子どもが気管支炎!その症状と治療法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

kikansienn-syoujyou-tiryou

どのような症状が見られると 気管支炎 と診断されるのでしょうか。

気管支炎の 症状 と 治療 法をご紹介します。


気管支炎とは

気管支に炎症が見られ、咳や痰などの呼吸器症状が見られるとき、特に抹消の気管支などの下気道に炎症が見られるときに、気管支炎と総称して呼ばれています。

気管支炎には、急性気管支炎と慢性気管支炎があります。急性気管支炎の原因は、アデノウイルス、ライノウイルス、インフルエンザなどのウイルス感染やマイコプラズマや百日咳菌などの病原体です。

慢性気管支炎は、数週間~数か月に渡り、咳や痰の症状が見られる場合をいいます。

その他に、アレルギーによる気管支炎、喫煙や大気汚染による気管支炎があります。

気管支炎の多くが、ウイルス感染や細菌感染によるものなので、予防することができ、手洗い、うがい、規則正しい生活、栄養補給を心掛け、風邪を予防することで、気管支炎も予防できます。

気管支炎を起こしやすい場合、部屋が乾燥しているなら、湿度を上げるようにしてください。


症状

気管支炎の特徴として、激しい咳が続き、痰がみられます。また、風邪と併発することが多いために、発熱や鼻水、喉の痛み、食欲不振、倦怠感などが症状として現れることもあります。

乾いたような咳が見られ、次第に痰が絡んだ咳が出るようになります。風邪の症状がなくなっても、気管支の炎症は続き、咳が残るということも多いです。


治療

急性のウイルス感染症では、表面的な症状の緩和を目的とする対症療法が中心となります。

安静にしながら、温かくして栄養を十分に摂取することが大切です。

薬物療法としては、鎮咳薬、去痰薬、気管支拡張剤、抗アレルギー剤、抗菌薬を症状に合わせて使います。

気管支援によい食べ物として、ウイルスや菌の殺菌作用がある緑茶、痰を取り除いて気管支の筋肉を緩める働きがあるとされるパイナップルがあります。体を温めるためにも、お茶は温かいものを飲みましょう。パイナップルは、生で食べるほうが効果的だといわれています。

油っこい食べ物や香辛料の強い食べ物、味の濃い食べ物は、避けましょう。

新生児や乳児も気管支炎になることがあります。しかし、自分で症状を伝えることができません。子どもの体調をよく観察することが大切です。

乳幼児症状としては、ゴロゴロとした痰が絡んだ咳がみられます。

大人に比べて乳児は気管支が細いために、気管支に炎症が起こると腫れ、ゼーゼーといった喘鳴がみられます。

ある程度大きくなると、気管支炎になっても重症化しませんが、乳児が気管支炎になると、気管支が細いことや免疫力が弱いことから重症化する可能性があります。

風邪が長引いたり、喘鳴、チアノーゼがみられたり、不機嫌であったり、哺乳力や食欲の低下が見られたときには、早めに病院で受診しましょう。


まとめ

子どもが気管支炎!その症状と治療法は?
気管支炎とは
症状
治療

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存