食後にすっぱい液が!喉がイガイガ!胃液が逆流しているかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

食後にすっぱい液が!喉がイガイガ!胃液が逆流しているかも

isann-gyakuryuu

食後に立ち上がろうとした時やゲップが出た時にすっぱい液や苦い液が喉に逆流するといった経験ははありませんか?

もしかして 胃液 が 逆流 しているかもしれません。

今回は子どもの胃液の逆流ってあるの?大人の病気と思われがちな胃液の逆流。

今日は子どもに起こる胃液の逆流について調べてみました。


胃食道逆流症とは

胃液の逆流はその名のとおり、胃食道逆流症と呼ばれています。

通常、食べたものは、食道と胃のあいだにある噴門部にある、下部食道括約筋という筋肉によって、逆流しない仕組みになっています。

ですが、この逆流部分が機能しなくなると、食べたものが逆流してしまいます。

この現象のことを、胃食道逆流症といいます。


胃液の逆流は赤ちゃんに起こりやすいの?

実は新生児に起こりやすい現象です。

食道括約筋の働きがまだ未熟なため、整理的な現象として逆流を起こしてしまうのです。

新生児を横抱きにして授乳したり、授乳後すぐに寝かせると胃食道逆流症が起こりやすいです。

新生児の場合、重力だけで胃の中にある内容物が食道に戻らない仕組みとなっています。

なので、横向きに寝かせると重力によって逆流しないようになっていた胃の中のミルクが、逆流して食道に戻ってきてしまうのです。

ミルクをダラダラ吐いたり、噴水のように吐いたりする場合も、胃の出入り口の筋肉が未発達なために起こります。

このような逆流を放置してしまうと、赤ちゃんの健康に影響が出ることになります。

赤ちゃん以外の子どもでは、理由の大部分を占めるのは食生活です。

脂質が多いものや、糖分が大量に含まれたものは、せっかく食道括約筋が発達していても、筋肉を弱めてしまいます。

そうすると、胃酸があがってきやすい体質になってしまうのです。

また、幼児でも、炭酸飲料を飲んだりカフェインを大量摂取すると胃食道逆流症を引き起こす場合があります。


胃液の逆流の主な症状は?

嘔吐、吐血、下血、呼吸音の乱れ、咳、発作、また、胃酸が食道を逆流するため、食道が炎症を起こします。

これを逆流性食道炎といいます。

こちらの症状は、胸焼け、お腹の張り、胃もたれ、吐き気が起きることがあります。

咳がひどく、長く続く場合は、喘息かと思われがちですが、病院にいって診断されて喘息ではないという判断を受ける方がいるようです。

その場合、もしかすると胃食道逆流症の可能性があります。

子どもの場合、咳込んで吐く場合があります。

咳止めで改善されない場合は、胃食道逆流症かもしれませんので、セカンドオピニオンを受けたほうがいいかもしれません。


胃液の逆流の治療法は

赤ちゃんの場合は、成長とともによくなっていきますから、様子を見ておくだけの場合が多いです。

ミルクの量を減らして、回数を増やして、成長を待つことが多いです。

胃食道逆流症にかかった場合は、薬で治療を行います。

症状が重い場合、つまり逆流があまりにもひどい場合は胃と食道の間の噴門という部所を形成する、外科手術をすることもあります。

幼児や大人になると、薬で治療する場合は、胃酸分泌制御薬が必要になります。

ヒスタミンという成分が胃酸を増やすので、ヒスタミンを抑える薬、酸を抑える薬を使い、胃酸の分泌を抑制することで症状を軽減させ、食道の治癒を手助けしてくれます。

一歳半までに胃食道逆流症になった原因として、ミルクを飲んだ場合が原因とされるのであれば、上半身を起こした状態でミルクをあげることにより改善されることがあります。

幼児が胃食道逆流症にかかった場合は、横になって寝る場合、頭の部分を高くして、夜中に逆流が起こらないようにします。

寝る前に食事を控えたり、炭酸飲料を控えること、チョコレートを控えることも対処法です。

子どもが受動喫煙しないように、喫煙者にはなるべく近寄らないことも必要です。


最後に

赤ちゃんの場合の胃食道逆流症は、成長とともに治まることが多いので、見守りが必要ですが、幼児の場合は治療が必要です。

咳き込み方や嘔吐が続き、治療を行っても治らない場合は胃食道逆流症の可能性があります。

風邪や喘息と思い込まず、病院に行くようにしましょう。


まとめ

食後にすっぱい液が!喉がイガイガ!胃酸が逆流しているかも
胃食道逆流症とは
胃液の逆流は赤ちゃんに起こりやすいの?
胃液の逆流の主な症状は?
胃液の逆流の治療法は
最後に

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存