子どもの夏バテとその対処法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

子どもの夏バテとその対処法について

natubate

真夏に体がバテて疲れが出る。これが「夏バテ」と言われている状態です。

でも近年地球温暖化の影響で4月の中頃から5月にかけての初夏の頃から、急激に暑くなる日が出てきたりします。

以前は真夏しか起こらないと言われてい夏バテが、春から夏に向かう段々暑くなってる時期にも起こっているようです。

また大人だけでなく子どもでも夏バテは起こしやすいと言われています。

夏バテとはどのような症状を言うのでしょうか?またその対処法はどうしたらよいのでしょうか?


なぜ暑いと夏バテになるの?

暑い日が続くと人間の体は自分の体温を一定に保とうとしてかなりのエネルギーを消費します。

これが体に負担をかけることになり、普通ならこの負担に耐えられることが出来ますが、暑い日が続いたり、涼しかったのに急に暑くなったりして気温の差が激しい日が続くと、体にたまった熱を上手うく体外に逃すことが出来なくなります。

すると体の中にある汗をかいたり血管を広げたりする働きを持つ自律神経がバランスを崩し、様々なトラブルを引き起こすのです。


夏バテの症状とは

自律神経の乱れによる夏バテのトラブルとして代表的なものは、全身のだるさと疲労感です。

体がだるく、疲れが取れにくい、元気が出ないなどの日が続きます。

また、暑さによって睡眠不足になることも多いでしょう。

子どもの場合は特に、日中汗を沢山かいているのに、十分な水分補給ができていなくて、熱中症などの脱水症状を起こすことも考えられます。

真夏は特にエアコンの効いた涼しい部屋と、猛暑の外への出入りを繰り返すうち位に自律神経が乱れて疲労感を感じることが多いのです。

また、自律神経が乱れてしまうことで、胃腸の働きが低下し、食欲不振で食べ物が食べられない状態になることもあると言われています。

このため、ますます元気が出ず、夏バテが深刻化することもあります。


夏バテ防止のために出来ること

■水分補給を忘れずに

暑さも気にせず外で夢中になって遊ぶ子供たち。汗をかいて体温は上昇しているのに、それを下げるための水分補給を忘れていると、脱水症状を起こしてしまいます。

熱中症予防のためにも、どんなに夢中になっていたとしても、ある程度の時間を決めて、日陰で水分を補給させることを忘れないようにしましょう。

■室内だけで遊ばず、時には外で汗をかこう

エアコンの効いた快適な部屋で過ごすことが真夏の子どもには多くなりがちです。

でもあまり室内ばかりにいて汗をかかないでいると、子どもの体の汗を出す「汗腺」が発達せず、暑さ寒さに合わせて上手に体温調節が出来ない体になってしまいます。

体内に溜まった熱を放出するためにも、汗は必要です。幼児期に汗腺を発達させるためにも、無理のない程度で外へ出て遊ばせ、汗をかくようにしましょう。

■冷たいものやのど越しのいいものばかりり与えない

水分補給は大事ですが、アイスクリームやジュースなどを夏は大量に摂取してしまいがちです。

甘味でおなかがいっぱいになり、食事が取れなくなります。そうすると体の中でエネルギーになるものが少ないために、体調を崩し、夏バテになってしまいます。

冷たい飲み物や食べ物はほどほどに。またエアコンの効いた部屋では冷えた飲み物よりも、常温の水や麦茶を飲ませるようにしましょう。

夏バテに負けない体を作るためには、出来るだけ汗をかいて体を動かすこと、冷たいものばかり食べず、しっかりと食事をとること、さらに自律神経の働きを整えるためにも暑い時でも温かいお風呂に入り、睡眠を豊富に取って体を休ませることが大切です。

これらを守って初夏から夏の終わりまで、夏バテをしない体つくりを家族みんなで実践しましょう。


子どもの夏バテとその対処法について
なぜ暑いと夏バテになるの?
夏バテの症状とは
夏バテ防止のために出来ること

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存