子供が過敏性腸症候群になったらどうしよ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

kabinnseityousyoukougunn

子供が腹痛等を訴えた場合に 過敏性腸症候群 が原因である可能性があります。また、子供がこの病気になってしまって心配をしていると言う保護者の方もいると思います。そこで過敏性腸症候群はどのような病気なのか、その症状や対策等について解説をして行きます。


過敏性腸症候群の症状とは

過敏性腸症候群の症状について説明します。子供にこのような症状が見られないか保護者の方は様子をよく観察しておく事をお勧めします。

1.腹痛等の症状が持続する

腹痛が2カ月以上の長期にわたって持続したりすると言う特徴があります。

子供の場合は午前中の登校時等に起きる事が多いとされています。

また、痛みは排便をする事によって軽くなったりします。

2.排便に関して異常が発生する

下痢、或いは便秘等の症状になる事があります。
または、下痢と便秘、どちららの症状も引き起こす事があり、それを繰り返してしまったりします。
それに加えて、排泄し終わった後でも便が残っている感覚がする場合があります。

便の形も水っぽい物や硬いコロコロした便が排泄されたりする様です。

3.腸管に明確な腫瘍や腫瘍等の病気が見つからない

子供を病院に連れて行き、検査等を受けさしても腸管に炎症や腫瘍等は発見されなかったりします。

それらによる原因ではなく、腸管の機能に問題がある病気だからです。
よって、保護者の方が子供が仮病等をしているのではないかと疑ってしまったりする場合があるようです。

睡眠時にはこれらの症状が見られなかったりします。


また、上記に説明した以外にも集中力が欠けてしまったり、頭痛や不安を感じる様になったりする場合があります。


過敏性腸症候群にはどのように対処して行けばいいか?

それでは子供が過敏性腸症候群になってしまったら、どのような対処をして行く事になるのか説明します。まず、病院で何の原因なのかと言う事を医師に検討してもらったり等をして、その指示に従って対処をして行く事になります。ここでは幾つか対処法について説明します。

1.食事や生活面での対処法

まず、食事ではファーストフードやアルコール等は控えて行きます。栄養バランスにも注意してあげる必要があります。更に十分な睡眠時間や適度な運動、ストレスを溜めない様に発散をさせる事が大事です。

2.精神面での対処法

心理的な面が大きな原因となっている場合はカウンセリング等を受けた方が良い事もあります。

保護者の方が子供に対して理解を示してあげる事も大事になります。

3. 薬等で対処をする場合

市販の薬ではなく、医師に処方をされた薬を服用させて行きます。

過敏性腸症候群の解説は以上になります。子供が腹痛等を訴えた際の参考になれば幸いです。


今回のまとめ

子供が過敏性腸症候群になったらどうしよ?
過敏性腸症候群の症状とは
過敏性腸症候群にはどのように対処して行けばいいか?

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存