症状別で見る!子供がかかりやすい病気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

症状別で見る!子供がかかりやすい病気

kodomo-kakariysuibyouki

成長途中の 子供 は何かと病気にかかりがち。

そこで、子供が かかりやすい病気 を症状別に紹介します。

いざ病気になってしまったときに知っておくと安心ですよね。


熱がある

子供に多い病気の多くは発熱を伴います。

とくに感染症では高熱が続く場合があるので注意が必要です。

発熱を伴う代表的な病気には以下のようなものがあります。

インフルエンザ

非常に高い熱が出るウイルス感染症です。

高熱に伴い、頭痛、嘔吐、関節痛などを引き起こします。

冬に流行し、子供も大人も関係なくかかる、感染力の高い病気です。

予防接種などもありますので、心配な方は流行の季節が来る前に受けておくと安心ですね。

アデノウイルス

俗にプール熱と呼ばれる、夏に流行するウイルス感染症です。

扁桃腺が腫れて高熱が4~5日続くことがあります。

合併症として、結膜炎や重症の場合肺炎を引き起こす場合もあります。

プールの中でウイルスに感染するので夏に流行しがちですが、一年を通してかかる可能性があるので注意が必要です。

川崎病

高熱が続き、目が赤くなったり、唇や手足、リンパの腫れが見られます。

全身の血管に炎症が起こり、重症化すると動脈瘤が出来てしまうこともある危険な病気です。原因はわかっておらず、治療には1~3週間の入院を要します。

熱中症

熱中症は大人でもなりますが、ベビーカーに乗せている乳幼児や背の低い子供は、地面に身体が近いので、照り返しによる熱で熱中症になりやすいです。

また、子供は意識的に水分補給をすることが少ないので、脱水症状も引き起こしやすいので、高温多湿の環境にいる際は、こまめな水分補給を促すようにしましょう。

熱中症は重症化すると命に関わることもあります。

暑いはずなのに、汗をあまりかいていなかったり、息が荒い、脈が速いなどの症状が見られたら、熱中症になっている可能性があります。


発疹が出来る

子供に多い病気で、特徴的なのが、発疹を伴う病気です。

免疫力の低い子供は発疹を引き起こすウイルスなどに感染しやすいので注意が必要です。

代表的なものに次のようなものがあります。

突発性発疹

2歳頃までの子供のほとんどが一度はかかると言われている病気です。

38~39度の高熱が3日ほど続き、熱が引いた後、背中や胸などにあせもに似た赤い発疹が出来ます。

ウイルスが原因の病気ですが、感染力は弱く流行することは少ないです。

しかし、熱がある間は感染力があるので、家庭内などでうつってしまわないよう注意が必要です。

基本的には、自然治癒しますが、稀に重症化することがあるので、発疹がなかなか治らないようであれば専門医に診てもらいましょう。

水疱瘡

痒みを伴う水疱が全身に出来る病気です。

症状が軽い場合は熱は出ませんが、重症の場合は高熱を伴うことがあります。

感染力が強いので、水疱がかさぶた状になるまでは外出は禁物です。

一般的に、アトピーや皮膚の弱いお子さんは感染しやすいと言われているので、予防接種を受けておくと良いかもしれません。

手足口病

手、足、口の中に発疹が出来る病気です。

発疹が身体の表面だけでなく、口の中にも出来る点が特徴的です。

水疱瘡同様、感染力が強いため、保育園、幼稚園などで流行したら、注意が必要です。

口の中に発疹が出来るため、食べることを嫌がる子供が多いので、病中は飲み物や流動食など、食べ物にも工夫が必要かもしれません。


下痢や嘔吐

下痢や嘔吐といった症状は、主にウイルスや細菌が身体の中に侵入してしまった際に起こる症状です。

下痢や嘔吐を伴う病気は、感染力の強いものが多く、また、吐しゃ物から二次感染するケースが多いため注意が必要です。

上記に挙げた感染症の中にも嘔吐や下痢を伴うものがありますが、とくに下痢や嘔吐の症状が著しい病気には次のようなものがあります。

ノロウイルス

ノロウイルスに感染すると、微熱が出た後、激しい嘔吐や下痢の症状が起こります。

冬に流行する感染症で、非常に感染力が高いため、大人も注意が必要です。

ノロウイルスは、嘔吐物からの二次感染が多いと言われているため、子供が嘔吐してしまった際は、適切な処理や消毒が大切です。

ロタウイルス

ノロウイルス同様、冬に流行する感染症です。

症状もノロウイルスと似ていますし、大人にも感染する病気ですが、特に2歳くらいの子供に感染しやすいと言われています。

いかがでしたでしょうか?他にもまだまだ子供がかかりやすい病気はありますが、全てに共通して言えるのは、「子供は弱い」ということです。

大人よりも重症化しやすいため、合併症も引き起こしやすく、治りが遅くなることもあります。

子供に多い病気の中には、予防接種で防げるものも多いので、事前に対策しておくと良いかもしれません。


まとめ

症状別で見る!子供がかかりやすい病気
熱がある
発疹が出来る
下痢や嘔吐

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存