子供が目やにで目が開かない時の対処法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

meyani-megaakanai

子供が朝起きた時、目やに で 目が開かない 事があるでしょう

目やにを取っても時間が経つと目やにが出ている時はどうすればよいのでしょうか。

また、目やに原因病気は病院に行く方が良いでしょうか。自宅だけでも治るものでしょうか。

それでは、子供の目やにの病気と対処方について説明していきましょう。


朝起きて目やにで目が開かない時はどうする?

子供が目覚めて、朝目やにで目が開かない様子の時はまず、子供が焦ってしまうと思います。

その時は、まず子供に「大丈夫よ」とひと声かけて上げて下さい。

まず、子供に落ち着いてもらいます。

それから、蒸しタオルやガーゼハンカチ、お湯で温めたタオルやガーゼハンカチで目頭の方から目尻に向けてやさしく拭いて下さい。

片目づつ違うハンカチやタオルで拭くようにして感染が広がらないようにしましょう。

(擦らないように)目やにを取って目が開くのを確認し下さい。

目やにの量が普段より多いようで、少し時間が経って目やにが出てきている場合は使い捨てのティッシュや少し固まった様子ならウエットティッシュで拭いて下さい。手に目やにがついたら石鹸で手を洗いましょう。

注意点

  1. 蒸しタオルや温めたタオルは、手で触れて熱くない熱さを子供の目を拭く前に手の甲で確かめて下さい。
  2. 使用したタオルは目やにの原因不明な時でも年の為に塩素系で下洗いをして、他の洗濯ものと分けて洗濯して下さい。
★簡単蒸しタオルの作り方★

家庭で蒸しタオルを作るのは手間と思います。

ここで簡単な蒸しタオルの作り方をご説明します。

  1. タオルを水で軽く絞る
  2. タオルをビニール袋(できれば、ジップロックの様な加熱に強いものが望ましい)に入れる
  3. レンジに1分程を目安に入れる(ビニールの袋は閉じる必要はありません)
  4. レンジから取り出す

 出来たてのタオルはかなり熱い状態ですので気を付けて下さい。使用の際はひと肌位の温かさで使用して下さい。

※病気の時の体を拭く時などにも利用して下さい。


目やにが多く出る原因とは

 健康な時でも目やにはありますが、目やに出る量が多くて頻繁に目が開かない位の状態になる場合は、目の病気の原因が考えられます。

 原因としては

  1. ウイルス性結膜炎
  2. 細菌性結膜炎
  3. アレルギー性結膜炎

が考えられます。

1、ウイルス性結膜炎は周りに感染し易いのが特徴です。

ウイルス性の代表的なものは

流行性角膜炎(はやり目)です。原因となるものはアデノウイルスです。

“特効薬はなく体内に抗体が出来るのを待つ対処方です。病院では二感染を防ぐ為の目薬を使用します。” 

ゆっくり体を休めて抵抗力を高めると良いでしょう。感染力が強く医師の指示があるまで登園や登校ができません。学校保健法の伝染病の指定がります。タオルなど個別にして、目やになどは手に触れないようのにし、手で触れた場合は石鹸で手を洗うこが大切です。

2、細菌性結膜炎は、年齢によって原因となる細菌が違います。

“症状に応じた抗生物質の点眼薬を使用します。治療後は1週間以内に治るとされています。”

3、アレルギー性結膜炎は、原因となるアレルゲン物質によるもの

抗アレルギー性の目薬を使用します。季節的な花の花粉やハウスダスト(家の埃)やタニなどが原因とされています。

 症状としては目のかゆみを伴います。

http://www.japo-web.jp/info_ippan_page.php?id=page04 日本小児眼科学会より

※一般の皆様へ


目やにで目が開かないのを防ぐには

目やにが出てきて溜まってきたときに軽くティッシュなど柔らかい使い捨てもので拭く

(擦らないように)目元に溜まっている場合は綿棒を利用することも可能です。

あまり頻繁に目を触り過ぎるとまぶたなどの皮膚を刺激することになるので注意が必要です。

症状に合わせた対応がありますので処方された目薬をさし、症状が治まると自然に目やにの量が減るので目が開かない状態がなくなる。

 目やにが多く出ないようにするには病気にならないように予防することが大切です。

家庭で簡単できる病気の予防法について
  1. 家に埃やゴミが溜まらないように清潔にする。
  2. 規則正しい生活で抵抗力をつける。
  3. 外から家に帰ってきた時は手洗い、うがいをする。
  4. 夏の時期のプールなどがある時はプールの後は目を洗う。
  5. 花粉などのアレルギーがある人は時期の直前に眼科に受診する。

などです。

日頃の生活の中で習慣的に取り入れることで病気にかかりにくくすることが大切です。


目やにと軽く考えないで

健康の時でも目やにはつきます。

その理由は体の老廃物や細胞の入れ替わりの結果が目やにとして表れるのです。

しかし、体調が悪くなるとその影響で子供の健康状態が目やにで分かることもあります。

普段と違った目やにでしたり緑色や頻繁目やにが出ていると分かったら早めに病院に受診をお勧めします。

眼下科や耳鼻科、または小さい子供や赤ちゃんなどはかかりつけの小児科でも対応は可能です。

子供さんが目の病気の時は家族の方もうつらないように注意が必要です。

また子供がめやにで登校や登園できない時で体が元気な時などは理由をしっかりと説明して早く回復できるようにして下さい。


今回のまとめ

子供が目やにで目が開かない時の対処法は?
朝起きて目やにで目が開かない時はどうする?
目やにが多く出る原因とは
目やにで目が開かないのを防ぐには
目やにと軽く考えないで

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存