咳がなかなか治まらない! 幼児に見られる呼吸器疾患、気管支炎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

咳がなかなか治まらない! 幼児に見られる呼吸器疾患、気管支炎

baby

なかなか治らない子供の風邪、長引く咳。

ただの風邪かと思っていたのに、病院で 気管支炎 と診断されてしまったという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

気管支炎は幼児から成人まで発症する、もっとも一般的な呼吸器感染症の一つです。とくに 幼児 は、気管支が短いため、気管支炎を発症しやすく、注意が必要です。


気管支炎とは―急性と慢性気管支炎

気管支炎は、気管支がウイルスや細菌などによって炎症を起こし、その結果、咳や痰などの呼吸器症状が引き起こされる病気を言います。

気管支は、喉と肺をつなぐ気管から左右に枝分かれした部分のことです。

この気管支に炎症がおきると、腫れたり粘液量が増えるなどして気道が狭くなり、痰の絡んだ咳が続いたり、呼吸にゼーゼー、ヒューヒューといった喘鳴(ぜんめい)を伴うこともあります。

風邪の症状をこじらせ、感染が気管支の方まで広がることで発症する急性気管支炎と、長期間、慢性的に気管支に炎症を起こし、咳や痰の症状が長く続く慢性気管支炎がありますが、幼児に見られるのは急性気管支炎です。


気管支炎の原因と症状

気管支炎を起こす主な原因の多くはウイルスです。

インフルエンザウイルス、RSウイルスなどがそうで、いわゆる風邪をこじらせると気管支にまで炎症が広がり、気管支炎を発症します。他にマイコプラズマや肺炎球菌などの細菌が原因になることもあります。

ウイルスや細菌が原因となって、上気道(鼻やのど)に風邪の症状があらわれますが、その後、感染が気管支まで広がってしまうと、数日後、痰の絡まった咳や発熱をともなう気管支炎を発症することがあります

咳は長引き、呼吸がしづらそうだったり、ゼーゼー、ヒューヒューといった音がまじることもあります。

特に幼児は気管支が短いため、ウイルスや細菌が入り込みやすく、気管支炎になりやすいといえます。

咳がなかなか治まらない、激しい咳が続いている、痰が絡まった咳をしているなど気になる症状がみられた時は、早めに医療機関を受診するようにします。

また、炎症が気管支のさらに奥(細気管支)まで広がってしまうと、呼吸困難になる細気管支炎を発症する場合もありますので、注意が必要です。

呼吸困難が疑われる時は、至急医療機関を受診してください。


気管支炎の診断と治療

幼児は、風邪をこじらせて気管支炎を発症することが多いですが、その診断はどのようにされるのでしょうか。

気管支炎は風邪の場合とは違って、呼吸音を聴診するとブツブツとかパチパチといった雑音を聴取することができます。

さらに咳や痰などの症状があれば気管支炎や肺炎が疑われますが、気管支炎の場合は肺炎のように胸部Ⅹ線写真で明確な陰影が見られないので、その場合は気管支炎と診断されます。

気管支炎と診断された場合、その原因がウイルスの場合は特効薬がないので、対処療法になります。

咳止めや痰を出しやすくするお薬、気管支拡張薬などが処方されます。一方、細菌感染による気管支炎の場合は抗生物質が出されます。

いずれの場合でも1週間から10日ほどで回復しますが、改善が見られないときは、肺炎に進んでいることも考えられますので、再受診も視野に入れておきましょう。


予防と家庭でのケア

気管支炎は風邪をこじらせて炎症が広がることで発症するので、普段から、手洗い、うがいをするなどして、風邪をひかない、ウイルスや細菌に感染しないようにすることが最も効果的です。

小さいころから、手洗い、うがいをする習慣を身につけるようにしてあげましょう。

また、幼児は抵抗力が弱いので、食事などにも注意し、丈夫な体を作っていくことも予防につながります。

気管支炎を発症してしまった時は、咳が出にくい状態を作ってあげることが大事です。

気温が変化すると咳が出やすくなるので、室温を一定に保ち、湿度は50~60%ほどにします。

咳がひどい時には背中をさすったり、横になるより体をおこした状態の方が気道が広がるので、たて抱きや楽な姿勢になるようにしてあげます。

咳がひどいと食欲もなくなります。

のど越しの良いものや、脱水症状を起こさないように水分を含んだものをあたえたりします。

また、部屋を清潔に保ち、子供がほこりやたばこの煙を吸わないようにしてあげ、部屋の換気も心がけるようにしてあげるのも家庭で出来るケアの一つです。


まとめ

咳がなかなか治まらない! 幼児に見られる呼吸器疾患、気管支炎
気管支炎とは―急性と慢性気管支炎
気管支炎の原因と症状
気管支炎の診断と治療
予防と家庭でのケア

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存