しみ対策は子供のころから!しっかりケアしてシミを残さない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

kodomosimikea

太陽の下で元気よく遊んで、真黒に日焼けしている子供たち。

健康そうですね。

大人になると、しみ やそばかすが気になって、無防備な状態で紫外線を受けるようなことは極力避けるようにします。

子供 のように、何も気にせずに戸外に飛び出して活動するという気には、なかなかなれません。

でも、ちょっと待って下さい。

子供の肌の構造は、大人の肌の構造とは変わりありません。

日焼けもすれば、しみやそばかすが出来ることだってあるはずです。

子供にもしみやそばかす対策で、きちんと ケア をしてあげる必要があるのではないでしょうか。


しみ対策は子供のころから!しっかりケアしてシミを残さない!

しみの原因

多くのしみの原因はメラニンです。

メラニンは、紫外線が肌に与える悪影響を避けるために傘の役目となって、紫外線を防ぐという働きがあります。

紫外線を受けることで、メラニンが過剰に創り出されますが、時間がたつとともに、肌のターンオーバー、いわゆる新陳代謝によって、肌の表面からはがれおち、自然と外へ排出されます。

しかし、ターンオーバー(新陳代謝)がうまくいかないと、色素が肌の奥に残り、しみやそばかすになってしまうのです。

肌の奥に残った色素が隠れしみとなり、大人になってから表面に出てくる場合もあります。

また、たとえうまくターンオーバー出来てしみが残らないとしても、紫外線を浴び続けることは、肌にはよくありません。

子供のころからしっかりとしみ対策をすることは大事です。


子供のうちからできるしみ対策

日焼けをしないようにするためには

しみの原因の多くは紫外線です。日焼け止めを使って紫外線を過剰に浴びないようにしてあげて下さい。

子供用の日焼け止めもありますが、大人用の日焼け止めに比べ、肌には優しいのですが効き目は弱いので、こまめに塗る必要があります。

帽子は日焼け対策には欠かせません。

後ろにつばのある帽子もあるので、そういったものを利用して紫外線から子供の肌を守りましょう。

日焼け止めを使ったあと

日焼け止めを使った後は丁寧にあらってあげて下さい。

つけたままにしていると、肌の代謝が悪くなると考えられます。

そのままにしておいて、かえってしみやそばかすが消えにくくなることも考えられるので、きれいに洗い流してあげましょう。

日焼けした後に

いくら日焼け対策をしても、まったく日焼けしない、紫外線に当たらないようにするのは難しいことです。

外遊びなどで日焼けしてしまった後は、きちんとケアしてあげましょう。日焼けはやけどと同じです。

まずは冷やしてあげます。

ただし、保冷剤や氷などを直接肌にあてるようなことはしてはいけません。

刺激が強すぎて悪化する場合があります。何かに包んでから冷やしてあげるとよいでしょう。

冷やした後は保湿です。

日焼けした肌は炎症を起こし、水分が逃げていきます。

乾燥するとかゆみなどが出てきますので、刺激の少ない保湿剤をつけてあげるとよいでしょう。


紫外線に当たらないようにするのがベスト?

これまで、紫外線が肌に与える悪影響について述べてきました。

確かに紫外線は日焼けをおこし、しみやそばかすの原因になるだけでなく、皮膚がんや白内障、紫外線アレルギーをおこしたり、髪の毛や頭皮にもダメージを与えます。

すっかり悪者ですが、だからと言って、紫外線にまったく当たらなければ健康かというと、そうではありません。

紫外線は体内でビタミンDをつくりだす働きや殺菌効果もあります。

日光を浴びると気持ちがリフレッシュし、体内時計を正常に働かせる効果もあります。

紫外線は浴びすぎては悪影響をあたえますが、決して悪ものではないのです。


それでもしみができたら

色々注意してもしみが出来てしまったら、使っている日焼け止めが子供の肌に合っていないということも考えられます。

気になるしみがある時は、一度皮膚科を受診してみるようにして下さい。

まれですが、怖い病気が隠れている事もありますので、いつか消えるだろうと決めつけずに、様子を見て、医療機関の受診も考えるようにしてほしいと思います。


まとめ

しみ対策は子供のころから!しっかりケアしてシミを残さない!
しみの原因
子供のうちからできるしみ対策
紫外線に当たらないようにするのがベスト?
それでもしみができたら

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存