腫れや痛みの症状!虫さされ蜂 ブヨ ブト アブの対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

musisasare-hare-itami

虫刺され は、外で遊ぶのが大好きな子供たちには宿命とも呼べる程身近なもの。そうは言っても、腫れ や 痛み がある虫刺されの場合、やはり心配ですよね。

刺されると、腫れや痛みの症状が出る虫の代表とも言える、『蜂』『ブヨ』『ブト』『アブ』に刺された時の症状の解説や対策をお届けします。


刺されると腫れ・痛みが現れる虫

刺されて腫れや痛みが出る虫の代表的なものと言えば、蜂でしょう。

人が刺されて被害を受ける場合、町中や民家の周辺ではアシナガバチ、山間部で刺される場合はスズメバチの被害にあった事例が多く報告されています。

<蜂に刺された時の症状>

蜂に刺された時の症状は、刺された瞬間に疼くような強い痛みを感じ、赤み・発赤が起こります。蜂毒は、人体に反応が起こるまでの時間が短い事が特徴で、刺されてから15分以内に症状が現れる事がほとんどです。

初めて蜂に刺された場合に起こる症状は、上記のように腫れや発赤と痛みで、1~2時間程すると徐々に治まっていくのが通例です。ですが、体質によっては重篤な症状を引き起こす、『アナフィラキシーショック』に繋がる場合があります。

<蜂さされによるアナフィラキシーショック>

蜂毒への反応が早いほど、アナフィラキシーショックなどの重篤な症状が現れる可能性が高まります。

山間部など、救急車の到着が遅れることが予想される場合には、アナフィラキシーショックにより命が危険にさらされる場合があるので、蜂に刺されないよう細心の注意が必要です。

蜂には濃い色(黒・紺など)を好む習性があるので、山間部に行く時には、狙われやすい頭部に明るい色(白など)の帽子をかぶると良いでしょう。

また、服装も黒や紺色は避け、明るい色を選んで蜂対策をしましょう。絶対の予防法ではありませんが、効果が期待できます。

<蜂に刺されてしまったら>
  1. 蜂に刺された現場から直ちに数十メートル離れましょう・・・蜂の巣から離れることで、更なる被害を回避します。
  2. 刺された場所を洗い流す・・・流水でよく洗いましょう。蜂の針が刺さったままの場合には、つまんで引き抜きましょう。刺さっている針に毒が残っている場合、再度体内に入らないよう、優しく引き抜きましょう。
  3. 毒を絞り出す・・・清潔な指先または爪先で、傷口から毒を絞り出しましょう。口で吸いだすのは衛生的にもオススメできませんし、吸い出す時に蜂毒による二次被害に遭いかねませんので、やめましょう。
  4. 消毒する・・・抗ヒスタミン剤軟膏があれば尚良いです。
  5. 患部を冷やす・・・保冷材や水などで、患部を冷やしましょう。

・ブヨ、ブト、アブ

ブヨは、地域によってブユやブトとも呼ばれています。夏のアウトドアなどで被害に遭うことが多い虫で、見た目はハエに似ています。

成虫は渓流の近くに生息しているため、渓流や山中で見かけることが多い虫です。

水質汚染に敏感な虫の為、住宅地ではほとんど見かけないでしょう。

蚊やハエのように、飛ぶ際にブーンという音がしない為、いつの間にか刺されて腫れているという事が少なくありません。

<ブヨに刺された時の症状>

ブヨのメスは、人間の血を吸う際、皮膚を噛み切って吸血するため、痛みで吸血に気づく場合があります。

吸血された部分の中心部には、赤く出血点ができている場合や、噛まれた傷からの流血が見られます。水ぶくれができる場合もあります。

ブヨは吸血する際、唾液腺から毒素を注入しているので、アレルギー反応が強く出る場合もあります。

蜂の場合とは異なり、当日の夜から翌日以降に患部に強い腫れや激しい痛み・かゆみが繰り返し起こります。

腫れや痛みと共に、発熱や頭痛などの虫刺されとは他の症状も現れます。

発熱は1週間から2週間以上続く場合もあり、この事を『ブユ刺咬症』や『ブユ刺症』と言います。

刺された所は、膿んでしまう事も。皮膚に傷跡が残りやすい事も特徴です。

ブユに対するアレルギー反応が強い体質の場合には、1ヶ月以上腫れたままだったり、痛みやかゆみが強く、歩行さえ困難になる事もあります。

また、重篤な症状として、呼吸困難やリンパ管炎、リンパ節炎になる事もあります。

ブユに刺されたら、患者の呼吸状態に注意を払い、患部以外の症状にも注目しましょう。

<ブヨ、ブト、アブに刺されてしまったら>

ブヨ、ブト、アブに刺されてしまったら、動き回るのはNGです。毒が身体にまわり易くなってしまい、危険です。正しい応急手当方法はこちら。

患部を見つける・・・患部は流血していたり、傷のある場所です。患部が小さい場合には、注意深く探しましょう。

毒を絞り出す・・・患部を清潔な指先または爪で圧迫し、血液と共に毒を絞り出しましょう。子供の場合、痛がっても翌日以降の症状が軽く済むので、大人がしっかりと毒を絞り出してあげましょう。アウトドアグッズとして虫の毒抜き専用のグッズもある様なので、活用するのもいいでしょう。



傷口を消毒する・・・石鹸できれいに洗い、消毒しましょう。消毒する事で、痕が残りにくくなります。

冷やしましょう・・・保冷材や水で冷やしましょう。過剰な炎症を抑えられます。

掻いてはいけない・・・ブヨ、ブト、アブの刺した痕は、化膿しやすくなっています。掻くと傷口から菌が入り込み、益々化膿しやすくなってしまうので、絶対に掻かないようにしましょう。


今回のまとめ

腫れや痛みの症状!虫さされ蜂 ブヨ ブト アブの対策

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存