乾燥肌を改善して今年こそしっとり肌を取り戻そう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

kannsouhada-kaizen

空気が乾燥する季節になると、お母さんたちを悩ませる子どもの 乾燥肌。登下校時の立ち話には、必ずと言っていいほど挙がってくる話題です。

それだけ多くのお母さんたちが気にしている子どもの乾燥肌…。

今回は、そんな悩める乾燥肌をしっとり肌へと 改善 に導く、日常で気をつけられるスキンケア法についてお伝えします。


トラブルになりやすい子どもの肌。バリア機能が未発達だからなんです

「どうしてこうも次から次に肌が荒れるの?」と、悩んでいるお母さんも多いはず。それは、子どもの肌の特徴にあります。

人間の皮膚の一番外側には、角質層があります。角質層の厚さは大人で約0.02mm、赤ちゃんはこの3分の1、子どもでは約半分と言われています。

これだけ見ても、子どもの肌は弱いと言えるのですが、加えて重要なのが、この角質を乾燥や刺激から守るためにコーティングしている「皮脂」の存在です。

この皮脂は、年齢の成長とともに、内分泌機能が発達していくことで安定するのですが、その過程においては波があります。

生後4週間までは、母体から受け取った物質の影響で一時的に皮脂分泌が増えます。この時期には乳児湿疹などの肌トラブルがありますね。

その後、生後2、3カ月を過ぎると、だんだんと皮脂の分泌が減り、6歳のころまでは一生涯で皮脂の分泌量が一番少なくなる時期が続きます。

この頃、子どもの肌は特に乾燥しやすく、乾燥肌トラブルにも見舞われがちです。

その時期を経て、思春期になると、今度は皮脂の分泌量が増え、ニキビなどの皮脂多過による肌トラブルへと変化していきます。

子どもの肌は、角質層が薄い上に皮脂の分泌量が不安定なために、肌のバリア機能が充分に働いていません。そのために、ちょっとしたことで肌トラブルになりやすいのです。

天然由来の成分で乾燥肌によさそうな商品を調べてみました。購入は↓ ↓ からできます。



日常の習慣を乾燥肌対策法に変えよう

日常生活習慣で注意するポイントは3つ。「手洗い」「お風呂」「食生活」です。

<手洗い習慣>

最近では衛生意識の高まりとともに、自宅や学校でも手洗い励行がずいぶんと広がりましたね。

手を洗う機会は、菌やウイルス、汚れと同時に手の必要な皮脂や水分も落としてしまいます。ですから、大事なことは潤いを補てんすることです。

衛生標語は「手洗い、うがい、ハンドクリーム!」。手を洗ったら、ハンドタオルで押さえるようにして手を拭き、ハンドクリームを塗りこみましょう。

肌荒れがひどい場合には学校にも持参させて、乾燥させないことが大切です。

<お風呂習慣>

あまりに乾燥肌の時には、石鹸やボディソープの使用は控えます。

使うのは関節やお尻などの汚れやすい部分だけにして、必要な皮脂を洗い流さないようにします。湯船は10分程度浸かって、充分に肌へ水分を入れ込みます。

長湯はセラミドを溶かしてしまうのでNG。あがったら、3分以内に全身へクリームを塗りこみましょう。

我が家の子どもたちの肌は強い方なのですが、乾燥の時期になると見た目は変化がないのに背中を痒がっていました。

そこで、リンスの使用を控えたところ、ピタッと言わなくなり…、女の子は髪が長いので、流しても背中に成分が肌に残っている場合があるとのことでした。

日頃、肌トラブルの少ないお子さんでも、乾燥していると敏感になりやすいそうですので、注意しましょう。

<食生活習慣>

即効性はありませんが、肌の力を高める事は身体のバリア機能を高めることになります。乾燥の時期は、感染症なども流行りやすいですので内側から改善を試みましょう。

肌の材料…たんぱく質、脂質

肌の代謝促進…ビタミンA・C・E、鉄分

肌の保護機能…ビタミンB群

などと言われていますが、考えながら献立を考えるのは難しいものです。

要はバランスよく、多くの種類の食品を摂取することです。ちなみにアメリカなどの海外では、子どもがサプリメントを摂取することは日常的です。

グミのようなお菓子感覚で、学校などでも出されていますし、我が家でもオーガニック系の子ども用サプリメントを毎日食べさせています。

偏食がちだったり、食が細いお子さんは、そうした栄養の取り方も一案にいれてみてはいかがでしょうか。


乾燥させないお部屋づくり

菌やウイルスが繁殖しにくかったり、乾燥を感じないのは湿度50%ほどが望ましいとされています。

しかしながら乾燥が激しいこの時期は、加湿器を使っても湿度を保つのは大変ですよね。

洗濯物を室内に干してみてはいいものの、なにせうっとしいですし、部屋が片付かないのも難点です。

我が家では、お風呂あがりにドアを全開にして、換気扇はあえて回さないようにしたり、観葉植物を頑張って育ててみたり…。

ガーデニング(?)はあまり、得意ではないので枯らしてしまうのではないかとドキドキしていますが、植物があるだけで、加湿効果があるそうですよ。

みなさんも、生活習慣、空気の乾燥対策から乾燥肌を改善してみてはいかがでしょうか。



まとめ

乾燥肌を改善して今年こそしっとり肌を取り戻そう
トラブルになりやすい子どもの肌。バリア機能が未発達だからなんです
日常の習慣を乾燥肌対策法に変えよう
乾燥させないお部屋づくり

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存