子供が過敏性腸症候群に!気を付ける点とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

kabinseisyoukougunn-kodomo

過敏性腸症候群 は大人がなると言うイメージを持っている方もいると思います。

しかし、実際には 子供 がなると言う場合も存在しているのです。

もし、子供が過敏性腸症候群となった際には、きちんと理解ある対応をしたい所です。

そこで、過敏性腸症候群とはどのような病気か、どのような点に気を付けたらいいか等を説明します。


過敏性腸症候群とは?

過敏性腸症候群は、腸のはっきりとした感染症や炎症ではなく、慢性的な腸の機能の異変によって症状が引き起こされると言う点に特徴があります。

症状としては、便を外に出す回数が正常ではなくなったり、お腹に痛みや苦しさを覚えたり、便の形に異変があったり等と言う事が挙げられます。

便の形等によって、便秘型と下痢型や混合型等があります。

傾向的には女性が便秘型等、男性が下痢型にあるとされています。

子供の場合は、学校に行く前の時間帯等に症状が現れやすいと言われています。

また、お腹の痛み等は便を外に出す事によって軽減される場合もあります。

更に、過敏性腸症候群はストレスを抱え込みやすい子供がなりやすいと言う説があります。例えば、内向的で繊細な性格、生真面目で責任感が強い性格等です。

また、子供は学校ではトイレで便を出すと言う行為に抵抗があると言うケースもあるようです。他にも、学校でトイレに行く事を気持ち的に避けたいと思っている場合もあります。

それらによって過敏性腸症候群の子供により負担が掛かってしまう事もあるそうです。


食事に関する気を付ける点

保護者の方は用意をする食事について気を付けてあげる事も大事です。

まず、食事の栄養配分がしっかりしているかと言うのも検討する事になります。

栄養面の他にも、腸にとって刺激の強い物を口に入れる事は避けた方が無難です。

これには、例としては紅茶やコーヒー等のカフェインの成分がある物、香辛料や冷たい飲み物等があります。

また、食事の分量にも気を配り、適切な量を口に入れる事になります。

更に、早食いをする事等は避けて、食べる時には時間を掛けてゆっくり噛みます。

他にも、食事に関しては食べる期間が乱れない様に一日に3食とします。


家庭で気を付ける点

子供が過敏性症候群になった場合で、保護者に上手く理解をされない事もあります。

例えば、保護者が子供が本当の事を言っていない等と捉えてしまう場合もあるようです。

まず、過敏性腸症候群となった際は、保護者の理解をした上で支援が肝心です。

家庭で気を付ける点としては、生活習慣をきちんとした物にさせる事です。

上記で記載したように食事面や睡眠時間を管理する事も大切です。

深夜に眠って朝寝不足の状態で起きる等にならないように意識をします。

また、子供が過敏性腸症候群になった際はメンタル的に負荷を抱えている場合もあります。

よって、子供のメンタル面に対する支援を家庭で行うと言うのも大事な側面になります。

例としては、家庭では子供と話し合う事を心掛けたり、何か辛い事があるようなら相談に乗ってあげたり等です。

他にも、ストレスを解消する為に無理のない範囲で運動をする事も良いとされています。

しかし、保護者が管理をし過ぎる事によって、子供の負担になってしまう場合があるので注意が必要です。


過敏性腸症候群の治療

家庭以外で過敏性腸症候群への対応の例を幾つか紹介します。

例えば、医療機関で薬を処方してもらう場合があります。

また、過敏性腸症候群ではない病気の特徴が見られた場合には、対応する必要があります。

よって、子供の様子をきちんと見てあげるのも大事になります。

更に、メンタル面で負担が大きい等が理由の場合はカウンセリング等も受ける場合があります。


まとめ

子供が過敏性腸症候群に!気を付ける点とは?
過敏性腸症候群とは?
食事に関する気を付ける点
家庭で気を付ける点
過敏性腸症候群の治療

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存