水虫になる時はどんな時?水虫の原因と感染の可能性をなくすには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

水虫になる時はどんな時?水虫の原因と感染の可能性をなくすには

lgf01a201501190500

水虫 というと大人の人、しかも男性がなるものと思いがちですが、女性や子供の中にも水虫に悩んでいる人が増えているようです。

水虫は、カビの一種、白癬菌が 原因 だということはわかっていても、どんな条件でうつってしまうのか、詳しいことは意外にわからないものです。

水虫の正しい情報を知って、うつらないようにしたいものです。


水虫の原因、白癬菌はどこにいる?

水虫の原因は、白癬菌というカビの一種です。

水虫は、白癬菌が皮膚の角質層に寄生することで発症する皮膚の病気なのです。

白癬菌は種類が多く、40種類以上も存在するということですが、日本ではそのうち10種類ほどの白癬菌が人に感染すると言われています。

潜んでいる場所も様々で、土に潜んでいるタイプの白癬菌もいれば、動物に宿るもの、人に宿るものなどがいます。

土いじりをするうちに感染したり、犬や猫などのペットからもうつることがあるので、注意が必要です。


白癬菌が感染する条件とは

白癬菌の感染力はそれほど強くはないので、白癬菌に触れるだけで、水虫になるということはありません。

一定の条件のもと、白癬菌が増殖することで、感染する危険性が高くなります。

白癬菌は高温多湿を好みます。

温度15度以上、湿度70%以上の条件で活発に繁殖します。

水虫は手や体にも感染しますが、ほとんどの場合、足に感染することが多いのですが、それは、靴を履いたままでいることが多く、そのために足が蒸れやすく、菌の好む高温多湿の条件を満たしているからと考えられます。

さらに、白癬菌が人の角質層に感染するためには、24時間以上必要だとされています。

長時間、洗い流されることなく、白癬菌が角質層に存在するようなことがあると、角質層に感染し、水虫を発症することになります。

季節としては春から夏にかけてが多く、乾燥する冬は減少の傾向があります。


水虫の感染経路

水虫の原因、白癬菌は空気感染することはありません。

水虫になっている人の足に直接触っただけで感染するということもないと考えられています。

ただ、水虫になった人の足から落ちた垢などには、白癬菌がたくさん潜んでいると考えられますので、この垢を介して感染することもあります。

また、白癬菌が人の角質層に感染するためには、24時間以上必要だとされています。

そのため、白癬菌が洗い落されず、たくさん存在する場所が感染経路として考えられます。

お風呂の足ふきマットや、スリッパなどは格好の感染経路となっていると言えるでしょう。

いずれにせよ、白癬菌が多くあることと、高温多湿などの条件を満たしているものが、水虫の感染経路になっているということです。


水虫感染の可能性を絶つためには

水虫を引き起こす原因菌、白癬菌は高温多湿を好みます。

その白癬菌が角質層に入り込み、感染するためには24時間以上が必要だとされています。

たとえ、白癬菌に触れることがあっても、角質層に入り込む前に洗い流したり、ふき取れば水虫になることはありません。

水虫になる可能性を低くするためには、白癬菌が好む場所を減らすことと、感染しにくいように良く体を洗うことが大切です。

特に足は、入浴時などしか洗う機会はありません。

足の指の間など、汗で湿度が高くなるようなところは注意してよく洗い、乾かすことが大事です。

お子さんと一緒に入浴し、指の間もよく洗うように声をかけてあげるなど、してあげて下さい。

白癬菌の特徴をよく理解し、水虫にならないように注意しましょう。


それでも水虫になったなら

注意しても、残念ながら水虫になってしまった場合には、医療機関を受診し、しっかり治療するようにしましょう。

初期のころは、水虫かどうかの判断がなかなか難しいですが、心配な時は早めに受診するようにした方が良いでしょう。

水虫は自然治癒することはありません。塗り薬や、場合によっては飲み薬で治療します。

また、良くなったからと言って、自己判断で治療を途中でやめてしまうと、再発や悪化することがあります。最後までしっかりと治療することが大事です。


まとめ

水虫になる時はどんな時?水虫の原因と感染の可能性をなくすには
水虫の原因、白癬菌はどこにいる?
白癬菌が感染する条件とは
水虫の感染経路
水虫感染の可能性を絶つためには
それでも水虫になったなら

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存