いつわかる?エコー検査でわかる口唇口蓋裂

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

日本人500人~700人の出産に対し1人の割合で発生するという、口唇口蓋裂。日本人に比較的多く見られる先天異常です。

近頃はエコー技術が発達し、妊婦検診のエコー検査でもかなりの確率で分かるようになりました。

口唇口蓋裂とはどんな症状で、いつ、何が原因でおきる先天異常なのでしょうか。

その異常は、一体、いつわかる ものなのか。

原因から症状、治療の方法まで、口唇口蓋裂について見ていきましょう。


いつわかる?エコー検査でわかる口唇口蓋裂

日本人に多い先天異常、口唇口蓋裂

口唇口蓋裂は、唇が割れたり、口蓋がさけて口腔と鼻腔がつながってしまうなどの口や口の中の形態異常です。

先天的なもので、生まれた後に起こることはありません。

日本人における発生頻度は、500~700人の出産に1人の割合で、日本人に多い先天異常と考えても間違いではないでしょう。

胎児がお腹の中で成長する際、顔はいくつかの突起が左右から伸びてきて融合されることで形成されていきます。

しかし、その成長の過程で、突起の融合がうまくいかないと裂け目が残ってしまい、唇に裂け目が出来たり、鼻と口を隔てている壁、口蓋が最後までくっつききらない状態で口腔と鼻腔がつながってしまうことがあります。

こうした口や口の中の形態異常が口唇口蓋裂です。


口唇口蓋裂の原因

口唇口蓋裂の原因は詳しいことはわかっていません。

胎児の顔や口蓋が形成される妊娠初期に胎児に異常な力が加わったためとか、母体へのストレス、栄養障害、服用した薬、高齢出産、風疹などの病気、遺伝などが影響しているという指摘もありますが、大多数は原因不明です。


口唇口蓋裂の症状

口唇口蓋裂があると、口を完全に閉じることができません。

そのため、おっぱいやミルクを上手に飲めないだけでなく、食べ物がうまく飲み込めない事もあります。

そのために誤嚥をおこしたり、口蓋裂で口腔と鼻腔がつながっているために鼻の中が食べ物で汚れやすく、中耳炎や扁桃炎をおこしやすくなることもあります。

また、発音障害などが見られることもあります。


口唇口蓋裂、診断の時期と方法

胎児の唇や口蓋は妊娠初期、7~12週ごろに形作られ、さらに20週を過ぎる頃には顔の細胞ができあがります。

このころに唇や口蓋がうまくつながっていないと、口唇口蓋裂が疑われます。

しかし、個人差もありますので、おおよそ30週を過ぎる頃に診断されることが多いようです。

口唇口蓋裂は妊婦検診のエコー検査で診断されることがほとんどです。近年は、エコーの技術の発達によって、かなりの確率で分かるようになってきました。

しかし、エコー検査はあくまでも胎児が順調に発育しているかどうかを見るためのものです。

先天異常を見つけるためのものではありませんので、気になる場合は、自ら尋ねてみることも必要です。


口唇口蓋裂の治療

口唇口蓋裂の治療は、出産直後から大人になるまで、長期間の治療が必要です。

二次的な障害として中耳炎や扁桃炎をおこしたり、うまく発音が出来ないなどの症状もあらわれますので、口腔外科、矯正歯科、小児歯科、耳鼻咽喉科、小児科、言語治療科、一般歯科など、多岐にわたっての治療が必要になります。

口唇口蓋裂の場合、おっぱいやミルクがうまく飲めなかったりしますので、出産後すぐは母親指導や哺乳指導が行われます。

その後、口唇裂では何回か縫合手術をして少しづつ唇をつなげ、必要に応じて形成術、修正手術を行なっていきます。

治療をしっかり続けることで、見た目には分からないぐらいに回復させることも可能です。

口蓋裂の場合は言葉を覚え始めるころ、1歳半から2歳ぐらいに口蓋の形成術を行ないますが、手術後は正しい発音が出来るように、言語治療が必要な場合もあります。

エコー検査による妊婦検診で、出産前に口唇口蓋裂の発症がわかるようになってきました。

出産前にわが子の先天異常がわかるとショックを受け、不安に思うお母さんもいらっしゃるかと思います。

長期間にわたる治療に向けてしっかり準備する期間と捉えて、口唇口蓋裂に向き合っていってほしいと思います。

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存