子供が腰痛を訴える!かくれた病気が原因の場合も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

腰が痛いというと年配の方の話かと思うかもしれませんが、子供 にも 腰痛 は起こります。

時には重大な 病気 が隠されている事もあり、注意が必要です。


子供が腰痛を訴える!かくれた病気が原因の場合も

腰の仕組みと腰痛の仕組み

腰痛は大人だけではなく、子供にもおきる症状です。

腰は、体を曲げたりねじったり、上半身を支えるなど、体の重要な役割を担っています。

その分、負担がかかる場所でもあります。

腰は脊椎(背骨)の一部です。脊椎は複数の椎骨と呼ばれる骨で出来ていて、堆骨と堆骨の間には、柔らかい椎間板が挟まっており、クッションの役割をはたしています。

この柔らかい椎間板が、脊椎にかかる負担を吸収、分散してくれています。

脊椎は全体的にゆるやかなS字カーブを描いており、前後左右、体を柔軟に曲げたり伸ばしたり、様々な動きをすることができます。

その反面、歪みにつながることがあり、脊椎がゆがむと、体のバランスが保てず、腰などに負担がかかり、腰痛を発症する可能性が高くなるのです。

脊椎の一部を占める腰椎自体に異常が起こるだけでなく、堆骨と堆骨の間の椎間板が飛び出し、周りにある神経を圧迫することでも腰痛は起こります。


子供の腰痛 筋肉の使い過ぎオーバーユース

腰痛など子供には無縁のことと思いがちですが、子供にも腰痛は起こります。

しかも近年は増加傾向とか。

子供の場合、どんなことが原因となって腰痛が起きるのでしょうか。

スポーツ少年団や部活動で、子供たちは日々トレーニングに頑張っています。

しかし、筋肉を使い過ぎると、筋膜が炎症をおこし、筋性腰痛症になることがあります。

いわゆるオーバーユース、筋肉の使い過ぎです。

さらに子供の体は成長途上で、まだまだ骨が丈夫ではありません。

激しい運動による体への負担が蓄積すると、疲労骨折をおこしたり、椎間板ヘルニアや腰椎分離症、すべり症などを発症することもあります。


子供の腰痛 筋力低下と姿勢の悪さ

子供たちを取り囲む環境は変わってきています。

昔のように外遊びをする子供は少なくなってきました。

外で安心して遊べる場所が少なくなっている事もありますが、室内でゲームをしたり塾で勉強したりと机に向かう時間が増えている傾向にあります。

外遊びをする時間が少ないことで、体力や筋力も低下し、さらにゲームや勉強をする姿勢が猫背になりがちなため、腰への負担が増加していると言えます。

そのため腰痛をおこすことがあるのです。


子供の腰痛 体重増加による腰への負担

腰は体全体の体重を支えています。さらに体重が重くなれば重くなるほど、腰への負担が大きくなります。

標準体重をオーバーすれば、腰への負担がさらに大きくなり、腰痛をおこしやすくなります。

しかもお腹周りに脂肪がついてお腹が前にせり出してくると、よい姿勢を保てなくなり、ますます腰に負担がかかります。

体重増加、肥満は腰痛をおこす原因となります。


子供の腰痛 病気が原因でおきる腰痛

他の病気の発症により腰痛を訴えることがあります。

脊柱側わん症

脊柱(背骨)が側面に曲がったりねじれたりするのが脊柱側わん症です。

発症の時期や原因は様々ですが、軽度の場合、痛みも少なく、本人も気づきにくいです。

しかし、側わんがひどくなると歪みが強くなり、腰への負担が大きくなり、腰痛を訴えることがあります。

それだけではなく、呼吸器や循環器に影響し、機能が著しく低下するなど、生活に支障をきたすこともあるので、注意が必要です。

白血病

白血病は血液の病気ですが、初期症状の際に骨や関節に痛みが出ることがあります。

これまで全く痛くなかったのに、急に腰に痛みを感じた場合は白血病の可能性もあるということを頭の中に入れておいてほしいと思います。

腎臓など、内臓の病気

腰自体に問題がなくとも、腎臓など腰に近い内臓に異常があると、腰が痛いと感じることがあります。

安静にしていても腰が痛いと訴えるときは、内臓に問題があるかもしれません。

念のため、医療機関を受診しましょう。

子供の腰痛といえども、生活習慣や姿勢を注意すれば良くなるようなケースばかりではありません。

腰痛の原因を自分で判断するのは難しいことです。

念のため、医療機関を受診する方がよいと思います。

腰痛の原因の多くは整形外科の領域になりますので、まずは整形外科を受診し、必要に応じて他の専門医を紹介してもらうようにすればよいのではないでしょうか。

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存