「骨が痛い」は成長痛!?その症状「骨肉腫」かもしれません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

「骨が痛い」は成長痛!?その症状「骨肉腫」かもしれません

406863

子どもがときどき「関節が痛い」「骨が痛い」といった表現をすることがありますよね。

伸び盛り・育ち盛りの子どもの言うことですから、「成長痛か、運動でちょっと痛めただけよ」と片付けることが大半かと思います。

しかし、ときには大きな病気のシグナルかもしれません。

今回は、骨の痛みから始まる厄介な病気「骨肉腫」の 症状 についてお伝えします。


骨肉腫って何? その怖さとは

骨にできる悪性腫瘍(ガン)のことを「骨肉腫」といいます。

骨を作り出す細胞がガン化し、変異してしまった造骨細胞が骨(腫瘍)を作り出します。

「骨肉腫」の怖いところはその進行スピードにあります。腫瘍の成長や転移のスピードは人それぞれで違いますが、治療せずにいると、2~4週間程度で腫瘍が2倍近くになる事まであります。

また、転移するケースが多いのも特徴の一つです。

肺に転移することが一番多く、他にも肝臓・骨・リンパ節など全身に転移する危険があります。

転移が見られるのは発症から2年以内がほとんどと言われています。

そして、なにより怖いのが、「骨肉腫」発症年齢の低さ。

新規で骨肉腫と判断されるのは国内で約200人と、稀な病気ではありますが、その発症患者の約75%は10~20歳代の成長期にある世代と言われています。


子どもの「痛み」には理由があります

骨肉腫の主な初期症状は「痛み」くらいしかないと言われています。

しかもかすかな骨の痛み…。

成長期なら誰しも少なからず経験する骨の痛みや違和感。

部活動をしていたり、急激に身長が伸びている時期でしたら、子どもが訴えてもスルーしてしまうでしょうし、ちょっとした痛みならシップを貼って、気休めすることもあると思います。

骨の痛みから、骨肉腫を予測する親御さんはなかなかいらっしゃらないはずです。

骨肉腫は、進行が早いため早期発見が不可欠ですが、この初期症状の薄さが発見を遅れてしまうのは、やむを得ないかもしれません。

骨の痛みのほかにはこんな症状があります

症状に合致するものがないかチェックしてみてください。

  • 腫れ
  • 痛みがある部位が熱を帯びている
  • 関節が曲がりにくい
  • 運動時以外の日常でも痛みがあり、日増しに強くなる
  • 骨折しやすい
  • 我慢できる鈍痛が続く
  • 血液検査の異常

主な発症部位は、膝・肩・肘などの四肢の関節に現れやすく、体幹には稀にしか現れません。

子どもを骨肉腫の脅威から守るためには、いち早く病気のシグナルに気づいてあげる必要があります。

「痛み」は体から発せられる何らかの警報です。

その度合いはあるにせよ、成長期の子どもたちにおける「痛み」は大きな意味を持っている場合があります。

必要以上に反応することはありませんが、痛みの強さや継続期間などに注意し、気になるなと思ったら、迷わず診療を受けることをお勧めします。

「骨肉腫」が見つかるのは、関節のちょっとした痛みで診察に訪れた時だった、なんてこともよくある話です。骨肉腫に限らず、痛みの放置は危険です。

子どもが「痛い!」と訴えてきたときには注意してあげましょう。

レントゲンで判明しない場合もあるのでMRIやCTを撮ることも選択してください。


骨肉腫って治らないの? いいえ、必ずしもそうではありません

ひと昔前までは1~2年しか持たない不治の病と言われ、発症した四肢は切断を余儀なくされていた「骨肉腫」。

原因もまだ解明されていませんし、今なお難しい病であることには変わりません。

しかしながら、医療の発展で不治の病ではなくなってきました。

骨肉腫治療の基本は、患部を除去する外科治療ですが、抗がん剤治療などと組み合わせての治療と、人工骨や骨移植などの再建技術で、四肢を温存したままの治癒も可能となっています。

切断を余儀なくされた場合でも、義肢のレベルは日常生活に支障がないほどに進歩しています。

ですが抗がん剤は副作用が強いものもあり免疫力も大幅に落ちる事があります。

免疫力の落ちた体には少しの感染症も命取りになってしまいます。

看病にあたる親御さんも病院を訪れる友人、知人も十二分に注意が必要となります。

「骨肉腫」は楽観視できるような病気ではありませんが、戦うことのできる病気です。

病気だけでなく不安、抗がん剤の副作用や検査、環境とも戦うお子さん自身はもちろん、親御さんの諦めない前向きな気持ちこそが、治療の大きな支えになるはずです。

どうか、一日でも早い回復を願っております。


まとめ

「骨が痛い」は成長痛!?その症状「骨肉腫」かもしれません
骨肉腫って何? その怖さとは
子どもの「痛み」には理由があります
骨肉腫って治らないの? いいえ、必ずしもそうではありません

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存