一度感染すると完治不能!?親から子へうつるヘルペス性口内炎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

kounaienn-uturu

日本人の7~8割がウイルスをもっていると言われる単純ヘルペスウイルス。

疲れや免疫力が落ちると、細胞内に隠れたウイルスが暴れだし、大人では唇や口腔内に潰瘍や 口内炎 をつくるウイルスです。

一度感染すると体内から排除はできないと言われています。

親から子へ うつる ヘルペス性口内炎、防ぐことはできないのでしょうか?


うつる口内炎とうつらない口内炎

口内炎には様々な種類があります。

  • 傷に細菌が入り込みできるアフタ性口内炎

  • カンジダ菌(口腔内常駐菌)によるカンジタ性口内炎

  • 単純ヘルペスⅠ型によるヘルペス性口内炎

この3種類が主に発症しやすい口内炎です。

アフタ性口内炎とカンジダ性口内炎は人から人へうつるものではないのに対し、ヘルペス口内炎は発症者の唾液からうつります。

どの種類の口内炎にせよ、口内炎ができたら子供との接触の際は気を付けたほうがよいでしょう。


ヘルペス性口内炎とは

単純ヘルペスⅠ型というウイルスが原因の感染症です。幼少期に親から子へうつりやすく、一度菌保有者になると、一生細胞内に潜み続け、免疫力や体力が低下した時に症状がでる厄介なウイルスです。

初期感染

ヘルペス性口内炎になっている人の唾液から感染します。潜伏期間2~7日を経た後にあらゆる症状が出てきます。

症状

特に初感染時や幼少期の発症は症状がきつく現れます。

  • 喉の痛み

  • 2~5日間の高熱

  • 高熱がしばらく続いた後に口腔内の腫れや水泡が現れる

  • 水疱が破れ口内炎になる
腫れや口内炎ができる場所

喉、歯肉、唇、唇のわき、舌などに現れます。まれに唇の外側にも広がる場合もあります。

喉だけに症状が出た場合は、ヘルパンギーナとの診断が難しいようですが、季節や熱の期間などから判断されることが多いようです。

痛み

水疱が破れるとピリピリした痛みを伴います。また、歯茎が腫れ上がり、破れた水泡が口内炎になると、食事がとれないほどの痛みになります。無理な食事は、腫れた歯茎を刺激します。出血やさらなる炎症を招くため、柔らかく食べやすい物を用意しましょう。

診断

症状が治まるまで1週間~2週間程度かかります。

特徴は発熱後の口腔内の荒れです。したがって、口腔内の症状がでていない発熱時に病院で診察を受けても、風邪との見極めが難しいため、近親者にヘルペス性口内炎発症者がいたかがカギになります。


治療法

抗ヘルペスウィルス薬を服用すれば、2~3日で治ります。できる限り早く飲ませてあげることができれば、症状が悪化する前に治せます。

  • 近親者にヘルペス性口内炎を発症していた人がいた

  • 高熱後の口腔内の腫れや水泡

このような状況であれば、単純ヘルペスウイルス感染が濃厚だと診断されます。お子さんの症状に注意し、医師に伝えられるようにしましょう。

また痛みや熱に対しても、頓服を処方してもらえます。痛みで食事がとれない場合は頓服を服用し、お薬が効いている間に飲食するようにしましょう。


子供にうつさないために

まずは親が注意深く配慮することが大切です。そして、おじいちゃんやおばあちゃんの理解を得られるようにしましょう。さらにヘルペス性口内炎を発症している人との接触を注意する必要があります。

キスはもってのほかですが、普段から食器の使いまわしなどはしないよう習慣づけるのもいいかもしれません。見落としがちなのはタオルからの感染です。発症した人が歯磨き後に使ったタオル、お風呂上がりのバスタオルなどからも感染します。

また、ヘルペスに限らずですが、親自身が再発しないためにも、普段からストレスや疲れをためないように睡眠や休養をとる事を心がける必要があります。


今回のまとめ

一度感染すると完治不能!?親から子へうつるヘルペス性口内炎
うつる口内炎とうつらない口内炎
ヘルペス性口内炎とは
治療法
子供にうつさないために

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存