子どもの夏バテ予防に気をつけたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

子どもの夏バテ予防に気をつけたいこと

natubate-yobou

初夏の日差しが気持ちの良い季節ですが、気温は順調にぐんぐん上がってきています。

この時期寒暖の差が激しいので、朝方の涼しい時間に出かけると、暖かめの服装を選んでしまい、出先で子どもが暑がって大変だったという方もいるのではないでしょうか。

また暑いからと言って口当たりの良いものや冷たいものばかり与えていると、突然体調を崩してあわてることもありますね。

これからじめじめとした梅雨を迎え、そのあとは本格的な夏の到来も控えています。

夏バテ しないような体には、どこに気をつけたら良いのでしょうか。いくつかヒントをまとめてみました。


夏バテの原因

■水分とミネラルの不足によるトラブル

人間の体は暑いときは汗をかいて体温を一定に保とうとします。その時に汗と一緒に体の調子を整えたり、骨などの組織を作る「ミネラル分」も体の外へ出してしまうのです。このため、大量に汗をかいた後に水分補給をしないでいると、体は脱水症状を起こして夏バテになってしまいます。

■暑さのために食欲不足による消化機能のトラブル

暑さが続くと、食欲が無くなり、ついつい冷たくて口当たりの良いものばかり食べてしまいます。そうすると胃腸がうまく働かなくなり、消化機能が低下して栄養不足になってしまうのです。食欲不振のために力も出ず、これが原因で夏バテになってしまいます。

■室内と屋外の気温の変化の激しさによるトラブル

快適な温度に冷やされた室内と、厳しい暑さの屋外、この間を行き来することで体温の調節をする働きを持つ自律神経がうまく働かなくなり、頭痛、めまい、たちくらみ、貧血などを引き起こすこから夏バテを引き起こすことになります。


夏バテの予防のために出来ること

■水分不足対策

外出時には必ず水を持ち歩き、汗をかいたらこまめに水分をとるようにしましょう。たとえ室内で遊んでいる子どもでも、汗を沢山かいていると言うことは、その分ミネラルも出て行っているのだと思ってください。その場合、甘すぎるジュースや炭酸飲料では無く、常温ぐらいになった水や麦茶を飲むのが一番体に優しく吸収もされやすいでしょう。

■食欲不振対策

暑さのために冷たいお菓子や飲み物をとり過ぎると、それだけでお腹がいっぱいになってきちんと食事を取れなくなってしまいます。また、暑いからとついつい口当たりのいいものばかりを食べると、栄養のバランスが崩れてしまいます。暑くてもうどん、そば、味噌汁、スープなど温かい飲み物を出来るだけとるように心がけましょう。どうしても食事前にのどが渇いたときは水やお茶を与えるようにしましょう。

■温度対策

屋外の温度に比べてあまりにも冷やしすぎた室内にいると、血流が悪くなり、そのあと外へ出た時に外の暑さについていけない状態になってしまいます。室内のエアコンの温度は少し高めに設定し、子どもが遊んだり走り回ったりしたときは汗ばむくらいがちょうど良いでしょう。また夜寝るときはエアコンをつけっぱなしにせず、タイマーをかけたり扇風機を併用してエアコンの風を循環させると良いでしょう。

また、暑いからと言ってシャワーだけで済ませがちな夏場ですが、夏バテの原因である自律神経を整えるためも、就寝する少し前にゆっくりぬるめのお湯につかって、睡眠をたっぷりとれるように心がけましょう。

夏バテの原因からわかるように、夏バテは様々な事柄が重なって「体がだるい」「食欲が無い」「元気が出ない」などのトラブルを引き起こします。これらを予防するためにはそれぞれの原因を知ったうえで対策を考えると効果的です。適切に対策をとれば、子どもも夏バテすることなく、暑い夏も元気よく活動できること間違いなしです。


まとめ

子どもの夏バテ予防に気をつけたいこと
夏バテの原因
夏バテの予防のために出来ること

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存