子供の便秘!マッサージや食べ物はどんなのがある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

kodomo-bennpi

排泄状況と言うのも子どもの健康を見る為の大切なバロメーター。

子供 の便通が悪かったり、排便時に痛みを訴えてくると親も悲しい気持ちになります。

そんな子どもの 便秘 の原因と対処法、気をつけたい病気などを詳しく紹介していきます。


子どもの便秘

まず子どもの便秘というのはそれほど珍しいことではありません。

それは子どもの便秘に起因するものの大半が病気などではなく排泄器官の発達が未熟なことによるからなのです。

ですのでほとんどの場合には排泄器官の発達とともに症状は緩和されていき小学校高学年頃には自然と便秘が治る場合が多いです。

<便秘の定義>

ウンチが長い時間排便されずに体内に残ってしまい、ウンチの中の水分が少なくなり硬くなってしまうことで排便に痛みを伴ったりして困難が生じる状態のことを言います。

慢性的に出しにくい便秘症と食事や生活環境などの急激な変化で起こる一過性のもの、子どもの発達が要因で起こるものがあります。

<心因性の便秘もある!?>

子どもにとっても排便のたびに痛みが伴うのでは安心してトイレにいこうとは思えないですね。

排便が嫌いになり、便を我慢してしまい結果として便秘が悪化してしまうこともあります。

これらの背景に心理的な要因がからんでくることもありあす。

<トイレトレーニングの時期は便秘に注意>

1歳を過ぎたころから段々とトイレトレーニングを始める家庭が増えてくると思います。

その際に排便の失敗や、便秘による排便するまでの時間の長さや痛みから泣いてしまい、子どもが辛いことを分かっていても親にも余裕がなくて叱ってしまうことがあります。

そんな経験を重ねていくと子どもはトイレ自体を嫌がったり、排便をすることに抵抗を感じてしまうことがあります。

そもそも排便や消化吸収は副交感神経が優位な場合に活性化されるようになっています。

言い換えるならば安心したリラックスした環境によって排泄が促されるということです。

子どもが安心して排便ができる環境を作るのもとても大事になります。


便秘の時の対処

子どもが便秘で苦しんでいる時の具体的な対処法について紹介していきます。

代表的なものが腸を活性化させるマッサージ、肛門への刺激、医師に相談して下剤を用いることの3つになります。

<マッサージで腸を活性化>

マッサージを行うことで腸の働きをっ外部からの刺激をもって活性化させるものです。マッサージの手順は以下をご参考ください。

  1. 臍(おへそ)を中心としてその周りを「の」の字を書くようにしてゆっくりと手でさすりマッサージをします。大事なのは直腸の進路に向かって刺激をすることなので時計回りを意識しましょう。
  2. 臍の下あたりから恥骨に向かって扇を閉じるようにゆっくりとマッサージします。腸が活性化しだしたものを更に外部からウンチを下に流してあげる様にお意識すると良いでしょう。

このマッサージ子どもが嫌がらない場合には普段からしてあげたり排便ができない時にもしてあげると良いでしょう。

子どもによっては排便ができない時にお腹をさすられたりすると痛みがある場合もあります、そうした場合には普段のスキンシップの一環としてマッサージをしてあげて、排便時には背中をさすってあげるなどして見守りましょう。

<肛門への刺激>

主に乳児になりますが排便がなかなかこない場合に肛門を刺激してあげることで排便できることがあります。

お湯で湿らした麺棒で肛門の周りを刺激してあげましょう。

<下剤を使う>

痛みがひどい場合や、便秘が慢性化してしまっている時には医師に相談して下剤を服用するという手段もあります。

下剤には2つの種類があり、便を柔らかくする為の「浸透圧性下剤」と腸を活性化させることで排便を促す「刺激性下剤」があります。医師の話を聞いて上手に使うようにしましょう。


便秘改善のマメ知識

消化器官の発達の問題ばかりは子どもの成長を待つほかありませんが、それでも日常の中で少しでも快便へと近づけることはできます。規則正しい生活や十分な運動を心がけるだけでも効果があります。また食生活から腸を活性化させたり便を柔らかくすることもできます。

<便秘に良い食材>

腸内環境を整える食材。

  • ヨーグルト
  • 納豆
  • オリゴ糖

など

食物繊維が豊富な便を柔らかくしたり正常に作り出すための食材。

  • オリーブオイル
  • ゴボウ
  • サツマイモ

など

これらの食材を日ごろから摂るようにすることで便通の改善につながります。

また不足しがちな栄養価も含まれる素材が多いので普段から意識してこれらの食材を使うと便秘以外の、食生活に関連した病気や症状を予防することもできます。


まとめ

子供の便秘!マッサージや食べ物はどんなのがある?
子どもの便秘
便秘の時の対処
便秘改善のマメ知識

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存