小さな子どもの感染性胃腸炎には水分補給を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

小さな子どもの感染性胃腸炎には水分補給を!

ityouenn

急性胃腸炎で特にウイルスが原因のものでロタウイルス、ノロウイルスといった 感染症 による 胃腸炎 が流行します。

大流行する時期の感染症についての予防や対処方を確認して症状がひどくならないように注意することが大切です。


感染症の予防と胃腸炎とは?

体の中で病気になる微生物などが体の中で繁殖して数が多くなって体に異変がでるもの感染症といわれるものです。

ウイルスや細菌が胃や腸の炎症を起こす原因となります。

特にウイルスが原因のものが多く、ロタウウイルス、ノロウイルス、アデノウイルスなどがあります。

細菌が原因の場合は食中毒が主なものになります。

ウイルス性の感染性胃腸炎は季節的で多く発生するものですが、特に冬場のノロウイルスはきっかけは食べ物の貝類が原因となることが多いようですが、家族に1人なってしまうと、家族にうつる可能性高く感染性が強いウイルスです。

胃腸炎となるウイルスなどは家族内でかかってしまうとその世話などをしている時や嘔吐したものなどや排泄物などの処理の時にうつるといったことがありますので、子どもがかかった時の看病の時は特に注意が必要となります。

また、ウイルス性の感染は人の手などからの接触などからくちなどにウイルスが入ることが多く、季節性の胃腸炎が流行っている時は手洗い、うがいをしっかりすることが予防として大切なことになります。


 ウイルス性胃腸炎の予防策

・外から帰った時はしっかり手洗い、うがいをする

・家族に病気の人がいる場合は嘔吐物、排泄部の処理は手袋、マスクを付けて処理する

・ノロウイルス、ロタウイルスは普通のアルコール消毒は効果がなりの希釈した次亜塩素ナトリウム(家庭用漂白剤)で予防する

・家族に病気の人がいる場合はタオルの共有はさける

感染性胃腸炎の症状とは

感染性の胃腸炎の症状としては、下痢と嘔吐そして高熱、腹痛が出るといった症状が多くあります。原因となるウイルスによって特徴などの違いはありますがこういった症状は共通です。

症状の期間は2、3日くらいから1週間位といったものになります。

ロタウイルは特に小さい子どもがかかり易い感染性胃腸炎のひとつです。水溶性な排泄物と白っぽい排泄物が特徴です。下痢と嘔吐や腹痛、そして発熱といったものです。

http://www.guide.metro.tokyo.jp/sick/kansen/index.html 東京都福祉福祉局より

東京都子ども医療ガイド 感染性胃腸炎


感染性胃腸炎の対処方とは?

まずはかかりつけ医を受診して指示にしたがって対応しましょう。

ウイルス性の感染性胃腸炎の場合はウイルスは薬といったものがありませんが、2次感染防止の抗生剤が処法される場合があります。

また高熱の場合は頓服として解熱剤が処法されることがあります。

胃腸炎の場合は自宅でゆっくり過ごすことになります。

嘔吐を下痢などがある為しかりと水分を摂ることは必要です。

ウイルスを外に出すことが大切です。食欲がない時や腹痛がある時は無理に食事を摂る必要はないでしょう。

しっかかりと脱水症状を防ぐように水分を摂ることが大切でしょう。

注意点としては

・嘔吐した時のものが口やのどに残らないようにする

・嘔吐した後や発熱などの様子、顔色などを見る→熱性のけいれんなどの有無など

・ぐったりとした様子はないか確認する

・腹痛場合は水分をしっかり摂って排便として出るように心掛ける

・下痢などが多い場合おしりのかぶれないように注意する

 (おしりふきなどの擦れなどに注意してシャワーでお尻をあらったりすることも良いようです。)


☆我が家のウイルス性胃腸炎対応☆

子どもの胃腸炎の時でも下痢が少なく腹痛が多く、受診の検査の時の下剤で腹痛少し御治まったようです。

下痢や腹痛の場合はでるだけ水分をしっかり摂ることが大切です。

下痢なども止める方が良いのではと考えてしまうかもしれませんが外にウイルスを出すことをまず考えて、しっかりと水分は摂ります。

少し落ち着いてきたら、食べ易いものから食べて様子を見ます。

(おかゆ、うどんなど)

病院などで腹痛の場合「浣腸(かんちょう)してお腹のものを出すと楽になるよ」と説明あるのですが小学生も高学年くらいだと恥ずかしい気持もあったりするようで。

「いいです」といった答える子供もあるようです。浣腸(かんちょう)など進められた時はお腹の中にあるものが出て痛みも引きますが、大きい子どもの場合はあまり無理に強制するのも考えものなどでそのあたりは子供の気持ちも考えて検討するのが良いかもしれませんね。

子どもの感染性胃腸炎は特に季節の流行で幼稚園、保育所、小学校といった所で集団生活する場所で発生しやすく、とくに小さい子どもはかかり易い病気のひとつです。

下痢がつづくとつい心配してしまいますが、外に出す行為でウイルスを外に出していくのでできれば下痢の状態でも下剤は使用せずに対応するのが良いでしょう。

しかし、余りに下痢が続いて様子がしんどい感じであれば改めて再受診すると安心かもしれませんね。


まとめ

小さな子どもの感染性胃腸炎には水分補給を!
感染症の予防と胃腸炎とは?
ウイルス性胃腸炎の予防策
感染性胃腸炎の対処方とは?

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存