コンタクトで目が乾くなどのリスクにはどんな目薬がよいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

portrait

スポーツに励むお子さんに コンタクトレンズ を使わせたいと考える親御さんもいらっしゃるかと思います。

小学生でもバスケットボールやサッカー、柔道などに励んでいるお子さんの視力が落ちてしまえば、メガネではなくコンタクトレンズの方が危なくないし、メガネより視野も広くなるため、早いうちから使わせたいと思われることもあるでしょう。

コンタクトを使うと確かにメガネより視野が広いし、体操や格闘技系の運動は、メガネをかけてするのは不可能です。

でもコンタクトにはリスクもあります。

それは 目が乾きやすい こと、傷が付きやすいこと。

場合によってはドライアイという目の病気になることもあります。

そもそもコンタクトは何歳ぐらいから使用することが出来るのでしょうか。

注意すべき点はどんなことがあるのでしょう。

目が乾いたら 目薬 をさせば問題ないのでしょうか。


いつ頃からコンタクトレンズデビュー?

コンタクトレンズは特に使用年齢の制限が決められてはいません。

しかし、コンタクトの装着に関してしっかり自分で管理できる年ごろまで、コンタクトの使用は控えた方がよいのではないでしょうか。

親御さんがしっかり管理できるというのだったらその限りではありませんが、いつも子供と一緒にいるわけではありません。

レンズがずれたり痛くなったりというトラブルにもなります。

自分でしっかり対処できるお子さんであれば、コンタクトデビューしても問題がないかもしれません。

一般的には中学生や高校生ごろがデビューの時期ではないでしょうか。


なぜ小さいお子さんにコンタクトは勧められないか

様々な理由で小学生でもコンタクトをするお子さんはいます。ですが、コンタクトにはリスクがあることをちゃんと理解し、保護者の指導のもと、正しい使い方を守ってほしいと思います。

自分できちんと管理できないと、ついついコンタクトの装着時間が長くなったり、テレビやゲーム、パソコンなど、瞬きを忘れてしまうほど熱中する状況になって、目が乾いてしまうこともあります。

コンタクトをつけていると目が乾きやすくなり、目の表面に傷がつくなどドライアイの症状があらわることもあります。

それだけではなく、幼いころからコンタクトを使用すると、数が決まっている角膜内皮細胞の死滅を進める原因となります。

角膜内皮細胞は目にとって非常に大切な細胞で、黒目の一番奥の細胞です。年齢とともに少しづつ減り、再生はしない細胞です。

コンタクトを長くつけていると角膜内皮細胞の減少が進みます。

こうしたリスクがあるため、ちゃんと使用方法を守れる年齢になるまで、コンタクトの使用はお勧めできないのです。

それでもどうしても必要な場合は、眼科医に相談するようにしましょう。


目が乾いてきたら目薬は有効?

コンタクトを使うと目は乾きやすくなります。コンタクトをしていなくても、現代社会では、パソコン、携帯、ゲーム等、子供が瞬きもせずついつい集中して目が乾いてしまうような環境は、身の回りにたくさんあります。

日常的にエアコンを使用しても目は乾燥してしまいます。

目の乾燥は、子供はなかなか自覚できず、知らず知らずのうちに眼球が傷つくなど悪化することもありますので、周りの大人が注意することが必要です。

瞬きが多くなったり、目をこすることが多くなったり、充血しているのも目が乾いているためかもしれません。

念のため眼科を受診しましょう。

コンタクトをしていると目は乾燥しやすいので、コンタクト装着時には意識的に瞬きをするようにお子さんに声がけして下さい。

目薬をさすのも有効ですが、市販薬ですと、中にはコンタクトと相性の悪い目薬もあります。

「コンタクトレンズ対応」と明記されているものを選ぶようにします。

市販薬の多くは、処方薬に比べ、濃い濃度の防腐剤が含まれています。

目が乾いていると、涙で薬を薄めることができず、防腐剤が濃いままで、一日に何回も目に点眼することになります。

防腐剤は、目薬を長時間安全に使うために必要なものですが、濃度が高いままだと角膜に傷をつけてしまう恐れもあるので、防腐剤の使われていない目薬、人工涙液タイプのものを使うことがお勧めです。


まとめ

コンタクトで目が乾くなどのリスクにはどんな目薬がよいの?
いつ頃からコンタクトレンズデビュー?
なぜ小さいお子さんにコンタクトは勧められないか
目が乾いてきたら目薬は有効?

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存