子供が胃腸炎にかかった時の食事について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

ityouenn-syokuji

胃腸炎 にかかると、吐き気嘔吐下痢腹痛など、胃腸に様々な症状が現れます。

そのため、食欲が湧かない事もあるでしょう。

子供が胃腸炎になり、食事 も摂れない状況を見るのは、周りの人間にとっても辛いことですよね。

そこで、子供が胃腸炎にかかった時の食事について、詳しく見ていきたいと思います。


胃腸炎の原因は?

急性胃腸炎は、消化器官に病原菌やウィルスが感染して起こります。

子供の胃腸炎の場合は、ロタウィルスに代表されるウィルス感染の割合が非常に高く、90%以上を占めると言われます。

食中毒が原因で胃腸炎になるケースもあります。

ウィルスが原因の胃腸炎は、毎年冬に多数の乳幼児に、下痢や吐き気を起こす事で知られています。

細菌感染では、カンピロバクター菌、サルモネラ菌、腸炎ビブリオなどの細菌が原因をなることが多いです。食中毒のO-157による感染も、胃腸炎の原因となります。


胃腸炎の症状は?

さっきまで元気だった子供の、突然の下痢、嘔吐、腹痛は、胃腸炎が原因である可能性が高いと言えます。

この三つは、原因が違えど共通する胃腸炎の特徴的な症状です。

細菌性の胃腸炎の場合は発熱を伴うことも多くあります。便は粘液状で、膿が混じったり血便が出る事もあります。

排便してもすぐにまたトイレに行きたくなる、しぶり便も細菌性胃腸炎にはよく起こります。

ウィルス性胃腸炎の場合には、水溶性の便が出ます。発熱する

場合もありますが、多くは短期間で症状が収束し、一日で治まるケースも少なくありません。

子供は脱水症状に陥りやすいため、吐いたり下痢が激しい場合には、少量ずつ小まめに水分補給をさせて脱水を防ぎましょう。

急激に体重が減ったり、尿の量の減少、粘膜の乾燥や意識がぼんやりとして元気がなく、すぐに眠ってしまうといった症状も、脱水が原因の場合があるので、意識状態に常に気を配ってあげましょう。


胃腸炎の時の食事はどうしたらいいの?

充分な水分補給と栄養のある食事は、胃腸炎の治療に非常に効果があります。

胃腸炎で病院に行って薬をもらっても、「これは胃腸炎に直接効果のある薬ではないよ」と医師に言われたことのある保護者の方もいるのではないでしょうか?

胃腸炎の治療には、薬よりも、食事によって免疫力を回復し、自然治癒力を高めることが必要なのです。

嘔吐の症状が激しい場合には、水分の摂取も困難な場合がありますが、食事がとれる場合には極力胃腸に負担のかからないものを食べさせてあげましょう。

食事の回数

胃腸炎の急性期には、胃腸が弱っているので、量を多く食べさせるのではなく、少量を数回に分けて食べさせましょう。

また、下痢や嘔吐によって、体内の塩分も失われているので、塩分不足に陥る危険性があります。

半日程経って嘔吐症状が落ち着いてから、三時間程度したら、食事を摂らせましょう。

食べ易い物を

最初はおかゆやみそ汁、柔らかく茹でたうどんなどの、のど越しの良いものから始めましょう。

すりおろしたリンゴも栄養豊富で食べやすいでしょう。

乳児の場合

母乳やミルクをいつも通りあげて構いません。離乳食の場合も同様に、柔らかくのど越しの良いものを食べさせましょう。

最初は

一口から始めて、徐々に量を増やしていくと、胃腸への負担がかかりにくいですよ。

逆に、油っこいものや炭酸飲料、極端に冷たいものや辛いものは避けましょう。柑橘類も吐き気を助長させるので、避けましょう。

回復まで

食事を摂ることによって便の量が増えるため、一見下痢が悪化したかのように見えますが、胃腸の機能の回復のためには食事は摂った方がよいので、少量ずつ栄養のある食事を摂らせてあげましょう。

胃腸炎は、子供本人も辛いですが、見ている大人も心を痛める程に症状が急に現れます。

少しでも早い回復には、食事は必要不可欠です。

体調が悪いので食べたがらない場合は、無理に食べさせようとせず、水分補給や塩分補給をしっかりと行えば短期間なら問題ありません。

焦らず、体調を見ながら徐々に食事を摂らせ、健康を取り戻しましょう。


今回のまとめ

子供が胃腸炎にかかった時の食事について
胃腸炎の原因は?
胃腸炎の症状は?
胃腸炎の時の食事はどうしたらいいの?

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存