子どもの胃腸炎ってどんな治療法があるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

子どもの胃腸炎ってどんな治療法があるの?

ityouenn

これからの季節、怖いのが子どもの 胃腸炎 です。

胃腸炎とは消化器官が炎症を引き起こして 症状 が出る病気で、嘔吐、下痢、発熱、腹痛を伴う場合があります。

今回は、胃腸炎とその治療法について見ていきたいと思います。


胃腸炎にはウイルス性と細菌性があります

胃腸炎は「おなかのかぜ」と言われています。

子どものかかりやすい病気で有名なロタウイルス、アデノウイルス、ノロウイルスなどがあります。

これらはウイルス性の胃腸炎です。

冬場にかかることが多く、読者のみなさんも耳にしたことがあるのではないでしょうか。

また、胃腸炎には細菌性のものもあり、サルモネラ、腸炎ビブリオ、O-157などが挙げられます。

これらは食べ物を摂取して発症することが多く、いわゆる食中毒と言われています。


胃腸炎の症状は

嘔吐、下痢、発熱、腹痛などが現れます。最初は嘔吐が頻繁に起こり、そのあと下痢の症状が頻繁になります。

子どもの嘔吐はいきなり始まるので、夜中にいきなりといったこともあります。

下痢の場合に注意したいのは、便が白い場合はロタウイルスの可能性があります。

便に血が混ざっている場合は、ウイルス性ではなく細菌性かもしれません。

胃腸炎で心配したいのは腹痛そのものもありますが、脱水症状です。

乳幼児は自分で飲み物を飲んだりできないので、泣いても涙が出ない、ぐったりしているなど様子がおかしくなる前に下痢や嘔吐がひどい場合は飲み物を与えるようにしましょう。


胃腸炎の原因は

ウイルス性の場合は、一般的に手で触ったものを口に持っていくと感染します。

くしゃみなどの飛沫や唾液の場合もあります。唾液のついたおもちゃを周りの子どもが触り、ウイルスが広まり、子ども同士で感染しやすい病気と言えます。

細菌性の場合はサルモネラ菌、大腸菌など、菌によって引き起こされます。

加熱を十分にしていない肉や、夏場に冷蔵庫に入れずに保管しておいた食べ物などを摂取すると感染することがあります。

いわゆる食中毒と言われる症状で、こちらのほうが命に関わるケースが多いです。


胃腸炎の治療は

胃腸炎はとにかく脱水症状にならないように水分補給をすることが大切です。

下痢と嘔吐で水分はかなり奪われています。

おしっこの回数が減ったり、泣いているのに涙が出ていない場合は脱水症状の可能性があります。

また、ひどくなると皮膚がしわしわになったり、目がくぼんだりします。

乳幼児の場合は頭部の柔らかい部分がへこんでいたり、ぐったりしている場合は大変危険です。

あまりにひどい場合は点滴になりますので、こまめに水分をとらせるようにしましょう。

薬は下痢止め、整腸剤などがありますが。

食事はおそらく食欲がないと思うので、お粥など、消化にいいものを少しずつあげるようにしなければいけません。

胃に負担がかかると症状がぶりかえす場合があるので、必ず少しずつ、様子を見ながらあげるようにしましょう。

乳幼児には経口電解質溶液、母乳、ミルクを少量ずつあげるようにして、カフェインの入っているものは与えてはいけません。

吐いた分を上回る水分を与えないといけないので、少しずつこまめに水分を与えるように注意してください。


胃腸炎の予防は

とにかく手洗いうがい以外に方法がないといっても過言ではありません。

外で遊ばせたり友達と遊ばせるときは、唾液をついた手でおもちゃを触っていないか、毎回、確認する必要があります。

大勢の子どもが遊んでいるショッピングモールなどでは、注意が必要です。

絵本、おもちゃ、売り物など、子どもはあらゆるものを触っています。

冬場は大勢の人が集まるところに行く場合は注意しましょう。食中毒は夏場に起こりやすいです。

調理した食べ物はすぐ食べるようにして、食べない場合は冷蔵庫で保管を徹底しましょう。

ロタウイルスの場合は任意で予防接種が受けられます。

お金はかかりますが、受けた方が安心です。


最後に

いかがでしたか?夏場、冬場とそれぞれ胃腸炎になる危険は潜んでいます。

とにかく、胃腸炎で恐ろしいのは脱水症状です。

嘔吐と下痢がひどい場合は、水分補給をしっかりと行うようにしましょう。

夏場は食中毒、冬場はウイルス感染に気をつけて、胃腸炎にかからないように気をつけてくださいね。


まとめ

子どもの胃腸炎ってどんな治療法があるの?
胃腸炎にはウイルス性と細菌性があります
胃腸炎の症状は
胃腸炎の原因は
胃腸炎の治療は
胃腸炎の予防は
最後に

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存