その頭痛やめまいの症状が!!肩・首こりが原因?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

その頭痛やめまいの症状が!!肩・首こりが原因?

kubikori-memai

肩こり や首こりといえば、デスクワークの多い人や子育て中のお母さんなど、大人を悩ませるものと思いがち。

しかしながら、最近では、子供がこうした症状を訴えるケースが増えているようです。

また厄介なのが「こり」だけにとどまらず、それらから 頭痛やめまい、などその他の症状を引き起こす原因になるということ。

そこで今回は、子供の肩・首こりが抱える問題について考えてみたいと思います。


心身の緊張状態がもたらす肩・首こり

「こり」とは、首・肩・背中などの首周りの筋肉が緊張し続けることで血液が滞り、張りや痛みなどを感じることを言います。

長時間の同じ姿勢、例えば勉強やゲームといったうつむきがちな姿勢を続けると当然のことながら、こりの原因になります。

小学生のうちから塾に通う子も珍しくありませんから、生活習慣の変化によるものも一因だと言えます。

しかしながら本来、大人よりも筋肉の柔軟性の高い子ども。

姿勢やバランス感覚を支える筋肉の発達に必要な運動量が足りずに、筋肉に発達にばらつきが出て、こりを引き起こしているかもしれません。

習い事などで体力増進、ストレス発散を図るのもいいでしょう。かといって、あれやこれや詰めすぎては逆効果!

習い事の掛け持ちでスケジュールに追われてしまえば、緊張状態の連続になってしまいます。その子それぞれのペースがあります。

適度なバランスをとって、少しでも緊張状態から解放する環境を整えてあげる必要があります。


親子を悩ます、肩・首こりが起因する症状

子どもの肩こりは本人や親も気づかないこともよくあります。

そうすると、こりが継続して肩・首・背中の部分的な筋肉の緊張にとどまらず、二次的に他の部位の筋肉の緊張が見られる場合があります。そうなると、

・寝付きが悪い

・夜泣きが増える

・眠りが浅い

・頭痛やめまい

などの症状が見受けられます。睡眠に関わる症状は、本人はもちろんのこと、お母さんも疲れてしまいます。

夜泣きや寝付かせで悩んでいる方は、一度お子さんの肩や首の状態を確認してみるのもいいでしょう。

<肩こりの継続が集中力を奪う>

小学生くらいになると肩・首こりを起因とした、代償性の側弯症になる場合があります。これは、背中の一部が盛り上がって見えたり、姿勢が変化したりと、外見からわかるようになってしまいます。そうなると、

・じっと座っていられない

・ぼーっとして集中力がない

・一時的な視力の低下

・本を読んでいてもイライラする

などの症状が見受けられるようになります。

また、上記以外にも頸椎や免疫力に影響する場合もあります。

たかが「こり」とあなどると、思いもよらないところに症状が現れることもあります。

軽視せずに、学習や成長発達に影響を及ぼすような場合には、すみやかに整形外科または小児科を受診してください。

また、頭痛やめまいといった症状は重篤な病気のシグナルの場合もありますので、継続するようなら早めに受診を。


大事なのはお母さんのリラックス

まずは、リラックスする環境を整えてあげることが大事です。

肩や首の「こり」は習慣から起因するものがほとんどです。

生活習慣や姿勢、日々のスケジュールの見直しなどからはじめてみてはいかがでしょうか。

とはいっても、なにからすればいいかわからない…、そんな方は、まず笑ってください! 子どもは怒られると肩をすくめますし、お母さんやお父さんが不機嫌だと様子をうかがって背を丸めます。

子どもがリラックスできるのは、お母さんがご機嫌に鼻歌を歌っているような、家の中の空気が良い状態です。

不思議なことに、イライラは子どもにも伝染します。

まずは、子どもが不要な緊張を感じることのないよう、家庭の雰囲気作りからためしてみてはいかがでしょうか。


まとめ

その頭痛やめまいの症状が!!肩・首こりが原因?
心身の緊張状態がもたらす肩・首こり
親子を悩ます、肩・首こりが起因する症状
大事なのはお母さんのリラックス

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存