「イップス」はプロスポーツ選手でも突然起こるスランプの1つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

「イップス」はプロスポーツ選手でも突然起こるスランプの1つ

baseball

中日ドラゴンズに所属するプロ野球選手・荒木雅博さんや、元メジャーリーガーの田口壮さん。

彼らの様な一流のスポーツ選手であっても陥る事のある運動障害、それが、本記事で紹介するイップスです。

イップスとは、いったいどのような運動障害なのでしょうか?


イップスとはどのような病気なのか

イップスは、精神的な原因によりスポーツ動作に支障をきたし、思い通りの動作が出来なくなってしまう症状・運動障害の事です。ですので、厳密には「病気」という表現よりも、「症状」「運動障害」「スランプ」と表現した方がいいかもしれません。

イップス(yips)の語源は、「子犬が吠える」という意味の「yip」です。

イップスはプロ・アマ問わず、スポーツをする方ならば誰でも陥る可能性があります。

スポーツで集中する必要がある場面において、プレッシャーなどが原因で極度に緊張し、全身の硬直や震えが起こり、その結果、ミスを連発してしまいますのがイップスの症状です。

他にも、「体の一部に痙攣を生じる」「練習すればする程下手になってしまう」「手や指先、足に力が入らなくなる」などの症状が顕れます。

まさに「スランプ」ですね……。


イップスの例・イップスの具体的症例

実は、「イップスに陥りやすいスポーツ」と「イップスに陥りにくいスポーツ」があります。

イップスに陥りやすいスポーツとその具体例を以下で挙げていきます。

野球

冒頭で紹介しました、荒木雅博さんや田口壮さんが行うのが野球です。

野球をする方々のイップス症状として、

・守備の際にエラーや暴投が増える

・投手の場合、死球が増える(コントロールが定まらない)

・遠くへの送球はスムーズに出来るが、近くへの送球が乱れる

といったものがあります。

ゴルフ

野球と並んで、イップスに陥りやすい二大スポーツがゴルフです。

ゴルフをする方々のイップス症状として、

・ティーショット時に「遠くへ飛ばしたい」という思いが強くなり過ぎるあまり、力む

・パターの時に、一点のみに意識がいってしまい、体が硬直する

・ごく簡単なパットを外してしまう

といったものがあります。

野球やゴルフの他にイップスになりやすいスポーツとして、テニス・卓球・ダーツ・サッカーなどが挙げられます。


イップスに陥りやすい人

イップスに陥りやすい人は

  • 真面目で責任感が強い人
  • 心の優しい人
  • 気を遣う人
  • カッコつけの人

です。

このような方々は、「チームの為に頑張らなければ」「期待に応えなければ」「カッコいい自分をプレーで見せなければ」という風に、自らにプレッシャーをかけてしまう為、陥りやすいのは容易に想像出来るであろうと思います。

むろん、

  • 対人恐怖症の人
  • 不安障害を持っている人
  • パニック障害の人

は申し上げるまでもありません。

それから、

  • 人前ではしゃぐのが苦手な人
  • 喜怒哀楽の感情を出すのが苦手な人
  • 常に「いい人」であろうとする人
  • 人からどう思われるのかを常に気にする人

このような方々もイップスに陥りやすいです。人目を意識するあまり、「恥をかきたくない」「カッコ悪い自分を見られたくない」という風に、自らにプレッシャーをかけてしまう為です。

また、意外に思われるかもしれませんが、

・普段あまり緊張しない人

もイップスに陥りやすいのです。

これはなぜかと申しますと、「普段あまり緊張しない分、緊張に陥った時に重症化してしまうから」です。

(「緊張しない」という性格も、良い事ばかりではないのですね……。)


イップスの原因・イップスの本質

イップスを引き起こしてしまう最大の要因。それは

  • 激しい緊張
  • 恐怖心

です。

この「激しい緊張」や「恐怖心」の喩えとしてよく挙げられるのが、

・目の前に銃やナイフ等を持った犯罪者がいた場合の行動です。

通常、犯罪者が目の前にいれば、「まずは危険を回避する為にその場から逃げ、次に警察へ通報する」という行動をとる事が、最も自然かつ合理的な選択肢です。しかしながら実際に現場に遭遇しますと、体が固まってしまったり、恐怖で声が出なくなってしまう事もよくありますよね?

実は、このような現象が「イップス」と同じであると言われています。

「激しい緊張」や「恐怖心」といった精神的な要因が、筋肉を急激に硬化させたり、神経回路を寸断させるために運動神経にも支障を出させたりする。その結果、自身の思っている運動・行動がとれなくなってしまう。

これこそが、「イップス」という症状の本質です。

つまり、イップスと同類の症状は、スポーツをする方々のみならず、人生や生活の様々な状況で、誰もが起こり得る可能性があるという事なのです。


まとめ

「イップス」はプロスポーツ選手でも突然起こるスランプの1つ
イップスとはどのような病気なのか
イップスの例・イップスの具体的症例
イップスに陥りやすい人
イップスの原因・イップスの本質

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存