結膜炎はうつる?うつらない?はやり目の流行を防ぐには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

結膜炎 というと、大人でも子供でも発症する、よく耳にする目の病気です。

白目とまぶたの裏側を覆う結膜が炎症をおこし、目やにが多く出たり、白眼が赤く充血します。

原因によっては うつる 病気で、家庭でも、学校などの集団生活の場でもタオルの供用を避けるなど、感染しないように注意しなければ、感染拡大を引き起こしてしまいます。


結膜炎はうつる?うつらない?はやり目の流行を防ぐには

うつる結膜炎の正体

結膜炎はとてもポピュラーな目の病気です。

白目とまぶたの裏側を覆う結膜に炎症が起きるのですが、その原因は様々。細菌やウイルスが原因で発症したり、アレルギーでも結膜炎になることがあります。

アレルギーによる結膜炎は他人にうつることはありませんが、細菌性の結膜炎やウイルス性の結膜炎は周りにうつすこともあります。

細菌性結膜炎については、感染力はさほど強くはありませんが、かといって全くうつることはないというわけではありません。

免疫力の落ちた方、小さいお子さんなどはうつることがあるので注意しましょう。

一方、ウイルスによる結膜炎は、人にうつりやすいものもあり、集団感染する場合もあります。

その中でも、はやり目と呼ばれる流行性角結膜炎は、強い感染力を持っているため、家庭内、学校、病院など、集団の中で次々と感染が広がることがあります。

はやり目にうつらない、うつらせないようにするためには、予防することが大切です。

はやり目の原因となるウイルスは、アデノウイルスですが、型はいくつか種類があり、型が違えば何回も感染する可能性があります。


うつる結膜炎、はやり目の症状

はやり目の症状は、目がごろごろする、充血、まぶたが腫れる、まぶたの裏側にブツブツができる、目やにや涙がたくさん出るなどです。

時には目を開けられないほど目やにや涙が出ることもあります。

大変感染力が強いので、片方の目がはやり目になると、通常、数日後にはもう一方の目もはやり目に感染します。

はやり目には特効薬はありません。

抗生剤の入った目薬などで炎症を抑えながら自然治癒するのを待つしかありません。

しかし、子供はたまらず目をこするなどして、症状が悪化する危険性もあります。

はやり目が疑われる時は、必ず眼科を受診し、しっかり良くなるまで、眼科医に診てもらうことが大切です。


はやり目の感染経路

感染力が強いはやり目は、どのように感染が広まっていくのでしょうか。

その感染経路を詳しく知ることで、感染を広めないための注意点を探っていきましょう。

目やにが多く出ているときはウイルスもたくさん出ています。

その時期に、はやり目を発症している子供が自分の目を触り、その手で身の回りのものを触る、その触ったものを他の子供が触ればウイルスが手に付着します。

その手で目を触ると、感染してはやり目を発症するのです。

しかし、ウイルスは数日間生き残りますし、はやり目の潜伏期間は1~2週間程度なので、いつ、どこでウイルスに感染したのか、特定するのは難しいことです。


はやり目の流行を防ぐには

はやり目は爆発的に広まります。子供の周りではやり目が流行しているとき、子供がはやり目にかかっているとき、感染を広げないためにはどのような注意が必要でしょうか。

はやり目は手や指を介してうつる場合が多いので、まずは手洗いをこまめにするようにしましょう。

石鹸を使って、手をよく洗うようにします。

タオルや洗面道具の共有は避けて下さい。

家庭内での感染が広がらないように、お風呂ははやり目を発症している人が最後に入るのも感染を予防することにつながります。

はやり目は、学校保健安全法では、病状によっては出席停止になる場合があります。学齢期のお子さんにはやり目の症状がみられる時は、早めに眼科を受診し、他のお子さんにうつさないよう、医師の判断に従い、お休みすることも必要です。

たかが目の病気という間違った判断で登校させてしまっては、大流行を引き起こさせてしまうかもしれません。

医師の許可が出るまでは、学校などはお休みさせましょう。

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存