学校や幼稚園でうつることも!マイコプラズマ感染症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

マイコプラズマ・ニューモニアエ。これは病原体の名前です。

細菌とウイルスの中間の大きさ、性質を持つ病原体で、肺炎を引き起こすことがあります。

マイコプラズマによる肺炎は、 うつる 肺炎として知られ、学校や幼稚園、保育園など、集団で感染することもあります。

マイコプラズマ感染症は5~14歳の年齢に多く見られますが、大人や乳幼児にもマイコプラズマは感染します。

家族の誰かが発症すると、家族にうつしてしまうこともあるのです。

マイコプラズマ感染症、その感染を防ぐには、どのようなことが大切?

マイコプラズマの感染力や感染経路は?

基礎知識を身につけて、予防に役立てましょう。


学校や幼稚園でうつることも!マイコプラズマ感染症

マイコプラズマ感染症とは

マイコプラズマ感染症は、5~14歳の年齢の子供に多く見られます。

病原体はマイコプラズマ・ニューモニアエという、細菌とウイルスの中間の大きさ、性質をもつもので、学校や幼稚園、保育園などで集団感染することもあります。

4年に1度の周期で大流行することがあり、オリンピック病とも言われていましたが、近年は4年に一度の周期の大流行は見られず、毎年、地域的な小規模の流行がみられ、全体的に増加の傾向にあるようです。

かつて、秋から冬にかけて発症するケースが多かったのですが、現在は1年を通じてみられるようになりました。


マイコプラズマ感染症の症状

マイコプラズマ感染症の主な症状は熱と咳です。

他に頭痛、倦怠感、筋肉や関節の痛みなどの症状をおこします。

一般的な風邪のような症状で始まり、次第に咳が強まっていくのがマイコプラズマ感染症の典型的な症状です。

ほとんどの場合、5~7日ほどで快方に向かいますが、肺炎を引き起こす場合がありますので、熱や咳が長期化している場合、肺炎が疑われます。

風邪薬を飲んでも熱が下がらない、解熱をしたがコンコンという乾いた咳が止まらない時は肺炎をおこしている可能性がありますので、早めに医療機関を受診することが必要です。

マイコプラズマに感染しても、通常3週間もすれば自然に治りますが、劇症化したり、大人は重症化する場合もあります。

初期の段階で一般的な風邪と区別するのは難しいことですが、頑固な咳が続くなど、気になる症状がみられる時は、すぐに受診するようにしましょう。


マイコプラズマ、感染経路と潜伏期間

学校や幼稚園などで集団感染をすることもあるマイコプラズマ感染症ですが、どのようにして感染していくのでしょうか。

マイコプラズマは、感染している人の咳やくしゃみ、痰などからうつる飛沫感染と、マイコプラズマが付着したものからうつる接触感染によって感染します。

しかし、増殖力が低いため、感染してから発症するまでの潜伏期間は2~3週間と長いので、かかっていることに気づかず、他の人へうつしてしまったり、うつされたりします。

周りで感染が流行している場合は、マスクをしたり、うがい、手洗いを励行するなど、対策をとることが大切です。

マイコプラズマ自体の感染力はそれほど強くはありませんが、長時間一緒にいるなど、接触の度合いが強いと感染するリスクが高まりますので、家族など、身近にマイコプラズマ感染症を発症した方がいる場合は、十分注意しましょう。


マイコプラズマ感染症を予防するには

マイコプラズマ感染症には予防ワクチンはありません。

また、一度マイコプラズマ感染症にかかっても、ふたたび感染することがあります。

免疫ができても長くは続かないのです。実際に再発する人も、少なくありません。

マイコプラズマ感染症は、幼児が発症しても症状は比較的軽いとされていますが、繰り返し感染すると重症化する可能性が高まるといわれています。

しっかり予防するようにしましょう。飛沫感染と接触感染で感染を広げるマイコプラズマにはうがいや手洗いが有効です

流行がみられる時は、アルコール消毒をしたり、マスクをするなどして予防します。

また、感染しても重症化しないよう、抵抗力をしっかり備えておきましょう。

充分な睡眠、バランスの良い食事、規則正しい生活を心がけることも大切です。

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存