子どもの偏頭痛は、心の防御反応かも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

子どもの偏頭痛は、心の防御反応かも

kodomo-zutuu

近年、偏頭痛 に悩んでいる子どもが増えているのをご存じですか?

あの脈を打つような頭痛は、なんとも不快なものです。

熱はないのに頭痛だけ訴えてくると「仮病かな?」と思うこともありますが、安直に片付けるのではなく、少し子どもの心に寄り添って解決の糸口を一緒に探ってみませんか?


子どもの偏頭痛ってどんなもの?

大人の場合、ズキズキとした頭痛と吐き気やめまいなどが代表的な症状ですよね。

子どもの場合も頭痛は起きますが、いきなり始まり、短時間で収まる傾向にあります。

同時に、吐き気やおう吐、腹痛などを伴い、大人よりも腹部や消化器官にも影響が出やすいのが特徴です。

中には、光や音、においなど、五感が敏感になる子どももいるようです。

<偏頭痛が起こったら?>

無理をさせず、暗い部屋で横にさせましょう。多かれ少なかれ五感が敏感になっている状態ですので、様々な情報を一時的に遮断することが大切です。まずは、十分に身体とメンタルを休ませることを優先します。

偏頭痛の発生要因は、姿勢の悪さや食生活の乱れ、ストレスなど、子どもそれぞれで違います。原因を突き止めたい気持ちはわかりますが、「解決を急がない」ことです。

偏頭痛で苦しんでいる渦中にいる子ども自身が、原因に一番気付いていないものですから、無理に引き出そうとすることが返って悪影響になる場合もあります。

痛みを繰り返し訴えるようなら、必ず病院で受診してください。

偏頭痛の場合でも、投薬が必要なこともあります。たかが偏頭痛と楽観視せずに、治療を試みましょう。


偏頭痛を起こしやすい子どもの特徴は?

  • 乗り物酔いをする
  • 几帳面で神経質な性格
  • 肉親に偏頭痛持ちの人がいる(特に母親)
  • 運動をした後に頭痛を訴える場合がある

などがあります。

上記の特徴は特にメンタル面を起因とする偏頭痛の場合です。偏頭痛とストレスは、大きな関係性がありますが、特に子どもの場合は「学校」がストレスになっていることがあります。

本来、子どもは感情の抑揚や欲求不満などは分りやすく癇癪を起したりするものですが、うまく表に出せずにいると、身体の不調となって現れることがあります。

そういったタイプの子どもの場合、身体の不調は心の注意サインなのです。

偏頭痛以外にも、腹痛や関節痛を訴えることもありますので、子どもの小さなサインを「仮病」で片づける前に、少し気に止めてみてあげてください。

偏頭痛の原因は、ストレスだけには限りません。姿勢の悪さから来る血行不良を起因とする場合などもあります。偏頭痛を訴えたときには、日頃の姿勢も確認してみてください。


偏頭痛がわかったらどうしたらいいの?

偏頭痛対策の一番は「規則正しい生活」です。バランスのとれた食事、十分な睡眠、毎日の適度な運動の3つです。「そんなことは、子どもならあたり前」かもしれませんが、今一度見直してみましょう。

また、偏頭痛を引き起こしやすい食材として、チーズ、加工肉、チョコレート、カフェインなどがあるようです。少し注意して避けるようにしましょう。

そして、一番はストレスの要因から遠ざけること。原因が「学校」だったら通わせない、ということではありません。

うまく気持ちを出せないのなら、ゆっくり話を聞いてあげてください。

直接的な話でなくてもかまいませんし、もし、話してくれなくてもいいと思います。

ただ、いつでも、親が話を聞いてくれる姿勢であることは、子どもにとって一番の安息になるはずです。筆者自身も、学校でうまくいかない時期を長く過ごした経験があります。

母は聞き出そうともしませんでしたが、私が話す時には向き合ってくれましたし、なにより家庭が落ち着ける場所でした。

どんなに辛くても、息が抜ける場所があれば、ストレスは軽減できるものです。

偏頭痛の解決の糸口が見つけられるよう、子どもの気持ちに寄り添ってみてはいかがでしょうか?

健やかな身体から、元気な心は生まれるものなのですね。

【関連記事】

脳脊髄液減少症の治療と症状

脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)とは?交通事故やスポーツ外傷の後遺症


まとめ

子どもの偏頭痛は、心の防御反応かも
子どもの偏頭痛ってどんなもの?
偏頭痛を起こしやすい子どもの特徴は?
偏頭痛がわかったらどうしたらいいの?

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存