誰にでも起こる天候が体調に影響する気象病

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

誰にでも起こる天候が体調に影響する気象病

kisyoubyou

最近よく聞く 気象病

天気が悪い日が続くと、何となく気分も滅入ってきます。何もしたくなくなったり、出かけるのもおっくうになったり。

大人だけではなく、子供も同じように、雨続きだったりすると元気が出ない、だらだらしているようなことはないでしょうか。

それだけではありません。

低気圧や台風が近づいているときなど、体に変調を感じる人がいたり、持病が悪化する、昔の古傷が痛むというのは、経験したり耳にしたりすることです。

気象に影響を受ける体調。健康診断や血液検査をしても特に悪いところは見つからない。

それは、決して気持ちだけの問題ではなさそうです。


気象に影響を受ける体調、気象病?

季節の変わり目に体調を崩したり、天気が悪い時に頭が痛いと訴えたりと、体調が気象に影響を受けることがあります。

それは気象病かもしれません。

気象病というのは、気圧や気温の変化などによって、体調が影響を受けて起こる病気の総称です。

原因は明確ではありませんが、気象の急激な変化によって、自律神経のバランスが崩れることではないかと言われています。

症状としては頭痛、関節痛、めまい、持病の悪化、古傷の痛みなどがありますが、気象病がきっかけとなって他の病気が引き起こされることもあるので、注意が必要です。


気象病の原因から見える普段からの対策は

気象病が出やいのは、天気が悪く、気圧がさがっている時、たとえば台風の前などが代表的です。

また、季節の変わり目など、気温が急激に変化するときなどに体調を崩したり風邪を引きやすかったりするのも、気象病の一つと考えられています。

人間の体は、気圧や気温の変化が急激だと、その変化についていけない事があります。

そのため、急な気圧の低下に血管が膨張して周りの神経を刺激し、頭痛をおこしたり、血圧が下がってめまいやだるさを感じたりする場合があります。

急な気温の変化にも体がついていけずに体調不良を感じることもあるのです。

しかし、一連の気象病の原因は、自律神経の乱れにあると考えられています。

通常は活動期に働く交感神経と休息時に働く副交感神経が具合よく切りかわって、体のいろいろな働きのバランスを取っています。

急激な気圧の変化や気温の変化によって自律神経のバランスが乱れると、体の働きがうまくいかずに様々な症状としてあらわれるというのです。

普段から自律神経が乱れにくいからだを作っていくことが大切です。

規則正しい食事、充分な睡眠、適度な運動を心がけるようにしましょう。

また、エアコンの使い過ぎで、いつも快適な温度の中でばかり過ごしていては、気温の変化に柔軟に対応できる体作りはできません。

我慢のしすぎは危険ですが、冷暖房の効かせすぎはしないように気をつけることも、気象病をおこさない有効な対策となります。


子供も気象病になるの?

気象の影響を受けるのは大人に限ることではありません。

子供も気象の影響を受けることがあります。

台風などの急激な気圧の変化がある時に、頭が痛いと訴えたり、何となくぐずっていたり、学校に行きたがらずに体調不良でお休みさせたことがある親御さんもいるのではないでしょうか。

子供の場合、うまく症状を訴えられずに、親御さんには学校に行きたくないだけとか、だらけていると思われてしまいがちです。

子供の場合も、気象の影響を受けている可能性もあるということを理解して、しっかり対策を立ててほしいと思います。

台風の多い時期も気圧の変化で気象病の症状があらわれやすいですが、悪天候の続く梅雨時も気象病が起こりやすい時期です。

この時期は心も体も疲れがたまっているころです。

運動や遊び中のむち打ちや事故、新しいクラスやお友達、新しい環境の変化にストレスを感じているかもしれません。

加えて悪天候の続く時期です。

体調を崩しやすいので、気をつけてあげましょう。

事故やストレスも自律神経を乱す原因になりますので、規則正しい生活を送るとともに、家庭ではゆっくりストレスを解きほぐす場所であるように、心がけてほしいと思います。

頭痛を訴える、学校へ行きたがらないような時は、気象病による体調不良だけではなく、脳脊髄液減少症起立性調節障害などの心配事があるのかもしれません。

子供の話をよく聞いてあげるようにしましょう。


まとめ

誰にでも起こる天候が体調に影響する気象病
気象に影響を受ける体調、気象病?
気象病の原因から見える普段からの対策は
子供も気象病になるの?

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存