慢性蕁麻疹(じんましん)について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

慢性蕁麻疹(じんましん)について

barefoot

食べ物や何らかの刺激が引き金となって突然体の一部やあちこちにかゆみが起こり、皮膚にブツブツが出来る 蕁麻疹

こんな場合には大人でも始終患部が気になり手が行って、搔きむしりたくなりますよね。

ましてや子どもなら、そのかかゆみを我慢させるのは大変難しいです。

でも原因や治療法がわかれば少しは落ち着いて対処できるかもしれません。

辛い蕁麻疹の中でも症状が長期にわたり、いわゆる慢性蕁麻疹と呼ばれる長く続くかゆみについて調べてみました。


蕁麻疹とはどのような状態?

蕁麻疹は、皮膚の一部に赤い斑点のようなものが出来、それが盛り上がった状態になって患部からかゆみを伴う事を言います。蕁麻疹呼び方は、その起こる期間によって違い、突然何らかの原因で蕁麻疹が現れるものを「特発性蕁麻疹」、その蕁麻疹が1ヶ月以内続いたものを「急性蕁麻疹」、1ヶ月以上続いているものを「慢性蕁麻疹」と呼びます。


どのような症状になるの?

蕁麻疹の期間に関わらず、すべての蕁麻疹に当てはまる症状として以下のような症状が起こることがあげられます。

  • 最初は薄く、徐々にはっきりしたさまざまな形の斑点が皮膚に現れ、それらは少し膨らみがあって盛り上がっている。
  • 蕁麻疹の大きさは、ブツブツと呼ばれる大きさ1~2mmの小さなものから、斑点と呼ばれる手のひら大の大きなものまで出来る。
  • 強いかゆみをともなう。まれに、チクチクとしたり、熱を持った感じのすることもある。
  • 腕の内側や外側、足の大腿部や脛の部分、腹部、背中など全身に斑点が現れる。
  • 普通、これらの斑点は数時間で跡形もなく消えるが、場所が移動したり、どんどん新しい蕁麻疹が発生し、全身に広がったりすることもある。
  • 何らかの原因が引き金となって発症した蕁麻疹の場合(食べ物や、薬の飲み合わせなど)、また同じ条件が重なると、再発をすることもある。
  • 重度の蕁麻疹が発生した場合、気道内にむくみが生じて呼吸困難に陥ることもある。

慢性蕁麻疹の原因は

特発性や、急性蕁麻疹と異なり、1か月以上場合によっては数年も続くという慢性蕁麻疹の原因は疲労やストレス、感染症によって更に悪化する可能性もあります。

処方された薬を飲んでいる期間は蕁麻疹が治まっても、服用をやめるとまたすぐ再発してしまうことも少なくありません。

これらの原因として考えられるのは、一般の蕁麻疹の原因となる「食べ物」はそれほど多くなく、ウイルスなどの感染症によるものや、アレルギー、現在飲んでいる薬の副作用が原因と考えられています。

はっきりとした原因が特定できず、1カ月以上続く慢性蕁麻疹の場合はその治療薬の見極めも難しいとされています。


慢性蕁麻疹の治療薬は

慢性蕁麻疹が疑われる場合の皮膚科での一般的な治療は、抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬が処方されます。

これらの薬は花粉症などでも処方される薬です。

1種類の薬を服用してすぐ蕁麻疹が止まれば、その薬を継続することになります。

万が一効きが悪い場合には、坑ヒスタミン薬や坑アレルギー薬には種類がたくさんあるので、違う抗アレルギー剤を試してみたり、2~3種類を同時に使う治療を行います。急性蕁麻疹の場合は、薬を飲んだことによって蕁麻疹が出なくなれば、そこで治療が終わり薬を中止します。

しかし、慢性蕁麻疹の場合は、自己判断で急に薬を中止すると再発することが多いため、薬の種類や量は症状を見ながら徐々に減らしていきます。

そして最終的に蕁麻疹が出なくなる時まで医師の処方に基づいて、しっかり投薬を続けていきましょう。


まとめ

慢性蕁麻疹(じんましん)について
蕁麻疹とはどのような状態?
どのような症状になるの?
慢性蕁麻疹の原因は
慢性蕁麻疹の治療薬は

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存