子供が下痢! 気をつけることは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

kodomo-geri

子供 はよく 下痢 をします。

小さい子は、腸や内臓の働きがまだ未熟だということもあって、下痢を起こしやすいのですが、原因はウイルスや細菌の他に冷え、食べ物、ストレスなど様々です。

いずれの場合でも、子供が下痢をしたときに、気をつけなければならないことは何でしょうか。

下痢の時は何を食べさせる?

 食べてはいけない物は? 

病院に行くタイミングは? 

気になることはいっぱいです。


子供の下痢の原因

子供が下痢になってしまうのは、どんなことが原因になっているのでしょうか。

下痢は、突然の腹痛とともに起こる急性下痢と、下痢の症状が長く続く慢性の下痢があります。

<急性下痢の原因>

急性下痢には、細菌性の下痢とウイルス性の下痢とがあります。

細菌性下痢は主に食中毒によっておこるものです。

ウイルス性の下痢はいわゆる「お腹の風邪」で、ノロウイルスやロタウイルスなどによる胃腸炎からおこるものです。

その他、感染とは別に冷たい食べ物をとりすぎたり、お腹の冷えからも急性の下痢をおこすことがあります。

<慢性下痢の原因>

ウイルス性下痢の後、腸の粘膜に異常を起こし、消化機能が悪くなることでだらだらと下痢が続くことがあります。

体質的に、繰り返し下痢をおこす子供もいます。

いわゆる「お腹の弱い子」です。大人には過敏性腸症候群と言われる体質がありますが、子供にも増えている傾向があるという報告があり、主な原因はストレスなど、心因性の原因が考えられます。

食物アレルギーがあることで、慢性の下痢をおこすこともあります。


子供が下痢になったなら

子供が下痢をしたとき、まずは様子をよく観察します。おう吐はないか、下痢の頻度はどれほどか、下痢の様子、便の色や状態はどうか、熱はないか、顔色やご機嫌はどうかなどをよく見ます。

急性の下痢の場合、半日ほどで回復の兆候がみられ、一般的には一週間ほどで治ります。

しかし、経過観察しているうえで、なかなか回復の兆候が見られなかったり、長引いているような時は医療機関を受診するようにします。

慢性の下痢の場合でも、長引くような場合は、一度、医療機関を受診するようにしましょう。

便の状態によっては、至急、医療機関を受診することが必要な場合もあります。

血の混じった下痢をしているような時、便の色が白色、緑色、黒色など、普段とは違っているような時、腐ったようなにおい、すっぱいにおいがするような便の場合の時なども医療機関を受診するようにします。

下痢の際には脱水が心配です。重度の脱水症状がみられるときは、至急医療機関を受診して下さい。


下痢の時、食べさせて良いもの、食べさせてはいけないもの

下痢の症状をおこしているとき、子供にどんなものを食べさせたらよいのでしょうか。

下痢を起こしているときに食べさせて良いものは、柔らかく消化の良いものです。

調理の方法も、良く加熱し、つぶしたりうらごしするなどして、胃腸に負担をかけないようにするとよいでしょう。

1歳未満の赤ちゃんが下痢の場合、母乳をあげているなら、そのまま母乳を与えてもかまいませんが、下痢がひどい場合には授乳時間を短めにし、回数を多くします。

ミルクの場合は少し薄めにしてあげるなどをし、様子を見ながら元の濃さに戻していきます。

離乳食をあげている場合は、今まで食べさせたことのないようなものを与えるのは避け、離乳の段階をひとつ前の段階に戻すようにする方が無難です。

1歳以上の子供が下痢をした場合は、便の状態に合わせた食事にします。

ポイントは便と同じ硬さの食事、です。水のような便の時は水分の多いもの、野菜スープやおもゆなどをあたえます。

柔らかめの便であれば柔らかい食べ物、おかゆやうどんを柔らかく煮たものなどでも大丈夫でしょう。

下痢の時は脱水が心配ですので、経口補水液やお茶などをとるように心がけて下さい。

一方、下痢を起こしているときは、脂っこいもの、消化の悪いもの、刺激の強いもの、冷たいものは避けるようにします。

牛乳も脂肪分が多いので、与えないようにします。

また、食物アレルギーが原因で下痢になるような場合には、アレルギーの原因と考えられる食材は省くようにします。


赤ちゃんの場合、こんな事も気をつけて

オムツをしている赤ちゃんが下痢をした時は、オムツかぶれになりがちです。

いつもよりこまめに取り替えてあげたり、おしりは洗面器などにお湯を入れて優しく洗い、柔らかいもので押さえるように水分を拭き取って乾かしてあげましょう。


まとめ

子供が下痢! 気をつけることは?
子供の下痢の原因
子供が下痢になったなら
下痢の時、食べさせて良いもの、食べさせてはいけないもの
赤ちゃんの場合、こんな事も気をつけて

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存