子供の湿疹の原因は乾燥肌かも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

kannsou-sissinn

子供のお肌は敏感で、すぐに粉を吹いたり、湿疹 ができてしまったりしますよね。

空気が 乾燥 する季節には、乾燥肌が原因の湿疹ができる子が増えます。

デリケートな子供のお肌の乾燥と、それに伴う湿疹を、是非予防したいものです。


子供のお肌はとてもデリケート

赤ちゃんや子供のお肌は、とてもデリケートです。

水分をたっぷり含んだようなプルプルのお肌も、乾燥した空気に晒されれば途端に赤くガサガサとしたお肌になってしまったりと、お肌の状態がまわりの環境に大きく左右されてしまうのです。その為、湿疹や皮膚炎も大人よりできやすいのです。

そもそも、お肌の水分とは、肌表面の『角質層』が水分を抱え込んだ状態のことを指します。

それに役立っているのは、子供自身の皮脂です。皮脂には水分を蒸発させにくくする作用があり、角質層の水分保持に一役買ってくれます。

ところが、赤ちゃんや小さな子供の皮脂の分泌量は少なく、放っておくとすぐに乾燥状態に。

それが原因で乳児のお肌に湿疹ができる事を『乳児湿疹』、子供のお肌に湿疹ができる事を『乾燥肌』、その湿疹に炎症が起こってしまった場合に、『小児乾燥性湿疹』と呼びます。

乾燥肌や乳児湿疹をそのままにしておくと、アトピー性皮膚炎に移行する可能性も出てきてしまいます。

では、どのように予防すればよいのでしょうか。


子供の皮膚の乾燥を防ぐには

乾燥肌の子供のお肌のケアは、どのようにしたらよいのでしょうか。順を追って見ていきましょう。

乾燥するからお肌の洗浄はしなくていい?

所説ありますが、乾燥肌だからと言って、石鹸で洗わないのは状態を悪化させます。

まずはよく泡立てた石鹸で、キレイに洗浄し、清潔な状態を保ちましょう。

その際、出来る限り低刺激の洗浄剤を選ぶようにし柔らかい素材の物か手でやさしく洗いましょう。

無添加・無香料・無着色の石鹸がおすすめです。

硬い素材のもので強くこすると肌を傷つけてしまう恐れがあります。

清潔にしたら、保湿剤で保湿しましょう

皮膚を乾燥させないために有効なのは、洗浄後すぐに保湿剤を塗る事です。

保湿剤は、赤ちゃん用のものでもいいですし、市販の低刺激な保湿剤でも構いません。

保湿剤そのものがお肌に合わない場合もあるので、子供の体質にあったものに出会えるまで、探してみましょう。

また、アトピー性皮膚炎にも効果があると言われているオリーブオイルを保湿剤変わりにつかうのもおすすめです。

オレイン酸などの豊富な抗酸化作用と、オイル特有の保湿作用から、乾燥肌の改善が期待できます。

改善が見られない場合には皮膚科へ

子供が乾燥肌になってしまった場合、かゆみから搔いて傷を作ってしまったり、炎症による赤みが出てしまったりと、洗浄・保湿だけでは対応しきれない症状に悪化させてしまう場合も少なくありません。そうなってしまったら、迷わず皮膚科へ

皮膚科では、ステロイド軟膏での治療を行います。

ワセリンやヒルドイドなどの、皮膚の乾燥を防ぐ目的の塗り薬と合わせて処方されることもあるでしょう。

ステロイド軟膏はくれぐれも医師の指示通りの用法・容量を守って使ってくださいね。


乾燥肌の子供のために注意してあげたいこと

冬場は寒く、身体を温めたいので高い温度のお風呂に入れがちです。ですが、四十二度以上の温度のお湯に浸かると、お肌の保湿成分である『セラミド』が湯舟の中へと溶け出してしまいます。

お肌の水分の乾燥を防ぐ皮脂も過剰に失ってしまうため、乾燥肌の悪化を招いてしまいます。

お風呂の温度は三十八度から三十九度のぬるめの温度に設定しておくほうが、乾燥しがちでデリケートな子供のお肌には良いですね。

そして、清潔のための洗浄は欠かせませんが、身体の洗いすぎにも注意しましょう。

タオルやスポンジを使ってごしごしとこすり洗いをしていると、乾燥するだけでなく、皮膚に傷がついてしまう可能性も。

乾燥肌の子供には、しっかりと泡立てたたっぷりの泡を手で転がすようにして顔や身体を洗いましょう。ナイロンタオルなんてもってのほかですよ。

筆者の娘たちは、乾燥肌なので毎日保湿剤で保湿しているのですが、洗浄に関しては乾燥が進みそうであまり丁寧には行っていませんでした。

ですが、よく泡立てた石鹸で洗浄し、保湿剤を塗るようにしてからは、娘が患部をかいている光景を見ることが極端に減りました。

見ていても可愛そうになってしまう、子供の乾燥肌。適切に予防・保湿・治療をすれば、改善しますので、根気よく続けていきましょう。


今回のまとめ

子供の湿疹の原因は乾燥肌かも
子供のお肌はとてもデリケート
子供の皮膚の乾燥を防ぐには
乾燥肌の子供のために注意してあげたいこと

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存