子供がかかりやすい口内炎の原因と治療法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

kounaienn

誰もが経験のある 口内炎。治るまでの痛みは大人でもストレスを感じるものです。

痛みに敏感な子供なら、食事や歯磨きを嫌がるのは仕方がありません。ちゃんと食べて歯磨きしないと治らないよ~ってついつい言いたくなりますよね。

でも大人の口内炎とは少し原因が違う子供の口内炎。ウイルスが原因かも?

免疫力の低下や疲労による「アフタ性口内炎」

大人がよくなる口内炎はアフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)です。
特定の細菌やウイルスが原因ではなく以下の事が原因とされています。

  • 偏った食事

  • 睡眠不足

  • ストレス

  • 口内環境の悪化による様々な細菌やウイルスによるもの

アフタ性口内炎にかかると、口内炎の周囲が赤く縁どられた白い潰瘍ができます。

アフタ性口内炎のできやすい箇所は主に

  • ほおの内側

  • 歯ぐき

小さなものが数個群がってできることもあります。

子供もアフタ性口内炎になることもありますが、10日前後で自然と治ってしまい、範囲も広くないのであまり心配はいりません。


ウイルスや細菌感染による「ウイルス性口内炎」

「ヘルペス性口内炎(口唇へルペス)」

単純ヘルペスウイルスに感染することで発症するウイルス性口内炎の一種です。口唇ヘルペスを発症している成人との接触によって感染します。

特に生後6か月以降の乳幼児に発症することが多く、急に39℃近くの高熱を出した後に口内炎が現れ激しい痛みを訴えます。

乳幼児の場合は症状を泣いて訴えたり母乳の飲み方が減ったりするので日常の変化を見逃さないようにしてあげることも大切です。

ヘルパンギーナ

コクサッキーウイルス群、エンテロウイルス群などウイルスが悪さをする原因となり発症する夏風邪の代表です。

飛沫感染、接触感染、糞口感染(糞便によって排出されたウイルスが新たに口を通して感染すること)により感染します。

突然の39℃近くの高熱に加え、上あごの粘膜やのどの奥に口内炎ができ、喉に激しい痛みを訴えます。
高熱が出ると大変重篤な状態になることがありますので早めにかかりつけの医師に受診することをお勧めします。

手足口病

ヘルパンギーナと同じコクサッキーウイルス群やエンテロウイルス群と言ったウイルスが原因となり発症します。

感染経路も飛沫感染、接触感染、糞口感染とヘルパンギーナと同じです。熱は37~38℃程度で発熱しないこともあります。

口内炎に加え手や足にも発疹が現れます。

学校や保育施設でうつることも多いいのでお子様が小さい場合は施設の先生に今の流行の病気は何かを聞いて同じ様な症状であればかかりつけの病院に受診しましょう。


物理的刺激による「カタル性口内炎」

口の中で起こる物理的な傷によりひきおこされ、入れ歯の装着や矯正器具との接触での傷、噛んだ時や火傷による傷、子供の場合は指しゃぶりやおもちゃを口に入れることで、細菌の繁殖や炎症が原因となり起こる口内炎です。

口の粘膜に赤い斑点状の炎症が起こります。

潰瘍ができるわけではないので、痛みは強くないと言われていますが、味覚が鈍ったり、唾液が増え口臭が発生したり、口の中が熱く感じたりすることもありますが子供の場合は症状を訴えることが難しいので良く観察して早期に見つけてあげることが大切です。

治療法は、物理的原因を取り除く必要があります。矯正器具などを使用している場合は歯医者さんに相談しましょう。


口内炎の治療法

ウイルス性口内炎は病院へ

ウイルス性口内炎の特徴は水疱から潰瘍になることです。アフタ性口内炎に比べて範囲が広く複数個所でき、激しい痛みを伴います。

口内炎の症状が現れた時、発熱・発疹・喉の腫れなどの症状があれば医療機関を受診しましょう。

ヘルパンギーナや手足口病は抗ウイルス薬がなく対処療法が中心となりますが、ヘルペス性の場合は抗ヘルペスウィルス剤を幹部に塗ることで早期治療が期待できます。

アフタ性口内炎やカタル性口内炎など症状が広範囲に及ばない時は、しみたりイガイガするのが嫌な子供さんもいると思いますが塩水やイソジンでうがいをし、口の中を清潔に保つよう心がけましょう。

嫌がる時は家族みんなで一緒にすることで楽しいことなんだよと思わせるようにうがいをするなどの工夫をすると子供も警戒心を解きやすくなると思いますよ。


口内炎の食事

口内炎の痛みのピークは2・3日です。

その間はおもゆ・うどん・プリン・ゼリー・アイスクリームなど柔らかく刺激の少ない物が食べやすいでしょう。

口に入れる量を少なくしたり、ストローやレンゲを使うと食べやすくなります。

塩分が多い食べ物や熱い物は幹部に刺激を伴うので薄めたり、冷ましてから食べさすようにすると子供も嫌がらず食べられます。

痛みがひどく水分も摂れない時は、脱水症状になる危険があるので必ずかかりつけの医療機関を受診しましょう。


今回のまとめ

子供がかかりやすい口内炎の原因と治療法
免疫力の低下や疲労による「アフタ性口内炎」
ウイルスや細菌感染による「ウイルス性口内炎」
物理的刺激による「カタル性口内炎」
口内炎の治療法
口内炎の食事

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存