とびひ?いえいえ、それは「水いぼ」かも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

mizuibo

プールの時期になると病気の絶えないご家庭も多いのでは?

夏は子どもの体力消耗も激しく、プールを介した感染リスクも増えるため、さまざまな病気が流行します。

プール熱や中耳炎など、夏にかかりやすい病気の中でも、今回は皮膚疾患「水いぼ」について、お伝えしたいと思います。

「病気は天下の回りもの」だなぁと、ため息交じりにつくづく思う今日この頃です。


水いぼととびひ、なにが違うの?

「水いぼ」とは、粘性性軟属腫ウイルスが皮膚に付着・感染することでおこるいぼのことを言います。

小学校低学年ぐらいまでの幼児期に発症することが多く、免疫力の備わった大人にはほとんどかかりません。

皮膚同士の接触を感染経路としますが、タオルやビート板などを介して、感染する場合もあります。

また「水いぼ」は、芯の部分がはじけ、ウイルス入りの汁が飛び散ることで患部が転移・広がります。

これを聞いてふと思い浮かぶのが「とびひ」ではないでしょうか?

<とびひとは?>

一般的に「とびひ」と呼ばれているのは伝染性膿痂疹といって、ブドウ球菌や溶連菌が原因菌となって皮膚に炎症を起こす病気です。

虫さされやかすり傷などの小さい傷に感染して、水泡やただれ、かゆみなどの肌トラブルを引き起こします。

強いかゆみを伴う場合が多いので、掻く行為によって菌を含む汁が別の部位に移り、新たな感染を引き起こす、という負のループが完成。

文字通り「飛び火」のように感染が広がる皮膚炎です。

とびひと水いぼは、まず見た目から違います。

とびひは、水ぶくれやびらん、かさぶたなど形が一定ではありませんが、水いぼは、発疹の中心が白く水を含んだように見える赤いポツポツとした点で、表面が滑らかなのが特徴です。

また、水いぼは脇下や股にできた場合を除き、基本的にはかゆみを伴いません。

発症原因も、菌とウイルスでまったく違うため、治療法にも大きな違いがあります。

とびひの治療には、ステロイドの軟膏などが処方されますが、水いぼには決して使用してはなりません。

ステロイドはウイルスの恰好の餌になるので、余計に悪化させてしまいます。

自己判断で薬を使うのは絶対に避けましょう!


水いぼになってしまったら?

まずは病院で受診を。ここで皮膚科へ行くのか、小児科へ行くのかで対処方法が異なる場合があります。

皮膚科へ行くと、

・ピンセットで白い塊を取り除く

・硝酸銀法で処置を行なう

・液体窒素で焼く

・ヨクイニン(はと麦茶)の服用(2~3カ月要)

など対処・治療がなされます(一例)。

しかし、小児科へ行くと「放置していても自然治癒。半年~一年の経過観察」とされることもあります。

基本的に水いぼは一過的であり、どちらの判断も間違いではなく、治療方針、治療へのスタンスが異なるためです。

違うからといって不必要に不安がることはありません。

ただし、8歳以下のお子さんで乾燥肌・既往歴あり、さらに本人や親族がアトピー性皮膚炎・花粉症などアレルギー体質の場合は、より早急に治療が必要となりますので、これに限りません。


「イソジン」民間療法も

ピンセットで取る水いぼ…。子どもは痛くてたまらないんです。そこで、試してほしいのが「イソジン」を使った自宅ケア。医学的な確実性は不明ですが、多くのお母さんたちの実体験を裏付けとした民間療法として紹介します。

まず消毒用イソジン、イソジン軟膏、コットン、ピンセットの4つを用意します。

1.患部にたっぷりと消毒用イソジンを塗る(患部を破かない状態で行なうこと)

2.患部にふたをするようにイソジン軟膏を塗る

3.2~3日すると芯が浮いてくるのでピンセットで除去。痛みはなく、ポロっと取れます。

これなら自宅でも簡単にできそうですね! 万一、発疹が増加傾向や改善が見られない時には必ず病院を受診してくだい。

一年でもっとも肌トラブルが増えやすい夏。

いつもは乾燥肌やアレルギー体質でないお子さんも、虫さされや汗疹といった夏特有の原因で、肌トラブルに見舞われがち。症状が見た目で分りやすいものなので、早めに収束したいものですね。

記事を参考に、まずは皮膚炎の種類を見極めからはじめていただけたら幸いです。


まとめ

とびひ?いえいえ、それは「水いぼ」かも
水いぼととびひ、なにが違うの?
水いぼになってしまったら?
「イソジン」民間療法も

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存