子供の水いぼ、プールは控えるべき?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

mizuibo-puuru

10歳未満の児童に多いとされている 水いぼ ですが、皮膚の接触によって感染すると言われており、保育園や学校で集団生活をする中で、自分の子がなった場合も周りがなった場合も上手に対処したいですね。

特に夏は、水いぼの時に プール は入っていいのか疑問に思われる方が多いと思います。

水いぼの原因と治療、プールに入る時の注意点について書いていきます。


水いぼの原因について

水いぼは正式名称「伝染性軟属腫」で、光沢があり中に水が入ったように見える1mmから5mm程度の大きさの湿疹です。

実際に水が溜まっている訳ではありません。手足だけでなく、顔や首、体などどこにでもできます。

水いぼの原因は、ポックスウィルス科に属するウィルスによる感染症です。

ポックスウィルス科には様々なウィルスがあり、天然痘が有名です。

水いぼ自体は良性で、感染力も低いとされています。そのため、飛沫感染や空気感染はしないと言われていますが、水いぼになった部分を触って感染する接触感染と、直接触らなくてもそのウィルスが付着したタオルや衣服などを介して感染する場合があります。

皮膚のバリア機能が低下していると感染しやすい傾向があるようです。

水いぼになった部分が気になって湿疹部分を掻くことで、他の部分にも広がっていきますので、普段からアトピー性皮膚炎がある場合や乾燥肌の場合は水いぼになったら掻かないように注意しましょう。

また普段から爪を短く切っておきましょう。


水いぼの治療法について

水いぼは治療しなくても自然に治ると言われています。

抗体ができるまで半年から一年かかるので、他の部分や他の人にうつらない様に気を付ける必要があります。

また、見た目が気になったり、他人への感染が心配でどうしても治したいという場合は、ウィルスに感染した部分の皮膚の細胞を除去することになります。

具体的には、病院でピンセットを使って潰したり、液体窒素を使って凍結させる、電気で焼くなどの方法がありますが、どれも痛みが伴いますので、子どもには酷かもしれません。

痛くない方法としては、自宅で風呂上りなどに、根気強くイソジンなどの消毒液を塗るという治療法もありますが、時間がかかります。


水いぼの時はプールに入っていいの?

水いぼの時のプールについては、小児科医によっても意見が分かれるところですが、プールの水よりはビート板や浮き輪などの共用するものを介して感染する可能性の方が高いとされています。

しかし、プールというと肌の露出が多いため、接触することも十分考えられます。

プールの中だけでなく着替える時にも水いぼの部分に触れないようにすることやタオルを共用しないこと、手足にある場合は長袖を着せるなどに気を付けましょう。

学校保健法では、「原則としてプールを禁止することはありません。」とされていますが、園によって対応が違う場合や、他の保護者の方の意見もありますので、周りに配慮した対応をしましょう。

同じ理由で、公衆浴場や自宅でお風呂に入る場合も気を付けましょう。

兄弟がいる場合は一緒にお風呂に入ることが多いと思いますが、お風呂は問題ないですが、バスタオルは同じもので拭かないようにしてください。

まれに免疫力が下がった大人が感染することもあります。


終わりに

水いぼは自然に治るものとされています。

接触により感染することから、プールだけを禁止する意味はそれほどないように思います。

熱が出る訳でもないので、登校・登園を見合わせる必要はないですが、良性とはいえ感染するものなので、周りへの配慮を忘れないことが集団生活では大切だと思います。


まとめ

子供の水いぼ、プールは控えるべき?
水いぼの原因について
水いぼの治療法について
水いぼの時はプールに入っていいの?
終わりに

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存