子どもも夏バテ!その原因と対策は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

日本の夏は高温多湿。

最高気温が40度を超えたり、真夏日の連続記録や猛暑日の回数が、過去最多を打ち出したりと、日本の夏は厳しさを増しているような感があります。

そんな暑さの中、食欲がなくなってしまったり、体がだるくてつらい、夜眠れない、ついつい冷たいものを飲んだり食べたりが 原因 でお腹を壊したりと、夏バテ 状態になるのは大人だけではありません。

子供にも夏バテが増えているとか。

暑くても元気に遊びまわるのが子供というイメージがありますが、近年はそうでもないようです。暑くて食欲がなく、下痢をしていたり、元気のない子供を見ていると、心配になってしまいますよね。

夏バテの原因を探りながら、暑さが厳しくなる前に夏バテ対策を考えてみましょう。


子どもも夏バテ!その原因と対策は?

夏バテの症状は

夏の暑い盛りに食欲がなくて体がだるい、というと、夏バテを疑いますが、夏バテは一体どんな症状のものを言うのかご存知ですか?

夏バテには様々な症状がみられます。

代表的な症状は、だるい、疲れが残っている、食欲がない、寝不足などです。

また、暑いからと言って、アイスクリームやジュースばかりをとっていると、食欲が低下するだけでなく、胃腸の調子を崩し、下痢や便秘をおこすなどの症状もあらわれがちです。

その他、微熱がある、いらいらする、無気力になる、吐き気などの症状もみられます。

子供の場合、食べ物に注意するなど、自分で対策をすることはなかなかできないので、周りの大人が気をつけてあげる必要があります。


子供の夏バテ、原因は高い気温と高い湿度?

夏バテというと、仕事が忙しく、疲れがたまっている大人がなりやすいもの、暑くても元気に遊ぶ子供には無縁のものというイメージはありませんか?

ところが、最近は子供にも夏バテ症状が増加しているようです。

それだけ日本は暑さが厳しくなったのかもしれませんが、夏バテになるのは、高温多湿だけが原因ではありません。

汗をかきづらく、体温の調節ができない

人間は、暑くて湿度の高い状態の中にいると、体温の上昇を抑えるために汗をかきます。

汗を蒸発させることで体の熱を放出させ、体温の調節をするのです。

ところが最近の子供たちは、昔に比べて汗腺の発達が不十分です。

というのも、汗腺が発達するのは3、4才の頃と言われていますが、外遊びをする機会が少なく、エアコンの普及で快適な環境での室内遊びが多いなど、あまり汗をかくことがありません。

そのため暑い中、十分に汗をかくことができずに、体にたまった熱をうまく放出できません。

夏バテだけではなく、熱中症にもかかりやすいからだになっているのです。

ジュースやアイスばかりで栄養の偏りが!

暑いからと言ってジュースやアイスを食べることが多くなりがち。

その結果、食欲が低下し、栄養に偏りが出てしまいます。

必要な栄養素が不足して体調不良に、さらに冷たいものばかりを飲んだり食べたりで、胃腸の機能が低下し、下痢や便秘にも。

遊びに夢中で水分補給を忘れがち

子供は遊びに夢中になると喉の渇きも気にならず、水分補給を忘れがちになります。

炎天下で夢中に遊んでいるうちに脱水症状をおこすこともあり、汗も出づらくなり、ますます体の中に熱がこもってしまい、熱中症や夏バテをおこしやすくなります。

自律神経の乱れ

冷房のきいた部屋、蒸し暑い外。その激しい気温差に自律神経も乱れがち。

自律神経が乱れ、うまく機能しないと、体温調節をコントロールすることができなくなります。

汗をかくなどの指令がうまく届かず、体の熱を放出できずにさまざまな症状をおこしてしまうことも。


子供の夏バテ、対策は?

暑いからと言って、冷房のきいた部屋に一日中というのは良くありません。

ですが、より良い睡眠をとるためには、エアコンや扇風機を上手に使いたいものです。

あまり冷えすぎないように、直接風が当たらないように工夫して、快適な睡眠をとるようにしましょう。

寝不足は大敵です。

ぬるめのお風呂にゆっくり入ったり、適度な運動をするなどして自律神経の働きを整えてあげましょう。規則正しい生活も大切です。

冷たいものばかりをとらないように、栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

何かに夢中になっている子供には、水分補給をするように声がけしてあげることも忘れずに。

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存