子供の体調変化は便の色でも分かる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

子どもの便の色 には食べた者によって多少違ってきます。

しかし、食べ物以外で便の色が普通と違う場合があり、こういった時は注意が必要です。

それでは、子どもの排便と便の色についてご説明しましょう。


子供の体調変化は便の色でも分かる!

子どもの便の状態と色で病気が分かる?

特に小さい子どもの場合、ママやパパがおむつを替える機会があるので普段の便とちょっと違いがあると心配になると思います。

気を付けて早めに病院に行って受診をしなければならない便の色と状態とはどういったものでしょうか。

赤ちゃんの便の色について

・黄色(おうどいろ)

・茶褐色

・緑色(黄緑)

については健康な赤ちゃんの便の色です。

離乳食が始まる前などは胆汁の色がそのままうんちの色となると黄色のような色になります。

また緑っぽい色でうんちが酸化すると緑色になります。

そして臭いもすこし甘酸っぱいに臭いがします。

赤ちゃんの便の色で注意が必要なものは赤、黒、灰色、白になります。

ただし、離乳食などで赤いものでも健康な状態です。

また、黒っぽいうんちでも生まれてすぐの時のうんちの胎便はママのお腹の中でいた時の栄養分のカスが出て黒っぽいのですがこちらも健康な状態です。

赤色でジャムのような便の場合は腸重積(ちょうじゅうせき)やウイルス性の胃腸炎そして血液が混じるものでは切れ痔といった場合があります。

黒いうんちの場合は体の上の方からの出血の場合は胃散などと混じって黒いタール状の

ものになることがあります。

白っぽいうんちとしてはお腹風邪のロタウイルスにかかっている時があります。

また肝臓から出る胆汁が混じらない先天性胆道閉鎖症(せんてんせいたんどうへいさしょう)白っぽいうんちとなります。

この場合は生後2~1か月ことに見られは速やかに受診の必要があります。

それ以外にも消化不良などで乳成分の脂肪分が混ざるといったことがあります。

赤ちゃんの便の色以外でも様子を見て(腹痛などの痛みで泣いていないか、熱はあるか)などで総合的に判断することが大切です。

※腸重積→腸と腸が重なって、腸閉塞になっている状態。血液便以外の症状として強い腹痛と嘔吐があります。

速やかに受診をして手術などの処置を行う必要があります。

※先天性胆道閉鎖症→生まれつき胆管が詰まっている状態。

肝臓に胆汁が溜まると肝硬変状態になる可能性が高く早い対応が必要とされます。

治療については胆汁の出ている状態を調べて手術を行います。

手術後も合併症などの配慮が必要とされます。

http://www.unicharm.co.jp/moony/ikuji/oshiri/unchi03.html

ユニ・チャーム

※うんちの色

https://www.med.or.jp/clinic/sick_ben.html

※日本医師会 

便の色がおかしい時

http://www.jsps.gr.jp/general/disease/hbp/gpt57x

日本小児外科学会

※先天性胆道閉鎖症


赤ちゃん以外の子ども便のについて

赤ちゃん以外の子どもについても、赤ちゃんと同様で、便の色以外の変化(腹痛や発熱)などの状態を見ることは大切になります。

便の色についても、赤、黒、白といったものであれば早急に受診が必要となる状態が高くなります。

赤ちゃんの時期よりも子どもが自分で痛みなどがあれば訴えることができるので判断はしやすくなってくると思います。

便の色の異常での受診の時の注意点とは?

赤ちゃんの場合、便の色がおかしいと思った時におむつについている状態を受診の時にビニール袋に入れて持参するとより判断が付きやすいと思われます。

子どもの場合、以上の便を持参するといったことが難しいので症状を説明して検査を行うこえとになるでしょう。


おわりに

初めての子どもで赤ちゃんの時は特に新米ママにとっては心配ごとの連続かもしれません。

ちょっと普段と様子が違うと思ったら、早めにかかりつけ医師に相談することで不安も解消できます。

普段から気軽に相談できるかかりつけ医師をみつけおくと良いでしょう。

また便の色以外にも他に症状などを見て受診をすること病気を早く治すことができるかもしれませんね。

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存