水疱瘡の症状と予防接種の効果!免疫は一生続くの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

mizubousou-yobousessyu-kouka

毎年春先になると流行する 水疱瘡

約90パーセントほどの人が不顕性(症状が現れずにウイルス感染したもの)を含めて10歳頃までに感染経験があると言われています。

最も感染しやすいのは保育園や幼稚園に通う年齢ですが稀に大人になってから感染し症状が重篤化することも見られます。

そんな水疱瘡について、そして 予防接種 の 効果 についても紹介します。


水疱瘡とはどんな病気?

<症状>

水を含む赤い発疹(水疱)が身体の全身に広がり発熱を伴うことがあります。

赤い水疱の中に黒い点のようなもうのが見られる場合には水疱瘡と確定診断ができるのですが、初期には発疹が体に広がっているだけだと他の疾患の可能性もあるので1、2日くらい日を置いて再度受診をすることがあるようです。

この水疱は掻いてしまったり、皮膚が擦れたりすることで中のウイルスが繁殖した液が広がり感染を広めていくのも特徴です。その為、股などは擦れて広がりやすく水疱が集中しやすくなります。

1週間ほどすると次第に全身の水疱がかさぶたになっていきます。

完全にかさぶたになると感染することもなくなり完治となります。

<保育園などでは登園禁止に>

保育園はまだ免疫力の完全ではない子どもが多数います。

水疱瘡はとても感染力が強く、水疱が破れた液が他の子どもの皮膚に触れたりタオルなどを介してもどんどん広がっていきます。

なので保育園などでの施設では感染拡大を防ぐために預かることができなくなります。

登園ができるようになるのは水疱が完全にかさぶたになり感染力が無いと医師が判断した時です。

重症化していなければ1週間ほどで完治となり登園許可証を医師に書いてもらうことができます。

それを持って行くことで預けることができるようになります。


予防接種

実はあまり知られていないことですが水疱瘡の場合には、感染してしまった人との接触から2日以内に予防接種を受けることで感染を予防したり、症状を緩和することができます。

しかし水疱瘡に見られる水疱や発疹が現れる前の潜伏期間の間に既に感染している場合もあるため、やはり事前に受けておくのが好ましいといえます。

<予防接種を受けることが出来る年齢>

水疱瘡の予防接種は1歳をむかえることで可能になります。

水疱瘡は生ワクチンと呼ばれる、水疱瘡を引き起こすウイルスの病気にする力を弱めたものを体内に入れることで抵抗力を付けます。

稀に副作用として発熱やワクチンを接種した部位に腫れが見られることもありますが、予防接種を行った医師に相談すれば問題ありません。

水疱瘡の予防接種は子どもの場合には2回に分けて行います。

1度目の接種から3ヶ月ほど経ったら2度目の予防接種をします。

1度だけでも感染を防ぎやすくはなりますが、20から50パーセントの子どもは1年以内に感染してしまうというデータもありますので、しっかりと2度目の予防接種も受けるようにしましょう。

<大人は必要ない?>

水疱瘡は子どものかかる病気と思われがちです。ですがそれは間違いで、それまでに水疱瘡にかかったことがなく免疫を持たない大人が感染している人に接触することで感染することがあります。

特に大人の場合には小児で感染するのに比べると重篤化や重い合併症を引き起こしやすくなっています。

予防接種を受けたことがない人や、小さい頃に水疱瘡にかかったことがない人でも、症状が出なかっただけでだけでウイルスに抵抗を持っている人もいます。

もしご自身がウイルスに対する免疫を持っているかどうかが分からない時には検査を受けることで免疫の有無を調べることが出来るのでそういった検査も利用しましょう。


予防接種の効果はいつまで?

小児であれば予防接種を2度しっかりと受けていればその後感染する可能性はほとんどありません。また、感染してしまった場合にも軽症であることが多いので予防接種の効果は大きいと言えます。

終生免疫と言う言葉は耳にしたことがあるでしょうか?

これはワクチンや感染などによって抗体が出来た場合に、その抗体が一生残り続け感染を防いでくれる免疫のことです。

水疱瘡に関してもこの終生免疫であると一般に広まっているのですが、人によっては20年ほど経過する頃にその抗体が無くなることが分かってきました。

それにより近年では20年毎に予防接種を受けることを医師は推奨しています。

もし抗体が消えていなくても、ワクチンによる強い副作用や感染はないので抗体を調べる検査はせずに予防接種を受けるのも問題ありません。

<予防接種ができない人>

1歳未満の子どもは基本的には予防接種を受けられません。ですが、保育園に入園させるなどで感染の可能性が高いと予見される場合に医師の判断で予防接種が可能なこともあります。

そういった事情がある場合にはかかりつけの医師に相談してみましょう。

妊婦さんや、病気または薬の関係で免疫力が落ちている人は予防接種ができません。

また妊娠を考えている場合にも予防接種が好ましくないこともありますので妊活中の方は医師に相談することをお勧めします。


まとめ

水疱瘡の症状と予防接種の効果!免疫は一生続くの?
水疱瘡とはどんな病気?
予防接種
予防接種の効果はいつまで?

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存