乳歯の虫歯は永久歯にも影響!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

nyuusi-musiba

子どもの 乳歯 は生え替るので 虫歯 でも大丈夫なのでしょうか。

乳歯虫歯になる原因や虫歯になると大人の歯の永久歯にも影響があるのでしょうか。

それでは子どもの乳歯虫歯について考えていきましょう。



乳歯の虫歯は永久歯にも影響!?

 乳歯が虫歯は永久歯も虫歯になる?

小さい時の乳歯は虫歯になって、治療する必要があり、歯を抜くといったことが多い場合など特にひどい状態で子どもでも義歯を必要とするケースなどについては注意が必要と言えるようです。

理由としては

  • 口の中に虫歯の菌がたくさんで永久歯も虫歯になりやすくなる
  • 歯茎などに虫歯の菌などが入りこみ、永久歯自体が虫歯の可能性もある
  • 乳歯が虫歯で、歯が無くなった状態で噛み合わせが悪くなる
  • 噛み合わせが悪くなると正常な状態で永久歯が生えにくいこともある
  • 噛み合わせが悪くなると、食べ物が食べにくくなり、子どもの成長に関係する

などがあります。

乳歯は生え替るので永久歯は大丈夫とは絶対に言えないということがあるので、乳児の時でも虫歯には注意する必要があります。

最近の歯の治療につては極力「抜かない」治療が主流で、予防治療が大切といった考えがある為「虫歯にならない為」の治療を早い時期から行うことで永久歯も虫歯にならないといったことにつながってくるのです。

日本歯科学会誌より

※乳前歯齲蝕が永久前歯構成におよぼす影響について


乳歯が虫歯は口の中の環境が悪い!

小さい子どもの時期の乳歯が虫歯になる原因としてはいくつかありますが、最近の食生活などについても影響があるようです。

虫歯になる時は口の中に虫歯の細菌が増えること、そして歯の表面や隙間などに食べ物のカスなどが残り細菌と合わさる事でプラーク(塊)となり、さらに、細菌がこれらを分解して酸を生みだすことで歯が溶けてきて虫歯となります。

虫歯は一般的に歯の表面からなるといったものが多いのですが、乳歯の段階で虫歯になり歯の治療をしていない場合や関心が薄い場合は、口の中、歯茎(はぐき)などに細菌がいっぱいで、生え始めの永久歯もすぐに虫歯になってしまう環境になりやすいことや、歯茎(がぐき)が弱っていて丈夫な歯が生えてこない可能性も高いといったことがあります。

※プラーク(歯垢:しこう)→細菌と細菌が分解した時に粘着性の物質を出すものとあわさったもの

日本小児歯科学会より

※どうして虫歯はできるのですが?

乳歯が虫歯でもあきらめないで!予防が大切

歯医者さんによっては、乳歯の段階で虫歯になることでしっかりその機会を教訓にできることは良いことと考えて、改めて気持をリセットして、今以上にならないように、しっかりと定期的に歯科受診をするなどの予防を行うことで、永久歯は虫歯になりにくいことが多いと言われます。

市町村などの歯科指導などで3児健診や5,6歳くらいでしかりと治療と予防を行うことで大きくなった時の虫歯再度なる可能性が低いということもあるようです。

特に小さい子どもにとって歯磨きはイヤな時期もありますし、だんだん食べるものが大人と変わらなくなって、お菓子などの間食などの食べ物や、食べ方などを工夫することで、口の中で長く食べ物が残らないようにすることで食べ物のカスが残らない、口の中がいつまでも酸性のままにならない工夫で乳歯の虫歯の予防といったことで次に生えてくる大人の歯の永久歯が良い状態で生える環境作りをすることが大切なのです。

小児歯科学会より

※本学小児歯科外来定期検査における意識調査


補足:小学生の以降の虫歯の原因について

大人の永久歯に生え替った子供の虫歯についてですが、食生活や家庭環境も影響がありますが、運動の後のスポーツドリンクの影響も大きいとのことです。

もちろんすべての原因というわけではありませんが、イオン飲料には糖分も含まれます。

また、習慣的になりやすいといったことが大きいとされている為、飲む機会を考えて必要な時以外は控えることが大切なようです。

イオン飲料は体に良いといったイメージが強いのですが、実は他のジュースと同じ様に飲み過ぎは良くないといったことがあるのです。

※参考:小児歯科学会より

※イオン飲料と虫歯に関する考え方(案)


おわりに

乳歯の虫歯については親として心配なことが多く最近では積極的に虫歯にならない予防などをされている方が多いと思われます。

しかし予防していても虫歯の予備軍や虫歯になってしまうこともあるので、日頃からしっかりとお口のケアを行っているのであれば、あまり神経質になりすぎることも良くないので、おうちでのホームケアと定期的な歯科検診でしっかりと予防することで健康な歯を維持できるようになると思います。

補足にもご説明してイオン飲料などを風邪や脱水予防の為に熱が高い時に子どもに摂取させることがありますが、(経口水は甘さがないので飲み難いのでつい利用しますが)適度に考えて使用する必要もあるので、間食と一緒で取り過ぎは歯にとって良くないようですね。


SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存