原因不明の蕁麻疹の原因はストレス!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

jinnmasinn-sutoresu

繰り返し同じ食べ物で 蕁麻疹 が出る場合には、その食品が原因の蕁麻疹だと特定できますよね。

そのように、蕁麻疹の原因は、経験を踏まえて特定していくものですので、病院へ行っても『原因は不明』と言われる事もしばしば。

もし、子供の蕁麻疹の原因が ストレス だったとしたら、私たちは子供に何をしてあげればよいのでしょうか。


蕁麻疹とは

蕁麻疹とは、一部分または広い範囲に渡って、皮膚が赤く腫れあがったり、膨れ上がってしまう症状です。

ヒスタミンという物質が血管を拡張し、血液に含まれる水分が血管の外に染みだすことにより、腫れや膨らみが生じます。

子供の皮膚病の中でも、特に多くみられるもので、食物アレルギーや薬物アレルギーなどのアレルギー症状として主に発生します。

感染症や寒暖差、衣擦れやストレスや疲れなどが原因で起こる場合もあります。

激しいかゆみを伴う場合が多いため、ひっかいて傷ができてしまわないよう注意しましょう。

症状が数分から数日で治まる『急性蕁麻疹』と、一か月以上も続く『慢性蕁麻疹』の二種類があります。

ストレス性の蕁麻疹は、慢性化する事もあります。慢性蕁麻疹には、きちんとした治療を施す必要が出てきますので、病院で診察を受けて下さい。


子供のストレス性蕁麻疹の原因

子供の場合、引っ越しや進学・進級などの環境の変化を大きなストレスとして感じてしまう場合があります。

また、肉体疲労(肉体的ストレス)もストレス性蕁麻疹の原因になります。


子供にストレス性蕁麻疹ができた時の対策

アレルギー性の蕁麻疹の場合は、アレルギー物質を身体に取り込まないようにする事が最善策ですが、ストレスが原因の蕁麻疹の場合には予防は難しいものです。

もしも子供に、ストレスが原因と思われる蕁麻疹ができてしまったら、どうしたら良いのでしょうか?

蕁麻疹が出た時にすぐにできる有効な対処法は、『患部を冷やすこと』です。

水に濡らしたタオルか、保冷材を包んだタオルを患部に当てて冷やしましょう。

患部を冷やす事で、蕁麻疹の強いかゆみを抑えることができます。

ただし、冷えや寒さがストレスとなって出たストレスの場合には余計に悪化する原因になるので、冷やす事はしないでください。

皮膚科・心療内科で診察を受ける

症状が重篤であったり、かゆみや痛みが強く、気になる場合には皮膚科に受診しましょう

抗ヒスタミン系内服薬や、ステロイド入りの塗り薬など、症状により適切な薬を処方してくれます。

また、ストレス性の蕁麻疹の場合、いったん症状が治まっても、また同じストレス原因に晒されればすぐにぶり返してしまいます。

精神的なストレスの軽減のために受診するのならば、心療内科が良いでしょう。

子供のストレスに対して、薬による治療が心配な場合には、カウンセリングによる認知療法などの精神的サポートを重視している心療内科もありますので、探してみると良いかもしれません。

蕁麻疹の症状は、時間と共に治まっていくのが普通なので、病院を受診する場合には、携帯電話やスマートフォンで撮影した蕁麻疹の写真を見せると診察がスムーズに進みます。


子供にストレスは無い、は間違い

子供にはストレスなんて関係無いと考えるのは間違いです。

子供は、楽しそうにしていても、子供なりに様々なストレスと戦いながら生きています。

親や先生に怒られる事が、子供にとっては非常にストレスを感じる瞬間かもしれませんし、両親の夫婦喧嘩に心を痛めているかもしれません。

筆者も子供時代、ストレス性蕁麻疹に悩まされた経験があるのですが、蕁麻疹が出て困るのは自分なのに、ストレスの原因になっている人物と関わると症状をコントロールする事はできませんでした。

特にストレスを感じている実感が無くても、急にかゆみと蕁麻疹が現れるのには、言い知れぬ恐怖を感じました。

治療によって蕁麻疹を一時的に落ち着かせる事も大事ですが、『いつも味方でいてくれる人がいる安心感』を与えてあげると、根本的な原因が改善されなくても治る場合もあるかもしれません。

焦らずに、子供の心に寄り添って治療を進めていきましょう。


今回のまとめ

原因不明の蕁麻疹の原因はストレス!?
蕁麻疹とは
子供のストレス性蕁麻疹の原因
子供にストレス性蕁麻疹ができた時の対策
子供にストレスは無い、は間違い

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存