子供の水下痢。おうちでのケアのポイントは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

mizugeri

子供は突然のタイミングで体調を崩しますよね。

高熱が出たり、お腹を壊したり。

親としてはそのたびに病院に行くべきか、登園を見合わせるべきか悩みますね。

今回は、子供が 水下痢 をしている時のおうちでのケアについてご紹介します。


子どもの水下痢の原因は様々。おうちでのケアや注意すべきポイント

まず、水下痢とはどのような状態でしょうか。

健康な時の便と比較して、ゆるく柔らかい便が軟便です。それよりももっと水に近い液体状の便を指します。

水下痢の原因は様々です。

細菌やウィルス、抗生物質が原因であったり、冷えやストレス、食あたり、アレルギー反応など。下痢が続く場合は早めに病院を受診しましょう。


水下痢の時の食事は?

下痢の時は誰でも食欲が落ちるものです。

固形の食事は喉を通りづらく欲しがらない時は無理に与える必要はありません。

食べられる場合は、普通の下痢と同じで消化の良いものを選びましょう。

おかゆやすりおろしたりんご、具のない野菜スープ、くたくたに煮たうどんなどをおすすめします。味付けは薄味にしましょう。

母乳を飲んでいる子は母乳を与えて良いでしょう。

下痢の時は、便の硬さとおなじぐらいの硬さの物を与えることを意識しましょう。

下痢の時におすすめできない食べ物としては、牛乳やヨーグルト、アイスや柑橘系の果物など、消化に悪い物や冷たい物は控えた方が良いと思われます。

水下痢の場合は、摂取した水分などが腸管で吸収されずに出ている可能性がありますので、脱水症状にならないためにも水分補給が大切です。

麦茶や湯冷まし、赤ちゃん用のイオン飲料などが良いでしょう。

水下痢で体から出ていく以上の水分を補給する必要があります。

あまりに冷たい飲み物は胃腸を刺激しますので、なるべく常温の物がいいでしょう。


便の色にも注意

白っぽいお米のとぎ汁のような水っぽい便が出たときは、ロタウィルス胃腸炎の可能性があります。

3月から5月に流行すると言われているロタウィルスは、2歳をピークに6歳までに一度はかかると言われており、乳幼児は激しい症状がでることもあります。

ウィルスが口から入る経口感染や、便の中に含まれるウィルスが手に付着することで感染が広がっていきます。

症状としては、おう吐や水下痢、発熱やかぜのような症状を伴うことがあります。

抗ウィルス薬はなく、病院では下痢を緩和する薬や吐き気止めが処方されることがありますが、基本的にはおうちでケアをするということになります。

他にも、血が混じった下痢やおう吐の回数が多い場合、発熱が続く場合や痙攣がみられる時は病院へ連れていきましょう。


お尻がかぶれないようにしましょう

下痢が続くときは、お尻がかぶれないようにすることも大切です。

頻繁におむつを替えてあげましょう。下痢が出たあとはガーゼで優しくふいたり、シャワーでさっとゆすいだあと、しっかり乾いてから新しいおむつをはかせると良いですね。

下痢の時はお尻が傷ついている場合があるので、強い力でこすらないことが大切です。

毎回のシャワーが大変な場合は、市販の霧吹きを使ったり、ペットボトルを利用する方もおられるようです。

また乾燥についてはうちわを使ったり、寒い時はドライヤーで弱い温風をあててあげることも有効です。

子どものお尻はとてもデリケートです。

下痢によりお尻がかぶれてしまうことはよくあり、ひどい場合はステロイドなどの外用薬を使用しなければならない場合もあります。

しっかりと予防してあげましょう。

子どもが体調を崩すと、元気な親も病院に連れて行ったり看病で体力を消耗してしまいますね。

親が体調を崩してしまわないように、家族の協力を得ながらじっくりと子供の病気と向き合えるといいですね。


今回のまとめ

子供の水下痢。おうちでのケアのポイントは?
子どもの水下痢の原因は様々。おうちでのケアや注意すべきポイント
水下痢の時の食事は?
便の色にも注意
お尻がかぶれないようにしましょう

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存