子どもがカタル性口内炎になったら?原因と治し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

kataruseikounaienn

子供は大人よりも様々な原因で口内炎になります。

代表的な口内炎と言えばアフタ性口内炎ですが、実は口内炎にはたくさんの種類があります。

今回は、口内炎の中でも カタル性口内炎 の原因と治し方についてご紹介したいと思います。


カタル性口内炎の症状とは?

口内炎と言えば、表面が白っぽくなるアフタ性口内炎が一般的ですが、子どもの場合はそれ以外にも夏風邪と一緒に口の中に水疱ができる手足口病やヘルパンギーナなど、大人よりも口内炎ができてしまう機会が多いと思います。

口内炎には様々な種類がありますが、その中でもカタル性口内炎をご存知でしょうか?

カタル性口内炎とは、別名紅斑性口内炎と言われており、症状としては口の中が赤く腫れる炎症ができたり、名前の通り赤い斑点状の炎症ができたり、白っぽくただれてくる場合があります。

アフタ性口内炎と違って口内炎の境界がわかりにくいのが特徴です。

皮膚にできる発疹と違って子供のなか口の中は、普段あまり観察しないのでなかなか見つけにくいですね。ただし痛みを伴う場合が多いので、痛みを訴える場合は口の中を確認してあげましょう。

他にも唾液が増えたり、口臭がある、ヒリヒリ痺れるような痛みがある、食欲が落ちる、味を感じにくい、口の中が熱く感じるなどの症状が出ることがあります。

部分的にできる場合と口の中全体にできる場合があり、舌の裏や頬の裏、喉の近くなど、口の中のどこにでもできます。


カタル性口内炎の原因は?

主に、口の中を傷つけてしまうことが一番の原因と言われていますが、熱い物を飲んで火傷をしたり、薬品の刺激、口の中が不衛生な状態が原因と言われています。また疲労や風邪が原因になることもあるようです。

カタル性口内炎の治し方

カタル性口内炎は一瞬で治せるものではありませんが、下記のことを実践することで早めに治してあげることができ、予防や何度も繰り返さないようにできると思います。

虫歯を治療する

虫歯があると、気になっていつもと違う噛み方をして口の中を噛んでしまったりして、口の中に傷ができることでそこに細菌が入り、口内炎の原因になることがあります。

虫歯がある場合は早めに歯医者さんで治療してもらいましょう。

お子さんで矯正治療をしている場合も、矯正器具があたって口内炎になりやすいです。

粘膜にあたって痛い場合は、矯正医に調整してもらいましょう。

うがいをする

口の中の雑菌が増えると治りにくいので、口の中を清潔に保つことが大切です。なるべく刺激がないように、ぬるま湯などでしっかりうがいをする習慣をつけることで予防にもなります。

歯磨きをする

うがいと同様に口の中を清潔にするために、歯磨きは必須です。

口内炎の部分に触れないように優しく磨いてあげましょう。強くゴシゴシ磨かずに優しい力で正しい歯磨きのやり方を身につけましょう。歯磨き粉がしみる場合は水だけでも良いと思います。

口内炎用の軟膏を使う

ひどい場合は口内炎用の薬を使うことも選択肢に入れましょう。

軟膏タイプが一般的ですが、最近は貼るタイプもあります。どちらのタイプも子供が舌で触らないように注意しましょう。

おもちゃや指を口に入れない

子どもはおもちゃや指を口に入れてしまうことがありますよね。

口の中を傷つけたり、雑菌が口の中に入ってしまう可能性がありますので、口内炎がある場合は気を付けて見てあげましょう。

また、マスクをしたり鼻呼吸をしないことで、口の中に菌が入らないようにすることも有効です。

口内炎がある時は辛い物やしょっぱいものなど刺激が強いものは控えましょう。


終わりに

口内炎は長くても10日程度で治っていくものが一般的です。

食欲が落ちると免疫が低下し他の病気にかかりやすくなるので、何度も繰り返さないように気を付けてあげましょう。

また長期間に渡って治らない場合は病院を受診しましょう。


まとめ

子どもがカタル性口内炎になったら?原因と治し方
カタル性口内炎の症状とは?
カタル性口内炎の原因は?
終わりに

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存