水虫の症状!足や手以外の水虫に注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

mizumusi-syoujyou

水虫と言えば、足手の指の間の皮膚のはがれや、グジュグジュして痒いといった 症状 というイメージがあります。

しかし、手や足以外にも水虫はあります。

なかなか、治らない湿疹は水虫の可能性もあるのです。

それでは、水虫症状と治療などについてご説明しましょう。


水虫になる箇所もいろいろ!病院で診断が安心

 水虫と言えば手や足の指の間と思っていませんか。実際には体のあらゆるところでも水虫は存在します。

 例えば、

・頭(頭皮)

・股(股の間や陰部)

・その他体全体

・足(指の間や足のふちなど)

・足の爪

・手(指の間や手のひらや甲など)

などです。

水虫は白癬菌(はくせんきん)という皮膚糸状菌というカビの仲間で、体のケラチンというタンパク質を栄養源とされます。よって足や手などに多く見られます。

 足の水虫のタイプも大きく3つあります。

・足指のグジュグジュしたもの

・小さな水疱ができて、皮がむけるもの

・足の皮膚の部分が白くなり分厚くなるもの

になります。

このように、体全体で、症状も幾つかあります。また、同じような症状でも水虫以外の病気や原因ということがあります。ひと目で見て水虫と分かりにく事があるので、皮膚科の病医で受診して水虫か水虫以外か判断してもらうことが良いでしょう。

日本皮膚科学会より

※水虫の診断のガイドライン


水虫の症状とは

 水虫は手や足の間以外にもあると説明したが、他の皮膚の病気などもあるので見た目だけでは正確な判断は難しいのですが、目安としての症状を説明していきます。

・皮膚が白くカサカサしてくる

・皮膚がむけてくる

・かゆみがある(ない場合もあります)

・赤くジュクジュクした感じになる

などが主な症状です。

手や足の間だけではなく手のひら、足のかかとなどもあります。

また、陰部やおしりなどにも皮膚が白っぽくなってカサカサする場合もあります。頭にも白くなって白い粉のようになって出たりします。(脂漏性湿疹と似た感じでわかりにくいかもしれません。)また爪が白く濁る爪白癬(爪の水虫)もあり、ひと目で水虫と分かりにくいことが多くあります。

昔は大人や老人がかかり易いタイプの水虫も子供がなることが最近はあるようです

写真を掲載している皮膚科などのホームページ記載などを参考にして早めに受診することが良いでしょう。

http://www.tanpopokodomo-clinic.com/cgi-bin/case/siteup.cgi?category=1&page=5

たんぽぽこどもクリニックより

※症状別写真で分かる子供の病気(水虫・白癬)


水虫の症状と原因について

水虫の原因である白癬菌は24時間以上そのまま皮膚の表面についたままの状態続くと、水虫の症状として発症します。白癬菌がついてもすぐに洗うと感染しません。

水虫の原因として、温度と湿度と環境が関係しています。

時期で言えば夏場で、温度が高く、そして湿度が高いと水虫である白癬菌が繁殖しやすいです。

靴を履いている時間が長く、通気性が悪い状態が続くと白癬菌が多く発生せて足に長い時間ついている状態になって症状がでるという事もあります。また足に傷などがあればかかり易いのです。また赤ちゃんなどはおむつなどで濡れている状態が長いなど、湿疹や水虫になりやすくなってしまいます。

それから、水虫になっている人と接触する機会があり、長い間皮膚にくっついていると鳴り易くなります。例えばプールなどです。

家族で水虫の人がいると特になりやすくなります。タオルなどの共有はやめましょう。

また、お風呂などのバスマットも要注意です。足の水虫がある場合、はだしでその上を踏んでいくので、これを一緒に使うことでうつることがあります。


 

水虫の薬について

病院で処法される薬を付けて治すといったことが一般な治療となります。

水虫は薬を使っても完治するまで時間がかかります。ぱっと見ては肌のかぶれなどが

なくなってもしばらく続ける必要があります。

薬をはじめてすぐに効果が出ない場合もあります。しかし、薬をつかって、痛みや腫れやかぶれが出たときは中止して医師に相談して下さい。

目安としては4週間ぐらい薬を使用することになると思います。

ただし、爪の水虫については効果が効きにくく更に長期間となります。(服薬での治療の場合もあります。)

薬は種類によって液体タイプ、クリームタイプがあり、1日1回及び2、3回といったものです。1日1回の場合は入浴後の皮膚が柔らかく吸収しやすい時に塗ると効果的です。

汗などで薬が取れたのではと気になるかもしれませんが、抗菌作用が強い薬ですので特に子供ということですので用法を守って利用しましょう。


☆最近の薬について☆

高齢者の方で白癬の薬を見る機会が多いのですが、多くのクリームタイプは足や陰部、手の間などで、爪の白癬の場合が液状タイプです。

液状タイプは先を押しつけると液が出てくるものと、先がブラシのようになっているものがあります。


 

おわりに

水虫と言えば大人の男性や年配の人と考えてしまいますが、最近は女性や子供でも多くなってしまいます。とくに恥ずかしと思わすに早めに治療することで完治しますので、「これは?」とおもった時は一度皮膚科の受診をお勧めします。 

理由としては、自己治療で市販薬の薬でステロイド系のものを付けると逆にひどくなり、治らないということもありますので、医師に症状を確認すると安心です。

皮膚科では顕微鏡で調べる為、水虫の菌かその他の菌かそれとも違う湿疹かの判断がつくから自己判断はせず必ず受診してみて下さいね。


まとめ

水虫の症状!足や手以外の水虫に注意!
水虫になる箇所もいろいろ!病院で診断が安心
水虫の症状とは
水虫の症状と原因について
水虫の薬について
最近の薬について
おわりに

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存