の向きの調整やタイマーを利用するなど、うまく使って、夏バテ知らずの夏を過ごせるようにしたいものです。

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存