顔にできるシミ…子供のうちから予防が大切

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

紫外線が強い季節になると、気になるのは 顔 などのお肌のこと。シミ が出来てしまう危険性が増してしまいます。

近年ではオゾン層の破壊によって、日焼けやシミ、そばかすの原因となる紫外線が地表に到達する量が増えてきていると言われています。

子供のうちから 紫外線予防をしておかないと、大人になってからシミになってしまうこともあるようです。

子供のうちからしっかり紫外線対策をすることは大切ですが、元気に外で遊ばせたいし、どんなことに気をつければよいのでしょうか。


顔にできるシミ…子供のうちから予防が大切

シミが出来る原因-メラニン

シミを作り出すのはメラニンです。

メラニンの本来の役割は、紫外線から皮膚を守ることです。

紫外線が細胞の核に当たると核の中のDNAが壊されたり、変異するなどして皮膚がんになったり、細胞が破壊されてしまいます。

メラニンはメラノサイトという表皮の基底層から作られます。

紫外線などの刺激を受けるとメラニンが作りだされ、表皮でバリアとなって紫外線の刺激から肌を守ってくれるのです。

肌を守るためにつくりだされるメラニンは、通常、ターンオーバーによって、垢としてはがれおちていきます。

しかし、紫外線を受け続けるなどすると、過剰にメラニンが作り出されてしまい、ターンオーバーによって排出されきれずに残ってしまいます。

その結果、シミの原因となってしまうのです。

また、加齢やストレスなどでターンオーバーが乱れてしまうことでも、メラニンを排出しきれなくなります。


子供に見られるシミは?

シミに悩むのは大人ばかりとは限りません。

子供にもシミができますが、肌のターンオーバーによって自然と排出されるので、大人のようなシミになることはまずありません。

ですが、何もせずに紫外線を浴び続けていれば、隠れシミとなって、大人になってから濃いシミになって出てくる可能性があります。

また、子供の顔にできるシミというと、そばかすを思い浮かべる方も多いのでないでしょうか。

シミとそばかすは、本来、ちがうものですが、紫外線などの刺激によって濃くなったり、増えるのはいずれも同じです。

そばかすは、遺伝や生まれつきの場合が多く、大人になれば自然と消えることが多いですが、早いうちから紫外線対策をしておく必要があるでしょう。


隠れシミを作らないために、子供にできる対策は

子供を元気に外で遊ばせたい。

でも紫外線が気になりますね。シミやそばかすなど、皮膚のトラブルだけではなく、皮膚がんになるリスクが高まるなどと言われると、心配です。

だからと言って、子供が外に出ないようにするわけにはいきません。

隠れシミになったり、そばかすが増えたり濃くなることから子供の肌を守ってあげるには、どんな対策があるでしょうか。

子供の肌の新陳代謝は元気で、しっかりターンオーバーできるため、紫外線から肌を守ろうとして発生したメラニンは、いずれ垢となってはがれおちます。

しかし、紫外線を浴び続けることによって、ターンオーバーでは排出しきれず、隠れシミとなって残ってしまう危険性があります。

ぜひ、子供のうちから紫外線対策をしましょう。

日焼け止めを塗ることも一つの方法です。子供の皮膚はまだ未成熟ですので、大人と同じ日焼け止めでは子供の肌へかえって負担をかけてしまいます。

刺激の少ないもの、赤ちゃん用や無添加タイプのものもあります。


アロベビー UV&アウトドアミスト 80ml

肌への負担の少ないPA+と記載されている日焼け止めでも十分だとも言われていますので、参考にしてみてください。

紫外線のうち、日焼けのエネルギーは少ないものの、皮膚の深い所まで達するとされるUVAは、ガラスも通り、室内にいても浴びやすく、曇り空でも地表に到達していると言います。

家の中でも、天気が悪い日、雨の日でさえ、UVAを浴びているということです。

毎日、続けられる紫外線対策をしていきましょう。

大人になってシミに悩まないように、子供の今からできる対策をしていきたいものです。

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存